ホーム >  シンガポール > シンガポール史上初!ラーメンフェスに行ってみた

シンガポール史上初!ラーメンフェスに行ってみた

LINEで送る
Pocket

シンガポールでは今、日本食が大人気。
その中でもラーメンの人気は高く、新しいお店も続々オープンしており、今ではその数100店舗以上。

シンガポールでラーメンフェスが初開催

そのラーメン人気を捉え、日本の情報に特化した英字マガジン『WAttention』がアニメ・フェスティバル・アジアを主宰するSozo Pte. Ltd.とコラボレーションして初のラーメンイベント『Ramen Revolution 2017』を開催。

7月28日から30日に開かれたこのイベントを早速チェックしてみました。

『Ramen Revolution 2017』の会場となったのは、セントーサ島のリゾートワールドセンター。
カジノもあり、多くの旅行者が訪れる人気のスポット。

この先のアトリウムが会場。

IMG_2933_R

 

シンガポールだけでなく日本からの出店も

今回はシンガポールで人気のラーメン店8店が出店。
しかも価格は10SGDから。(約800円強)

IMG_2934_R

出店していたのは、こちら(50音順)。

・けいすけ ロブスターキング

・けいすけ 豚骨王

・町田商店

・まる玉ラーメン

・麺屋政宗(日本・仙台より出店)

・麺屋 桜

・ラーメン アトリエ

会場を見渡すと、若いカップルから家族連れまで年齢層は非常に幅広い。
日本人もちらほらいますが、ほとんどがシンガポーリアンか観光客風の人で日本のラーメン人気がうかがえます。

会場では「あのロブスターのお店がおいしい」「あの店は、ニューヨークのコンテストで優勝したらしい」などの会話が聞こえてきました。
どうやら、事前にリサーチをして、参加している方もいる模様です。

IMG_2964_R

つけ麺ならシンガポールの人気店『麺屋 桜』

まずは、シンガポールではボートキーに店舗のある『麺屋 桜』の『全部のせ豚骨つけ麺』(18SGD)。

IMG_2939_R

これは、ベースのつけ麺にトッピングとして、海苔、煮卵、メンマ、チャーシューなどトッピング4種が全て乗ったもの。

IMG_2946_R

濃厚な豚骨ベースに魚介出汁が合わさった熱々のつけ汁と、冷やした太めの麺という組み合わせ。

IMG_2947_R

ピリッとした刺激が食欲をそそるバランスのいい豚骨スープが、もちもちの太麺とマッチしてやみつきになりそう。

 

ニューヨーカーも唸った塩ラーメン

次は一番人気の、『麺屋政宗』
行列が絶えず、整理要員が必要なほど。

IMG_2936_R

麺屋政宗は、宮城県は仙台のお店。
2017年4月にニューヨークで行われた「ストリート・ラーメン・コンテスト」と「ラーメンフェス&ジャパン・ストリート・フェス」で1位に輝いているんです。

今回販売されたのは、定番の鶏、豚、魚介で出汁を取ったスープの「塩ラーメン」(10SGD)と、ニューヨーカーを唸らせた「塩らーめん」に炭焼きチャーシューを乗せた「塩ラーメンプレミアム」(15SGD)の2種類。

もちろん人気なのは「塩ラーメンプレミアム」。
ほとんどの人がこちらを注文していました。

IMG_2959_R

麺屋政宗の麺は細麺。
トッピングはネギと煮卵、そしてその場で焼いたチャーシュー。

IMG_2965_R

くどすぎないスープの塩気が絶妙。
香ばしいチャーシューとの組み合わせがたまりません。

IMG_2962_R

さらに、会場では日本のドリンクやお酒、おつまみなどを販売するブースもあり、柚子ドリンクがイチオシのようで試飲をすすめていました。

IMG_2963_R

特設ステージでは、東京音頭の披露、コンテストで優勝したシンガーのショーなども行われていました。

さらに、フードファイター集団の早食いバトルや激辛にチャレンジするイベントなどのステージも用意されており、日本でも有名なジャイアント白田氏もこの後登場予定と耳に。
ラーメン以外でも楽しめるイベントが盛りだくさんのようです。

唯一残念だったのは、どのお店もスタンド形式で出店していたため、きちんと座って食べる場所が用意されていなかったこと。

元から設置されていたベンチはすぐに満席、立って食べられるようなテーブルも3、4台しかなかったため、昼過ぎには通路の端で座り込んで食べる人も多数。

世界中のラーメンファンがゆっくり日本のラーメンを味わえるように、来年からはテーブル席の増設を切に願います。

しかし、全体としてはカジュアルな雰囲気でラーメンマニアだけでなく、セントーサへ観光に来た家族連れでも楽しめるイベントとなっていました。

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介