ホーム >  マレーシア > 知る人ぞ知る地元民のリゾート地?!観光では訪れないクアラルンプールのビーチとは

知る人ぞ知る地元民のリゾート地?!観光では訪れないクアラルンプールのビーチとは

LINEで送る
Pocket

赤道にも近い熱帯の国マレーシア。
ペナン島やランカウイ島などのアイランドリゾートやビーチは海外から訪れる観光客にとっても定番の人気スポットだ。
そして主にローカルだけが訪れるいわば「地元民のリゾート」スポットも存在する。

クアラルンプールビーチ

工業港のそばにある地元民のリゾート!?

クラン川の河口にあるポート・クラン(Port Klan)はマラッカ海峡に面した工業港である。
そのため確かに「海」ではあるが、工場や倉庫が点在し、ダンプカーが行き交っている。
マレーシアの首都クアラルンプールからは西へ約50km、車だと1時間ほどの距離にある。

正直なところリゾートとはほど遠い雰囲気の中、ローカルの人々が遊びに行くビーチがひっそりと存在する。

マレーシア語で「美しい島」という意味を持つインダ島(プラウ・インダPlau  Indah)
ポート・クランに浮かぶ4つの島の一つで、マレー半島と橋でつながっている。

クアラルンプールビーチ

ローカルの人々の生活の場でもあると同時にすぐそばに工業地帯が広がる。
正直こんなところにビーチリゾートなるものがあるのだろうかという雰囲気が漂っている。

クアラルンプールビーチ

ローカルたちが憩う「海」とは?

舗装されていない道をナビを頼りに進むと突如として現れるのがビーチリゾートのゲート。
囲いがしてあるものの、施設名などが書かれた看板などは見当たらない。

私たちが一般に思うリゾートと比べると、シンプルすぎて拍子抜けする。

晴天の土曜日の昼下がりにもかかわらず、駐車場もガラガラだ。
この時間帯にショッピングモールに行けば、停める場所を見つけるのにも一苦労だというのに。

クアラルンプールビーチ

クアラルンプールビーチ

ややくたびれたバナーには、
「ようこそビーチへ アングラー・リゾート」の文字。

リゾートというだけに入場料をとるのだが、大人RM3(約77円)。
キャンプサイトの利用はRM15(約389円)

クアラルンプールビーチ

どこか懐かしさを感じる佇まいの売店では、マレーシアでよく飲まれるテー・タリック(コンデンスミルク入りマレー風紅茶)があった。
余談だが、これでもかというぐらい甘い飲み物である。

クアラルンプールビーチ

奥に見える建物は更衣室とトイレ。
ローカル様式であったが、トイレは思ったよりも清潔だった。
(筆者は女性なので男性の方の事情は伺い知れないが……)

クアラルンプールビーチ

クアラルンプールビーチ

クアラルンプールビーチ

リゾート内に入るとすぐ目の前にマラッカ海峡、その対岸はインドネシア。
このまま砂浜が波打ち際まで続いていると思いきや、消波堤がわりの石が積んである。

クアラルンプールビーチ

海水浴ではなくリゾートのメインは釣り

奥に行くと目の前に青い海をのぞむビーチがあるが、基本的に遊泳をする場所ではないらしい。
どうやら釣り目当てで来ている人が多い。

釣りをしているのは男性だけ、女性はキャンプサイトに張ったテントで子どもと遊んだり、のんびりとしている。
後にスポーツフィッシングで人気のスポットだと知る。

せわしない時間が流れるクアラルンプールと比べると別世界のようなユルさが心地よい。

クアラルンプールビーチ

クアラルンプールビーチ

再開発の波に翻弄されるポートクラン

リゾートの並びには静かな砂浜が広がっているが、誰もいない。
干潮の浜辺に打ち寄せられたゴミが広がっている。

ポートクランは再開発計画が持ち上がっている(※)。
港湾施設の統合、工業団地、商業施設、住宅エリアなどが整備される予定だという。

現段階ではインダ島が含まれるのか定かではないが、何年か、あるいは何十年後かには、この小さなローカルリゾートもなくなってしまうのかもしれない。

※ポートクラン開発計画について
http://container-mag.com/2017/01/10/port-klang-develop-new-port/

施設名:アングラーズ・リゾート(Angler’s Resort)
住所:42000 Pulau Indah, Selangor
Tel:+60 11-1301 0547

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介