ホーム >  マレーシア > 外食文化マレーシアの食事と値段【屋台、ローカル食堂編】

外食文化マレーシアの食事と値段【屋台、ローカル食堂編】

LINEで送る
Pocket

■タイ風飯

チャーハンや日本でいう野菜炒め&白飯など。
具材が鶏かシーフードかで値段が違う。
一皿RM6〜7.5(約155〜194円)

麺類

こちらはヌードル屋台。日本のラーメン人気は高く、ローカルの間でも定番メニューになっている。
1杯RM6~10(約155〜256円)。

サテsatay

サテ(Satay)

「マレーシア風串焼き」と言われることもある。
鶏肉、豚肉、羊などの串焼き料理。
東南アジア一帯で多く見かける軽食。
甘いピーナッツのたれなどにつけて食べる。
夕方になると屋台の前で焼いているのをよく見かける。

肉骨茶バクテー

バクテー(肉骨茶)

クラン(クアラルンプール首都圏の港町)発祥と言われる郷土料理。
豚肉、野菜、漢方などを取っ手がついた土鍋で煮込んだもの。
日本ではあまり見られないが、中華系マレー人のソウルフードともいえる。


他民族国家のため、このような屋台飯にも住み分けがある。
それは宗教習慣によって食せる素材が違うからだ。

それでも他民族同士で誘いあって関係を築くマレーシアでは一緒に食事をすることが重要なコミュニケーションとなっている。

 

 

※1 中間層を核に拡大するASEAN消費市場
(みずほリポート2010年6月9日発行)

https://www.mizuho-ri.co.jp/publication/research/pdf/report/report10-0609.pdf

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介

G-FACTORYグループは、ASEAN進出を目指す飲食店オーナー、
外国籍人材の採用を検討している飲食店様を全面サポートいたします。