ホーム >  マレーシア > マレーシアにおけるイスラム教徒の宗教習慣ラマダンと消費活動の関係

マレーシアにおけるイスラム教徒の宗教習慣ラマダンと消費活動の関係

LINEで送る
Pocket

イスラム教の断食月と呼ばれるラマダン

現在マレーシアはイスラム教徒の宗教習慣ラマダン(Ramadan)の期間。
ちなみに2017年は5月27日〜6月25日までの一ヶ月間である。
「2017年は」としたのはイスラム教が純粋太陰暦(イスラム暦)を採用しているため、毎年時期が異なるからだ。

ラマダンといえばイメージは断食
といっても飲食をせず過ごすのは、1日の間で日の出から日没までの間となっている。
マレーシアの日没は夜7時すぎ。
日が暮れてから食事時間となるため、レストランなどはいっせいに人が押し寄せ大混雑となる。

ラマダン明けの祝日ハリラヤ・プアサ(Hari Raya Puasa)は連休のスタートだ。
日本のお正月のように故郷に帰省したり、親戚一同が集まって盛大に祝う。

マレーシアのラマダン

ラマダン商戦のカギは日没後

ラマダン期間は工事現場の進行の遅延や小売店、飲食店の休業なども目立つ。
職場などでは通常より朝早く出社する分、定時より早めに帰宅することも許されている。

だがその分を日没後に取り戻すがごとく、ラマダン明けの祝日に向けて、各企業やメーカーなど各自趣向を凝らした販促キャンペーン活動が目立つ時期でもある。

マレーシアのラマダン

マレーシアのラマダン

マレーシアのラマダン断食月
LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介

G-FACTORYグループは、ASEAN進出を目指す飲食店オーナー、
外国籍人材の採用を検討している飲食店様を全面サポートいたします。