ホーム >  その他の国 > イギリスではタイ料理が人気!評判のタイレストランに潜入取材

イギリスではタイ料理が人気!評判のタイレストランに潜入取材

LINEで送る
Pocket

イギリスロンドンから列車で40分。
豊富なレストランと若者やファミリーで賑わう街Tonbridge(トンブリッジ)。
意外かもしれませんが、ここイギリスではタイ料理がとても人気でタイ人も多く住んでいるのです。
そんなイギリス、トンブリッジで人気のタイレストランGaab Kaoを取材しました。

タイ料理を含めたアジア料理がイギリスでブーム!

IMG_3115

取材に応じてくれたのは、マネージャー(店長)のファーストさん。
現在Gaab Kao を含め2店舗をケント州で展開しており、3店舗目をオープンする計画を立てているのだそうです。
店名のGaab Kaoはタイ語で「さあごはん食べよう!」という意味で、みんなでシェアするタイ料理にぴったりの親しみやすい名前です。

18699838_1865031510388511_3293464970894264020_n
−イギリスでタイレストランをするにあたって難しいことはありましたか?

ファースト氏(以下敬称略):昔からイギリス人はタイ料理が好きなので、タイ料理にはすぐに馴染んでもらえました。
とくにこの10年ほどは、イギリスでのタイ料理の質が上がってきています。
かつてはスパイスなどの材料を取り寄せることが難しかったこともあって味が物足りなかったのですが、現在ではオリジナルのタイ料理にかなり近い味がイギリスでも出せるようになりましたからね。
ロンドンに行けば、どこにでもタイレストランを見かけるようになりました。
ただ、イギリス人も色々なバリエーションを求めて、今では他のアジア料理店が人気になってきて、少しタイ料理の勢いは落ちてきています。
また盛り返すといいのですが。
ベトネム料理、インドネシア料理、もちろん日本料理も。
最近では食のインターナショナル化が進んでいますから。

IMG_3136
−イギリス人に人気のメニューは何ですか?

ファースト:パッタイ(タイの焼きそば)が人気ですね。
あとはグリーンカレーやカオ・パット(タイのチャーハン)、チキンサテー(焼き鳥)です。
けっこうどのメニューも満遍なく人気ですよ。
そりゃあ「ちょっと辛さを控えてください」というお客様もいますが、意外とイギリス人はタイ料理に辛さを求めているんです。
「もっとレッドチリを入れて!タイにいるような気分を味わいたいんだ!」って。
こっちはかまわないんだけど、汗だくで泣きながら「これだ!これこそタイ料理なんだ!」って言って食べているのを見ると「本当に?」って心配しますよ。
そんな感じで本場のタイ料理とそう変わらない味を提供できていると思います。

伝統的なタイ料理をイギリスに広めたい

19113892_1875757002649295_9203441217400312662_n

−メニューを拝見させていただくと、タイ語をアルファベットで書かれているんですね。

IMG_3090
ファースト:そうです。
イギリス人のお客様にはタイ語の料理の名前は分からないかもしれないけど、料理の名前を知ってもらうことにつながりますよね。
例えば日本のSUSHIや TEMPURA 、KATSUみたいに。
それにイギリス人にとってタイはホリデーで訪れるのに人気のスポットです。
料理の名前を知っておいてもらって損はないと思います。
例えばGAIはチキン、NEURはビーフ、GOONGはエビです。
常連のお客さんは皆さん慣れたものですよ。

−タイ人、あるいはアジア人のお客様はいらっしゃいますか?

ファースト:なかなか多くの方に来ていただいています。
私たちは常に伝統的なタイ料理になるべく近い形で提供したいと思っているので、タイ人のお客様にも好評です。

−タイ料理に欠かせないカービング(フルーツや野菜にに花や鳥のモチーフを専用ナイフで彫刻するタイの伝統文化)はいかがですか?

18951030_1870948719796790_8063600367433446603_n
ファースト:イギリス人の方は最初びっくりされますよ。
これは何だ!素晴らしい!って。
うちのスタッフにもスペシャリストがいます。
とても根気のいる作業ですが、慣れればかなり早くできます。
うちのスタッフはスキルが十分なので、時々お喋りしながらでもパーフェクトにやってますよ。
料理に華を添える、大事な文化だと思っています。

こだわりのアンティークを集めたインテリア

IMG_3097

IMG_3110

IMG_3099
−ところで内装がずいぶんおしゃれですね。

ファースト:一般的なイギリスのタイレストランは、もっとタイを全面に押し出しているインテリアですが、うちは違います。
オーナーはタイ人と中国人のハーフですから、両方の文化を取り入れたアンティークテイストを意識しているんです。
どれもタイや他の国から取り寄せたアンティーク家具にこだわっています。
昔タイで使われていたブリキの看板や、昔ながらの中国の薬箪笥。
そういった意外な物を組み合わせることで、モダンかつ居心地の良い空間を目指しているんです。
もっとも趣味の延長みたいなところもありますが。

スタッフのチームワークは完璧

IMG_3133

−スタッフのマネージメントについてはいかがですか?

ファースト:スタッフ同士はとても仲が良くて、家族みたいなものです。
ずっと一緒に働いていますからね。
みんな思ったことを遠慮なく言います。
仕事は仕事。
違うと思ったらすぐに指摘するし、された方も素直に受け入れます。
マネージャーの僕にもみんな言いたいことを言いますが、私ももちろん気にしませんし、きちんと聞き入れます。
仕事が終わればそんなことはスッキリ忘れて家族のように付き合っています。
私と妻はホールで一緒に働いていますし、キッチンのスタッフも夫婦で一緒に働いています。
本当に家族みたいなものですよ。

−それはタイ人特有の性質のようなものでしょうか。
タイは皆さん優しいというイメージがあります。

ファースト:うちの店はとくにそうですが、タイ人がみんなそうとは言いきれませんね。
タイでは年功序列を非常に意識する習慣があるので、ボスがスタッフより年下だったりすると、やりにくい空気感になることも多々あります。
そういった悪い雰囲気というのはお客様に伝わりますからね。
うちでは本当に仲良く、なんでも言い合える関係を常に意識しています。
一緒に働く仲間ですから、楽しく付き合っていきたいですからね!

日本はタイ人に人気!いつか行きたい!

IMG_3125

−日本、日本人についてはどんな印象をお持ちですか?

ファースト:実は日本行きを妻とずっと計画しているんだ!
早ければ来年。
特にに北海道に興味があるよ。
タイ人にとって北海道は人気の観光地で、食べ物も美味しい。
行けばきっとたくさん影響されることがあると思う。
最近はイギリス人も健康志向になってきているから、日本料理がジワジワ来ているんだ。
良いポイントを日本料理から得られれば良いと思っているよ。

−日本人はシャイだと世界の人から言われていますが。

ファースト:確かにシャイという印象はあるけど、それよりも礼儀正しいっていう印象が強いかな。
僕はサッカーが好きで、ワールドカップを見ていた時、日本人のサポーターが終わってからゴミを片付けていたんだ。
あれには驚いた!なんて礼儀正しいんだと思ったね。

−ファーストさんの趣味は何ですか?

ファースト:旅行です。
今までいろんな国に旅行に行ってきたけど、一番良かったのはスイスだね!
確かに物価は高いけど、行く価値があった。
日本にも早く行きたいよ!

−本日はありがとうございました。

ファースト:こちらこそありがとうございました。タイでビジネスを始める日本人の方も、日本の良い文化を、自信を持って展開することをおすすめします!
みんな日本が大好きですよ。

最後に

19114045_1874734796084849_2829634581584884781_n

今回イギリスのタイレストランを取材してみて、改めてビジネスを展開する上で信念というものの大切さを感じました。
異国でのビジネスはもちろん簡単なことではありません。
けれどもそこにはたくさんのチャンスが溢れていて、視点が違う外国人だからこそ得られるインスピレーション、アイデアがあると感じました。
日本の文化や料理、風習がもっと世界に広まり、興味を持ってくれる人が増えることは、本当に素晴らしいことだと思います。
その上で自分自身も楽しめる、遊び心を持って突き進んでいく大胆さがあれば、怖いものなしなのではないでしょうか。
イレギュラーなイギリスからの投稿ですが、参考にしていただければ嬉しいです。

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介