ホーム >  ベトナム > ベトナムの日本式サッカースクール「アミティエ」、人気の秘密は“しつけ重視”の指導法

ベトナムの日本式サッカースクール「アミティエ」、人気の秘密は“しつけ重視”の指導法

LINEで送る
Pocket

ベトナムでは、サッカーが国民的スポーツで、サッカー熱が驚くほど高い。
Vリーグというプロリーグもあるが、とりわけベトナム代表チームへの注目度は高く、国際大会でベトナムが勝利した日には、大勢のサポーターが街中をバイクでクラクションを鳴らしながらパレードする姿が見られるほど。

1

そんなベトナムで、大規模なサッカースクールを展開しているのが日系のアミティエSCベトナムだ。
アミティエ・スポーツクラブ(アミティエSC)は、兵庫県神戸市に本社を置くスポーツNPO法人で、関西一帯にてサッカーと野球のスクール事業をメインに手掛けている。IMG_1732

2014年に初の海外拠点として、ベトナムに進出。
ちなみに、サッカーのアミティエSCトップチームは現在、社会人の関西1部リーグに所属している。

アミティエSCベトナムは現在、国内2大都市であるホーチミン市(13会場)とハノイ市(10会場)で日本式サッカースクールを展開中。

ここでは、単にサッカーのテクニック向上だけでなく、集団生活におけるルールやマナーを身につけるため、しつけを重視した指導を行っているのが最大の特徴だ。

IMG_8214

もともと教育熱心なベトナムではあるが、経済発展に伴い、子供の習い事にかけるお金も増加。
統計によると、幼稚園児・小学生の過半数が英語や算数、水泳など複数の習い事に通っているという。

スポーツ系を見てみると、水泳のほかに、サッカーや体操などが人気。
経済発展による食生活の変化および学校教育カリキュラムにおける体育授業の少なさもあって、近年、子供の肥満が社会問題となっており、健康目的で子供をスポーツクラブに通わせるという親が多い。

また、ベトナムには親日家が多く、日本人に対する印象を訊けば、“まじめ”、“勤勉”、“礼儀正しい”というプラスイメージの答えが返ってくることがほとんど。
サッカーのみならず、日本の情操教育にも触れられるということが、子供を持つ地元の親たちの心に響いたようだ。

IMG_8222

“日本式”、“しつけ重視”といった謳い文句を前面に出しているアミティエは、こうしたベトナム市場での潜在需要を上手くとらえて、今では1,000人近くもの生徒が通うベトナム屈指のサッカースクールに成長している。

【スクール情報】
名称:アミティエSCベトナム(Amitie SC Vietnam)
公式サイト:https://amitie-sc.vn/
対象:現地在住の3~15歳の男児・女児

<ベトナム人向け> ※1円=約200ドン
入会金:880,000ドン
月会費:880,000ドン
年会費:792,000ドン
ユニフォーム代:440,000ドン

<日本人向け>
ホーチミン市
入会金:1,320,000ドン
月会費:1,320,000ドン
年会費:1,320,000ドン
ユニフォーム代:440.000ドン

ハノイ市
入会金:1,440,000ドン
月会費:1,440,000ドン
年会費:1,440,000ドン
ユニフォーム代:440.000ドン

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介