ホーム >  カンボジア > カンボジア 飲食業での成功の秘訣~Part2

カンボジア 飲食業での成功の秘訣~Part2

LINEで送る
Pocket

皆様、こんにちは。カンボジア居住の熊谷です。
前回記事「カンボジア 飲食業での成功の秘訣~Part1」(http://e-asean.net/6834)に続き、今回はカンボジアの特徴として挙げられる、カンボジア人の所得の低さ、そして多国籍という観点から、飲食業での成功の秘訣を考えてみましょう。

まずは、カンボジア人の所得の低さです。
経済成長が著しいといっても、他の周辺諸国に比べて、まだまだ所得は低いといえます。
ですから、プノンペン周辺のレストランでも低廉な価格で出しているところが多いです。
欧米のカフェなどでは、3$~4$程度でランチを楽しむことができます。
ローカルならさらに安いでしょう。
ですから、仮に、高級感を出した食事を提供するとしてもそこまで価格を上げることはできません。
多国籍なカンボジアといっても、カンボジア人の占める割合はかなり高いといえるので、この所得水準の低さは必ず考慮する必要があるといえるでしょう。

IMG_2240

カンボジアはやはり周辺諸外国に比べて経済発展の点で遅れをとっており、所得水準が低い状況にあるため、経営を行う際には「戦略」が必要といえます。
経営の理論をある程度勉強しておき、戦略のある方法で、経営を行うことが重要です。
漫然とただただ努力したとしても失敗する可能性が高いです。
反対に、経営戦略をしっかり立てて、経営を工夫して行うならば、確実に成功しやすい環境であるともいえます。
理由は2点あります。

IMG_2234

まず1点目ですが、カンボジアは、まだまだカンボジア人で力を持っている層が少なく、多国籍の国といえるからです。
カンボジア人にも力を持っている人はいますが、中華系、韓国系、日系、その他欧米系、様々な国が力を持っており、それゆえ諸外国ほど、外国人が差別されるケースがありません。
多国籍で異文化に寛容な国ですので、努力次第でどんどんそれぞれの懐に入っていくことができます。
もちろん国の壁が全くないわけではないですので、そこは切り崩す努力が求められる所です。

2点目として挙げられるのは、カンボジアではまだまだそれぞれの商品・サービスが飽和な状態とはなっていないという点です。
ですから、周りと違う雰囲気のレストラン、周りと違う料理、周りと違うサービス内容を提供できる余地はまだまだ存在し、それがヒットすれば爆発的に売れる可能性があります。

IMG_2206

カンボジアでは、このような発展可能性、そして外資100%で入れる投資環境、また、多国籍な国という、様々な観点から自由度が高い国であるといえますので、経営努力と戦略を持って進出するならば、成功する可能性はかなり高まるといえます。

私の勤めている会計事務所でも経営学に基づくツールやノウハウを提供していますのでぜひご活用いただければと思います。

市場を分析し、経営戦略を練った上で、進出を行うことにより、飲食業を成功させましょう!

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介