ホーム >  カンボジア > カンボジアのローカルマーケットを攻略!(プノンペン編)

カンボジアのローカルマーケットを攻略!(プノンペン編)

LINEで送る
Pocket

IMG_1208

プノンペンには“プサー”と呼ばれるたくさんのローカルマーケットがあります。
どこかの場所を説明したい時には決まって、
「あの市場の近くの・・」と説明するほど。
マーケットそれぞれに特徴があるため、用途によって使い分けると大変便利!
プノンペンのローカルマーケットを攻略しましょう!

まずは中央市場、清潔感のあるセントラルマーケット
(プサートゥメイ)

プノンペンのちょうど中心部に位置するのが、1937年に建てられた黄色いアール・デコ調のセントラルマーケット。
この市場の特徴を一言で言うならば、他と比べてダントツで清潔感があり、整然としていることでしょう。
カンボジアのローカル感が苦手な方にも、抵抗なくチャレンジできる市場です。
中央のドームを中心に放射線状に伸びた通路沿いに、ところ狭しとお店が並びます。
ここに来て手に入らないものはない、と言っても過言ではないかも。
最近では外国人観光客の姿も目立ちます。

IMG_1202

IMG_1203

IMG_1204

IMG_1205

外国人に大人気、ロシアンマーケット
(プサートゥールトンポン)

旅行者や在住外国人に一番人気の市場、ロシアンマーケット。
カンボジア在住の日本人も、帰国前に立ち寄るお土産調達スポットのひとつでしょう。
安くてかわいいアジア雑貨やカンボジアのTシャツ、アクセサリーや食器類、カンボジアンシルクや手作りソープなどが手に入ります。
お土産品を売るお姉さんたちのほとんどは片言の英語が話せるので、カンボジア語ができなくても安心です。
値切り交渉を楽しみましょう。
もちろん日用品や食材も豊富なので、地元のカンボジア人たちが毎日通う市場でもあります。
ただひとつ、とにかく空気の動きがないため、季節によっては尋常じゃなく暑いことを覚悟して臨みましょう。
水分補給を忘れずに。

IMG_1421

IMG_1422

IMG_1423

地元住民の買い付けスポット、オルセーマーケット
(プサーオルセー)

圧倒的な品ぞろえと価格の安さが特徴の、カンボジア最大級のローカルマーケット。
3階建てです。
ここは地元住民が足げく通う、特に自分で店を持つ人たちが買い付けに来る市場でもあります。
外国人が好むお土産品などは少ないですが、何かを大量に入手したい場合や底値で購入したい、という人には絶対にお得!
もしくは、これぞカンボジアというディープな雰囲気を味わいたい人にもおすすめです。

IMG_1206

IMG_1441

IMG_1440

IMG_1434

オシャレエリアにあるボンケンコンマーケット
(プサーボンケンコン)

オシャレなお店やカフェが集まるプノンペンの人気高級エリア、ボンケンコン。
そこにある便利な市場がボンケンコンマーケット。
こじんまりしたサイズ感で地元住民に愛されるマーケットです。
外国人の姿はほとんど見かけませんが、ボンケンコンのホテルやアパートメント滞在中の方々が、サクッとフルーツや日用品を買う時などにおすすめです。

IMG_1211

IMG_1212

IMG_1213

いかがでしょうか。
それぞれのマーケットの特徴を覚えて、ローカルマーケットを使い倒しましょう!

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介