ホーム >  ミャンマー > 2017年、ヤンゴンのトレンド料理はマーラーシャンコー

2017年、ヤンゴンのトレンド料理はマーラーシャンコー

LINEで送る
Pocket

ビュッフェスタイルの従量制

マンダレーのものやシャン料理のマーラーヒンと現在ヤンゴンで流行しているマーラーシャンコーの1番の違いは、ビュッフェ形式で客が具材を選べる点だ。
「ザ・スパイシーハウス」では店内に野菜や肉をカテゴリーごとに分けたビュッフェラインがあり、客がボールに好きなだけ具材を入れていく。

野菜と肉は別々のボールにとる
野菜と肉は別々のボールにとる

最後にレジで重さを測って料金を払い、マーラーヒンのように汁なしで調理するか、鍋料理のように汁ありで調理するかを告げ、数段階ある辛さを指定。
さらに白いごはんかチャーハンかを選ぶ。
セットメニューもあり、2人前で1000円程度からとなっている。

つまり、流行の肝はビュッフェスタイルを取り入れたエンターテイメント化にあるといえる。

重さで料金が決まる
重さで料金が決まる

開店のきっかけは中国留学

「ザ・スパイシーハイス」のオーナーであるアウンチョウサンさんに話をうかがった。
彼は中国系の血が入った弱冠24歳の若者で、中国に留学中、この料理に遭遇したという。

「ザ・スパイシーハウス」のオーナー、アウンチョウサンさん
「ザ・スパイシーハウス」のオーナー、アウンチョウサンさん

「マーラーヒンに似ていますが、自分で具材や辛さを選べるところがミャンマー人受けすると思いました。ミャンマーでは数年前から、具材をビュッフェ形式で選べる鍋料理店がはやっていましたから」

帰国すると父親の資金援助を受け、若者の街レーダンに新しくオープンした大型ショッピングセンターに第1号店をオープン。
若者をターゲットにした明るくモダンなインテリアも、店のヒットに貢献していそうだ。

The Spicy House(レーダンセンター店) 住所:B1F, Hledan Centre, Pyay Rd, Kamaryut Tsp., Yangon 営業時間:10:00~21:00
The Spicy House(レーダンセンター店)
住所:B1F, Hledan Centre, Pyay Rd, Kamaryut Tsp., Yangon
営業時間:10:00~21:00

進む食のエンターテイメント化

周辺諸国に比べ、外食文化が遅れているミャンマーでは“エンターテイメントとしての食”がまだ発展しているとはいえない状態だ。
その中にあって、ビュッフェ形式の鍋料理やバーべキューの店のヒットがこの数年でもっとも顕著な食の流行だった。
マーラーシャンコーもその一端といえる。

ただ食べるだけでなく、食を通してなんらかのプラスアルファを楽しめる店が、今後もあとに続くのかもしれない。

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介

G-FACTORYグループは、ASEAN進出を目指す飲食店オーナー、
外国籍人材の採用を検討している飲食店様を全面サポートいたします。