ホーム >  タイ > 注目の店舗 ナポリピッツアレストランPEPPINA(ペッピーナ)

注目の店舗 ナポリピッツアレストランPEPPINA(ペッピーナ)

LINEで送る
Pocket

バンコクいま一番人気の本格ナポリピッツアレストラン

1

PEPPINAのマルゲリータ

2014年7月にスクンビットソイ31にオープンしたナポリピッツアレストランペッピーナ。バンコクで本格的なナポリピッツアが気軽に楽しめるお店として欧米人やタイ人の間で話題となり、すぐに予約必須の店となった。

2

PEPPINA 店内

オーナーシェフのPaolo Vitaletti氏(以下パオロ)はローマ出身のイタリア人。フォーシーズンズホテルなどの高級ホテルのシェフとして世界を渡り歩き20年以上の経験を持っている。ペッピーナはパオロと数名の株主と共に会社を設立し、オープンした。 ペッピーナの場所はスクンビットソイ31から入った一方通行の決して一等地とは言えない場所にあるが、富裕層のタイ人、欧米人や日本人などの多いエリア。約50坪の居ぬき物件を改装し、70席を確保、イタリアから2.5tの本格的なピザ窯を導入してオープンした。

3

イタリアから輸入した重量2.5tのピザ窯

18時半からの夜間だけの営業にかかわらず2014年末には月商で500万バーツを突破、今年に入り11時-15時のランチタイム営業を開始したが、日本人主婦らの人気に火が付き、昼間は日本人女性の姿が多く見られ、夜間も日本人比率が約1割~2割を占めるなど、ますます盛り上がりを見せている。

4

10月~4月頃限定の旬のトリュフピッツア

ペッピーナが繁盛する時代の追い風

ペッピーナが繁盛する理由の一つとしてタイ人の中で芽生えてきた本物志向がある。 この数年の空前のバーツ高を背景に、タイ人は世界中を旅するようになった。 元来タイ人はクイッティオ(タイラーメン)やパッタイを食べる際など、卓上に置かれた砂糖・唐辛子・酢などの「甘・辛・酸味」を自分の舌に合うよう混ぜ合わせ調整するなど味覚が鍛えられているが、そんなタイ人が世界で本場の味を知ることで、タイに戻っても本場の味や美味しさ、その国の料理の「旬の味覚」までもを求めるようになってきた。

5

イタリア直輸入のブラッターチーズ

「旬の味覚」と言えば、今年は4~6月にはイタリア料理店やフランス料理店ではフランス産ホワイトアスパラがよく見られ、いまは日本の松茸がよく見られるが、不景気と言われるタイ経済の状況下にあってもタイ人の食に対する貪欲さは衰えを見せない。
バンコクでは、つい数年前までは味は二の次でもFacebookやInstagramなどSNSへアップし自慢のできるキレイでおしゃれな店や見栄えのする料理や奇抜な料理が求められたが、味をおろそかにしていたそのようなレストランの顧客離れが今では顕著となってきている。

6

旬を取り入れたパスタも充実している。

そのような時代の追い風の中で、ペッピーナは本格的なナポリピッツアの美味さはもちろん、イタリアから直輸入したトリュフを使ったピザやブラッターチーズを使ったカプレーゼなど、旬を取り入れ日々変わるメニューが、本物志向のタイ人のニーズを的確に捉えている。

7

ヌテラピッツアは子供に大人気

8

ペッピーナ外観

タイ全土へ多店舗展開

繁盛するとあらゆるショッピングセンターから出店の打診を受ける。当然のようにペッピーナもタイ全土の商業施設から出店の打診が入り、既にバンコク都内ではトンローやリバーサイドなど2か所に出店を決定、その他、ホアヒン、サムイなどのリゾート地での出店を計画しており、タイに留まらずアジア主要都市での展開を構想に入れている。今後のペッピーナの展開に注目していきたい。

 

店舗情報

【PEPPINA SUKHUMVIT31】
住所:27/1 Sukhumvit 33, Bangkok, Thailand
TEL:+66 (0)2 119-7677

営業時間 火~日:11:00~15:00 18:30~MidNinght
定休日:月曜日

席数:70席
売上:700万バーツ(推定)

【PEPPINA】 URL : http://www.peppinabkk.com/

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介