ホーム >  ベトナム > ベトナム初!日本人経営サムライボクシングジムが地元の若い女性に人気上昇中!

ベトナム初!日本人経営サムライボクシングジムが地元の若い女性に人気上昇中!

LINEで送る
Pocket

経済成長に伴い中間層が拡大しているベトナムでは、ショッピング、外食、娯楽、余暇部門への支出が年々増えてきている。
フード産業の活発化は嬉しいけれど、ついつい食べ過ぎて、気づいた時にはお腹ぽっちゃり…なんていうことも。

そんなベトナムで最近、注目を集めているのが、ダイエットもできて、健康にも良いフィットネス。
今回は、ベトナムに数あるスポーツジムの中でも、国内初といわれるボクシングジム「サムライボクシング」を紹介する。

IMG_8115

サムライボクシングは、2015年1月に、川崎新田ジム出身の元全日本バンタム級新人王、尾島祥吾さんがホーチミン市4区に開設した日系ボクシングジム。
スポーツジムが乱立する中、2013年に進出した日系大手ルネサンスをはじめ、外資系のスポーツジムも既にいくつかあったが、ボクシングに特化したジムというのは、ベトナム初だった。

サムライボクシングは、サービスアパートメントCopac Squareの1階に入居している。
ジムがあるTon Dan通りはローカルエリアだが、市内最大の繁華街である1区中心部から車で10分程度の距離にあり、通うのもそれほど不便はない。

東南アジアの格闘技というと、タイのムエタイ、インドネシアのシラットが有名。
ここベトナムでは、ボビナムという伝統武道が人気を集めているものの、ボクシングはまだまだマイナースポーツで、プロ組織も存在しないのが現状。

サムライボクシングでは、「なんだか危なくて恐そう」という従来のボクシングのイメージを変えるべく、ジム全体を明るいカラ―で統一。
女性でも気軽に入れるような雰囲気作りを心がけたという。
開設当初は、日本人駐在員やその妻が会員の大半を占めていたが、現在ではローカル会員の割合が逆転。
特に、地元の若い女性の間で、
「消費カロリーの高いボクシングエクササイズがダイエットに最適」という口コミが広がり、“ボク女”が急増中だ。

IMG_8114

ジムの中に入って、まず目に飛び込んでくるのは、会長がこだわったという本格的なリング。
サンドバックやパンチングボールといったボクシングの練習器具だけでなく、ランニングマシンやエアロバイク、ウェイトマシンなどのフィットネスマシンも充実しており、会員なら自由に使うことができる。

IMG_8116

しかし、何といっても魅力的なのは、プロボクサー経験もある尾島会長や地元の若いトレーナーたちが、それぞれの会員の目的やレベルに合わせたメニューを考えて丁寧に指導してくれること。
アットホームな雰囲気の中、会員たちは和気あいあいとトレーニングしている。

もちろんダイエットやフィットネス目的だけでなく、本格的にボクサーを目指したいという若者も通っており、地元のアマチュア選手たちが日々汗を流している。
その中の一人、グエン・ゴック・ハイさん(2015年度ベトナム・ライトウェルター級チャンピオン)は2017年5月に、13年ぶりのベトナム人プロボクサーとして日本でデビューを飾った。
※結果は判定ドロー。

日本でプロデビューしたグエン・ゴック・ハイ選手。夢は日本でチャンピオンになることだ。
日本でプロデビューしたグエン・ゴック・ハイ選手。夢は日本でチャンピオンになることだ。

フィットネス界のみならず、ベトナムのスポーツ界でも今後、注目されそうなサムライボクシング。
フルタイム、デイタイム、マンツーマン、一日体験、キッズクラスなどのコースを設けており、好きな時間に誰でも気軽に参加可能だ。

【店舗情報】
店名:サムライボクシング(Samurai Boxing Gym)
所在地:12 Ton Dan St., Ward 13, Dist. 4, HCMC
Tel:(08) 3941 5054(日本語対応可)
公式サイト:http://samuraiboxinggym.wix.com/hcmc

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介