ホーム >  シンガポール > 待ってました!ついにシンガポールにもアマゾンが上陸

待ってました!ついにシンガポールにもアマゾンが上陸

LINEで送る
Pocket

ついにアマゾンがシンガポールに上陸。

amazon

日本ではアマゾンのお世話になりっぱなしという人も多いのでは。
そんな、もはや生活に欠かせないサービスとなったアマゾンがついにシンガポールでも7月26日からサービスをスタート!

今までは、シンガポールでのネット通販といえば、東南アジア最大手でアリババ系列のラザダとイージーバイだったが、ここにアマゾンが加わることに。

注目は2時間デリバリー

今回、シンガポールで提供されるのは「Prime Now」という会員向けの短時間で配達するサービス。

専用アプリ、Prime Nowを使って注文した商品を会員向けに2時間以内に届けるというもの。

取り扱い商品は電子機器、家電、雑貨、スポーツ用品、食品など数万点とされる。

今回アマゾンはオープンにあたり、ジュロン工業地区に自社のフルフィルメントセンターを新設。
注文の受付から配達までを一貫して行い、全ての商品はここから出荷される。

23区と同じ広さしかないという狭いシンガポール島内だからこそこの2時間以内に届けるということが可能なのだろう。

ライバルのラザダもイージーバイもシンガポール国内ではなく、中国からの出品が多いため、値段は安くても送料やエージェント料がかかったり、配達がかなり先になったりすることが多い。

その点、アマゾンは送料も注文金額によっては無料なうえにエージェント料もないので、かなりの強みになるのでは。

現在は40ドル以上の注文なら、目玉の2時間配達サービスが無料になる。
(もし注文金額が40 ドルに満たない場合は、送料として5.99 ドルかかる)

ただ、これはオープンにあたっての期間限定のもので、このオープン記念の無料サービスがいつ終了するかについては明示されていない。

 特に力を入れているのは食品カテゴリー

商品ラインアップの中で特に強化していると言われているのが食品。
もともと食品のネット通販は盛んなシンガポール。
ネットスーパーや買い物代行など、ネットで食品を購入する手段は多いが、そこに新たな選択肢としてアマゾンも仲間入りすることになる。

その中でも、オンラインストアのレッドマートが一番のライバルと見られている。
レッドマートはアマゾン上陸にあたり、会員向けのサービスをスタートしたり、物流を強化したそう。
実際、街中でもバスの車体やビルボードなどでレッドマートの広告を見ることも多い。

 注文は専用アプリから

このサービスは、専用のアプリ「Prime Now」で行い、パソコンからの注文は不可能。
さすが、スマートフォン普及率が100パーセント以上のシンガポール!

日本で「Prime Now」のアプリを使っていた場合、アプリ自体はそのまま使える。
ただし注意したいのは、amazon.co.jpのアカウントではなく、amazon.comのアカウントが必要だということ。

もし、持っていない場合はまずアカウントを取得しよう。

実際に使ってみた

Prime Nowを開き、住所とクレジットカードなどの支払い手段を登録してスタート。

まずは、なにがあるか品揃えをチェック。

面白いのはカテゴリーページの一番上が「ローカルフェイバリット」というもの。

どんなものがあるのだろう、と中を覗いてみると、このような確かにシンガポールらしいものが並ぶ。

IMG_4674

そこに続くのはベビー用品のカテゴリー。
日本でもおむつなどの育児系の消耗品をAmazonファミリーなどでプッシュしているので、これはシンガポールでも同じよう。

ただ、どうやらカテゴリー自体も、広告やスポンサーが入っているようで、現在はサムソンが1つのカテゴリーとして上位にあるが、少し前まではタイガービールだった。

IMG_4671

今回は、通常のスーパーと比べたいので食品を中心に注文。

全般的に品数は少ない印象。
レッドマートと比べても商品は少ない。
たとえば、牛肉など肉の1サブカテゴリにつき13から15商品しかない。
ただ、必要最低限なものは揃っているので困ることはなさそう。

価格は、地元の普通のスーパー(Fair Price)よりやや安く、市場(リトルインディアやチャイナタウン)と同じくらいのイメージでリーズナブル。

商品詳細が分かりにくい

商品を見ていて気になる点が。

まずは、商品の「温度帯」の表記がないこと。
ぱっと見てもこれは、冷蔵で来るのか、冷凍なのか分からない。

ただ、冷凍のものは商品名の最後に「Frozen」と書いてあるのでどうやらそれ以外は「冷蔵」のよう。
(※実際に頼んでみると、なにも書いていないものは「冷蔵」だった)

また、温度帯が分かっても、この「冷蔵」は冷凍したものを解凍したものなのか、一度も冷凍されていないものなのかは分からない。
(通常は解凍されたものの場合は「Thawed」と記載がある)

さらに、賞味期限の明確な記載がない。
注文する場合は届いたら早めに使いきるか、下ごしらえをする必要がありそうだ。

2時間便で注文

今回は、食品を中心に13商品、42ドルを購入したので、2時間便が無料に。

17:45頃に注文し、最短で選べたのは「19:00~20:00」の1時間便。
ただし、これは別途スピード料金の9.99ドルがかかるという。

2時間便は「20:00~22:00」の時間枠で、こちらは無料。

今回はこれを選択して配達を待つ。
IMG_4243

きちんと2時間以内に到着

実際に届いたのは20:30。

配達員は特にアマゾンの制服などは着ておらず、50代くらいの中国系の男性。
持ってきた紙袋こそアマゾンのロゴ入りだが、それを持参した大きな袋は、IKEAのもの。

アマゾンからのみ仕事を受けているとのこと。

届いた商品をチェック

IMG_4244

荷物は大きな紙袋にばさばさと入れられているので、丁寧な梱包など日本のサービスを期待している人や神経質な人には向かなさそう。

野菜も個別にビニール袋に入れる、などではなく、そのままごろっと入れられており、雑貨と別に分けてあるわけではない。

気になっていた温度帯の違う商品の取り扱いだが、今回は冷凍品がなかったので、温度帯は「常温」と「冷蔵」の2種。
袋もそのように2つに分かれていた。

「冷蔵」の商品に関しては、茶色の紙袋の中に、同じサイズの銀色の保冷袋が入れられ、大きな保冷材2つが底にしかれていた。
すぐにしまうなら冷蔵品に関しては問題はなさそう。

ただ、保冷材も保冷袋もかなりかさばる上に、回収されないので、毎回ごみが出てしまうのは難点。

 

品揃えはまだまだな上に、梱包も雑さが否めないが、なによりも注文してすぐに届くのはさすがのアマゾン。

商品の値段、品質共にスーパーと同じレベルな上、すぐに届けてくれるので、忙しい人や急いでいる場合にはとても便利。

重いものやかさばるものなどをまとめて買ったり、今すぐ欲しいけれど出かけたくない、という時にはぴったりなので、ぜひ2時間サービスが無料のうちに使ってみては?

 

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介