ホーム >  ミャンマー > ミャンマーにも流行到達のルーフトップバーは雨季対策がポイント

ミャンマーにも流行到達のルーフトップバーは雨季対策がポイント

LINEで送る
Pocket

ここ数年、東南アジアのナイトライフを席巻してきたルーフトップバーブームが、昨年あたりからやっとヤンゴンにも到達した。
しかし、周辺諸国に比べ、格段に雨季の雨が激しいこの地では、各店が工夫を凝らす必要に迫られている。1

Esperado
23 Kan Yeik Thar Rd., Mingalar Taung Nyunt Tsp., Yangon
http://www.esperadolakeview.com/yangon

バンコクで始まったルーフトップバーブームが周辺国へ波及

東南アジアにおけるルーフトップバーの流行を牽引してきたのは、2003年にオープンしたバンコクのレストラン「シロッコ」に併設する「スカイバー」だろう。
5つ星ホテル「ルブア・アット・ステートタワー」の63階に位置し、高さはなんと247m。
眼下に広がるバンコクの夜景はまさに絶景で、いまやバンコク有数の観光名所となっている。

「シロッコ」の成功に端を発し、その後10年ほどの間に、バンコクではルーフトップバーが次々とオープン。
2016年の段階では、有名店だけで数十軒にも及んでいる。

この流行は周辺国へも広がり、マレーシア・クアラルンプールの「ルナバー」やバンコクと同名の「スカイバー」、シンガポールの「ワンアルティテュード」、インドネシア・ジャカルタの「スカイ」、ベトナム・ホーチミンの「チルスカイバー」などが、眺望の素晴らしさと高級感溢れる雰囲気とで名を馳せている。

民主化が進んだミャンマーでも

外資が進出しにくい状況にあった軍事政権が続いたミャンマーでは、こうした流行には長く無縁の状態が続いていた。
2011年に誕生した前政権が民主化に舵を切り、外国企業進出に勢いがついてきたのが2013年。
その頃から在住外国人が増えるとともに、民主化で経済的に豊かになった地元の富裕層をターゲットにした飲食店が急増した。

2016年になると、外国人が経営するお洒落系飲食店が目に付くようになる。
民主化とともに流れ込んだ外国人起業家たちが飲食ライセンスを取り、事業を立ち上げたため、同じような時期に開店を迎える店が多かったと推察できる。
こうした中で、ルーフトップバーの流行がヤンゴンにも到達した。2

2015年から2016年にかけては次々オープン

ヤンゴンで最初のルーフトップバーは、2013年オープンの「ヴィスタ」といえるだろう。
4階にあるのでさして高さはないが、ライトアップされたシュエダゴンパゴダを見晴らせるのが人気だ。
「サクラタワー」20階にある「スカイビストロ」はもっと歴史が長いが、こちらは屋内なのでここでは数に入れない。

そして、2015年。
3月にホテル「ノボテルヤンゴンマックス」14階に「ラ・セリエ」が、11月には上述した「サクラタワー」21階にあたる屋上に「ヤンゴンヤンゴン」がオープン。
これらを皮切りに次々に本格的ルーフトップバーが誕生していった。
特に、2016年にオープンした「ザ・ペントハウス」と「アトラス」は、バンコクのバーを思わせる洗練された雰囲気で、在住欧米人を中心に人気を博した。

これらのバーの価格設定は全体に高めで、カクテル2、3杯と軽い食事を楽しむだけで、4000円以上かかることも珍しくない。
低層階の屋内バーの2割増しといった感じだろうか。

ヤンゴンの雨季はスコールにあらず

こうして、ミャンマーにも到達したルーフトップバーブームだが、ミャンマーには他都市よりも不利な問題がある。
1年の半分近くを占める雨季の雨が激しいのだ。
1日1回程度、短い時間に激しいスコールが降るパターンが多い東南アジアにおいて、ヤンゴンでは激しい雨が長く続くことが多いのだ。

ある年の、ヤンゴンにおける降水量を見てみよう。
最も雨が多い8月は602mm、最も晴れる2月は2mm。
これに対し、タイは9月344mmで1月9mm、ホーチミン9月327mm、2月4mm、クアラルンプール11月334mm、7月134mm。
特にヤンゴンは6月から8月にかけて毎月約550mmを超えており、1度も350mmさえ超えない他都市に比べ、圧倒的な雨の多さがうかがえる。

しかも、ヤンゴンの雨はざっと降ってピタッと止む降り方ではないため、雨季の間、屋根が完全にないルーフトップバーは経営がほとんど成り立たないのだ。

では、ヤンゴンでこのところオープンし続けるルーフトップバーは、雨季の雨をどのようにしのいでいるのだろうか。

3

Le Cellier
459 Pyay Rd., Kamayut Tsp., Yangon
http://www.novotel.com/gb/hotel-9045-novotel-yangon-max/index.shtml

パターン1:乾季集中型

経営を乾季のみに絞る、という方法だ。
雨季には長く激しい雨がある反面、乾季は一滴も降らない時期が5ヶ月近く続く。
雨季対策は何もせず、乾季のみの営業で効率的に稼ぐのだ。
昨年、最も人気を集めた「アトラス」はこの方法をとっている。
この場合、雨季の間は雨ざらしになってもよいように、カウンターなどに木材を使用しないなどの方策を採る必要がある。Patern1

Atlas
84 Pan Hlaing Rd., Sanchaung Tsp., Yangon
https://www.facebook.com/atlasrooftoplounge/?fref=ts

パターン2:屋内併設型

「ザ・ペントハウス」に代表されるやり方で、雨季は屋外スペースを完全に諦め、屋内だけで営業するのがこのパターン。
「ラ・セリエ」や2017年にオープンした「ハードロックカフェ」もこれ。
金属やプラスチック素材を使ったテーブルセットを置き、屋外エリアは基本的に、雨季は雨に降られるままになっている。Patern2

Hard Rock Café
4F, Myanmar Plaza, 192 Kaba Aye Paya Rd., Bahan Tsp., Yangon
http://www.hardrock.com/cafes/yangon

パターン3:一部屋根付き型

屋上スペースにあらかじめ、屋根付きスペースもある程度作っておき、雨季に対応するやり方をとる店もある。
「ヤンゴンヤンゴン」や、インターナショナルホテル屋上の「スカイバー」などがこれにあたる。
ただし、雨季の雨は激しいので、屋根が深めに造られていないと横降りの場合は客席もずぶ濡れになってしまう。Patern3

Sky Bar
330 Ahlone Rd., Dagon Tsp., Yangon
http://y-intl-hotel.com

パターン4:屋根&ビニールシート併用型

パターン3をさらに発展させたのが、ビニールシートを使い、横降りの雨も避けるこのタイプ。
大型ショッピングセンター「ミャンマープラザ」屋上の「エクリプス」がこれにあたる。
完全なルーフトップバーとは言いがたいが、最上階のバーに壁を設けていない「エスペラード」も、このパターンに含めてよさそうだ。Patern4

ECLIPSE
4F, Myanmar Plaza, 192 Kaba Aye Paya Rd., Bahan Tsp., Yangon
https://www.facebook.com/bar.eclipsemyanmar

パターン5:移動屋根装備型

これは「ヴィスタ」のみが該当する方法で、透明な移動式屋根をそなえたタイプで(2017年6月25日現在改装工事中)、雨の有無で透明な素材を使った機械仕掛けの屋根を出し入れする。
雨が降る直前までルーフトップ状態を維持でき効果的だが、初期投資は高額にのぼる。
ただし、不動産契約が大家に有利なため、いつ何時店を移転しないといけなくなるかわからないミャンマーにおいては、かなりのリスクがあることは頭に入れておいた方がよい。

Vista
Corner of Shwe Gon Daing Rd. & Yaedarshay Rd., Bahan Tsp., Yangon
https://www.facebook.com/vistabaryangon

最後に、ヤンゴンのルーフトップバーの広告で気をつけたいのは、広告での眺望写真の使い方だ。
敬虔な上座部仏教国家のミャンマーでは、戒律上は禁じているアルコールを取り扱うバーの広告に、聖地であるシュエダゴンパゴダが写り込むのを良しとしない。
シュエダゴンパゴダに限らず、パゴダが目立つ写真は使用しないことをおすすめする。

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介