ホーム >  ベトナム > その事業、本当に引き受けて大丈夫?

その事業、本当に引き受けて大丈夫?

LINEで送る
Pocket

本記事の対象者
1. ベトナムで代表者としての仕事を依頼されることになった人
2. ベトナムでの事業を依頼する代表者を探している人

こんにちは。
私はホーチミンで企業の法人代表として勤務しています。
今回はベトナムで法人代表者登録の手続きについて、代表になる人と代表者を任命する企業側との両方の視点から、実務手続きを交えて説明していきたいと思います。

【個人の視点】
まず代表者に任命された人の視点から。
ケーススタディとして、日本語学校の代表者として任命された2名の例を見てみましょう。
なお、知り合いをモデルとしていますが、本人が特定できないように多少のアレンジを加えています。

●Aさん
日本語教師としての長年の経験を評価され、ホーチミン市にある日本語学校の校長として任命された。
実際に赴任先の学校に行ってみるとやる気のあるスタッフや学生に囲まれ、日々のトラブルはありながらもそれらを解決し、充実した日々を送っている。

→一般的に言う代表者に当てはまるケース。
日本と違うトラブルがあるのはつきものですが、このような仕事であれば引き受けて問題ないといえるでしょう。

●Bさん
大学卒業後、就職も決まらずベトナムにやって来た。
定職もなく貧しい生活を送っているときに、ホーチミン市で新設される日本語学校の校長をしないかという声に飛びつく。
しかし、引き受けたはいいが、そもそも学校自体はできておらず、建物探しから始めろと言われる。
自転車で市内をうろうろしてやっと候補となる物件を見つけたが、内装工事や備品の購入もしなければならない。
さらにスタッフもいないため、採用も自分で行わなければならない。
すべてが素人作業のためうまくいかず、経費だけが掛かってしまった。
一応開校したものの、数か月後この日本語学校は閉鎖された。

→そもそも、どうしてキャリアがないのに校長というポジションを任されるのかという時点で怪しい話だが、ふたを開けてみれば専門性の要求されない単なる雑用係。
内装工事など校長の仕事ではない。

上記は一例ですが、基本的に未経験者が代表となる場合、経営者や管理者といったポジションではなく、雑用係として捨て駒となるケースが多いようです。
身の丈に合わないほどのおいしいポジションの話が来た際には気をつけてください。

【法人の視点】
さて、次は代表者を任命する法人の視点から。まずはGiấy chứng nhận đăng ký doanh nghiệp(営業登録認証書)を用意しなくてはなりません。

20170727_Giay2
図1. 営業登録認証書

ここに法人代表者の氏名および日本の本籍地などが記載されます。
この法人代表者はgiấy phép lao động(労働許可証)所持者である必要があります。
つまり大卒で業界経験5年以上ということです(最近ではこの条件を満たさずに労働許可証を取得する裏技もありますが、本稿のテーマと離れるため割愛します)。
この時点で、法人代表者には業界経験が要求されるということが明らかで、未経験者に法人代表者を任せるのは違法(あるいはグレー)ということがわかります。
なお、この営業登録認証書の発行の方法ですが、具体的な必要書類は法律が毎年変わるため、Sở Kế hoạch và Đầu tư Thành phố Hồ Chí Minh(ホーチミン市計画投資省)に直接問い合わせるのが確実です。
同省公式サイト http://www.dpi.hochiminhcity.gov.vn
なお、営業登録認証書が発行されると、ベトナム国内の企業データベースに代表者氏名が登録されます。

今回のレポートは以上です。
最後までお読み頂きありがとうございました。

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介