ホーム >  カンボジア > 空前のカフェブーム!老いも若きもコーヒーが好き!(ローカルカフェ編)

空前のカフェブーム!老いも若きもコーヒーが好き!(ローカルカフェ編)

LINEで送る
Pocket

コスパは最強、2度楽しめるカンボジアンスタイル

1杯のコーヒーで2度楽しめるのが、カンボジアコーヒーの醍醐味。
コンデンスミルクとコーヒーを混ぜ合わせる時に、コンデンスミルクを半分残すのがポイントです。
まずは、上半分のコンデンスミルクとコーヒーを混ぜ合わせ、ゴクッと1杯いただきましょう。
次に、テーブルの上に置かれているお茶のポットを手に取り、残ったコンデンスミルクの上に注ぎます。
よくかき混ぜたら、2杯目はミルクティーの完成です。

IMG_1158
ポットのお茶はジャスミン茶orハス茶がスタンダード

1杯目はコーヒー牛乳、2杯目はミルクティーが楽しめる、1回で2度美味しいカンボジアンスタイル。
のどの渇きをしっかり潤す2杯分のボリュームと、おしゃべりのお供にちょうど良いスイーツ感、それでいてお値段は約50円~60円ときたら、コスパは間違いなく最強です。

“コーヒー文化”と“買い食い文化”の融合

カンボジア人にとって1杯約50円のコーヒーは決して安い金額ではありません。
しかし、そこは買い食い文化がしっかりと根付いた国。
朝から晩まであらゆる種類の移動車がやってきては、おやつや軽食や飲み物を販売していく国なのです。
1日1杯、時には2杯、コーヒー愛に動かされてカフェを探してしまうのが人間の習慣というものなのでしょう。
こうしてコーヒー文化と買い食い文化が見事に融合し、今日もカンボジア人の心とお腹を満たしているのです。


IMG_1164移動式コーヒー屋さん

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介

G-FACTORYグループは、ASEAN進出を目指す飲食店オーナー、
外国籍人材の採用を検討している飲食店様を全面サポートいたします。