ホーム >  タイ > 支えられて17年。日本食の「竹亭」が歴史に幕!

支えられて17年。日本食の「竹亭」が歴史に幕!

LINEで送る
Pocket

6735

日本食ブームの続くタイでは、日本食レストランの出店ラッシュが後を絶たない。
民間の調査では、その数2000とも3000とも。
近ごろは日本からの出店を凌ぐかのようにタイ資本による新たな展開も始まっており、その動きは地方都市にも広がっている。
こうした中、バンコクのビジネス街で、老舗の人気店が惜しまれながらも17年の歴史に幕を閉じる出来事があった。
店主は「敗北」を素直に受け入れるとして、妻の出身地である中部プラチュワップキーリーカン県で再起を誓う。
その生き様を追った。

写真 2017-08-24 21 44 39

2017年8月25日で閉店したのは、シーロム・ソイ10にあった日本食レストラン「竹亭」。
2000年6月、バックパッカーの聖地カオサンで生まれ、最盛期は2店を展開していた。
シーロム地区に出店してからはオフィス街のタイ人、西洋人、日本人らビジネスマン相手に、フュージョン系の創作寿司や肉料理などを提供。
メニューも大幅に増やし、日本からの出店モデルとして受け止められたこともあった。

店の売り上げが芳しくないと感じ始めたのは、2011年大洪水後の復興景気が止んだころからだった。
仕事帰りのビジネスマンの財布の紐が固くなり、家路へと急ぐ人が増えた。
前後して、以前はなかったお洒落な日本食レストランがシーロムでも目立つようになり、少なくなった顧客はこうした人気店に流れていった。
前国王崩御をきっかけとした景気の冷え込みも響いた。

6727

もちろん模様眺めを続けていたわけではない。
「売り上げが減っているのは、店が提供しているものとお客さんの求めているものに何らかのズレが生じているから」と、顧客ニーズを確かめるための視察を頻繁に重ねた。
他店の良いところは素直に取り入れ、それまでのこだわりも一切捨てた。
店に活気を持たせスタッフを明るく盛り上げようと、店主自らが声を出して接客にも努めた。
可能な限りの改革は進めたつもりだった。

それでも、今年の5月か6月のころになると、継続は極めて難しいと感じるようになった。
折しも、大家から契約更新を見合わせる通知が届いた。
より有利な条件で借りる店子がいたのかもしれない。
「昔のように体力があれば、家賃を上げることで折り合いをつけるなどできたのでしょうが、それができませんでした」と店主の橋本修一さんは静かに話す。

taketei

閉店を決断した夜は、情けなくて自分が嫌になった。
「お父さん、負けちゃったよ」。
眠っている娘のベッドに近づきそう語りかけると、寝ぼけ眼の娘は半分目を開けたまま父親にしがみつき、その胸に思いっきり顔を埋めた。
涙が止めどもなく流れた。

ただ、閉店する決断はできても、間もなく13歳になる一粒種の娘や妻ら家族との暮らしをどうするかの答えが見つからない。
妻と娘をタイの実家に帰し、自分一人で日本にいったん戻って修行と勉強を兼ね飲食店で住み込みの仕事をしようかとも思案した。
だが、健康には自信があるとは言うものの、50歳を越えた自分にいつまでも満足な仕事があるとは到底思えなかった。

写真 2017-08-24 22 07 10

そんなときに支えてくれたのが、いつもは喧嘩ばかりしている妻たち家族だった。
「いいじゃない、貴方は戦った。私のふるさとのプラチュワップキーリーカンで新しいお店を出して、頑張ってみない?」
近年発展しつつあるとはいうものの、同地は日本食空白地域。
チャンスがあるとも考えた。
老いた両親の面倒を見たいという妻の希望も叶えられそうだ。
「ムエタイ戦士」、53歳の決断だった。

8月上旬に閉店の告知をしたところ、反響はバンコクはおろか遠く日本やオーストラリアなどからも寄せられた。
「バックパッカー時代にお世話になりました」
「橋本さんが手書きのチラシを配っていた姿が懐かしい」
「近々、行こうと思っていたのに」…等々。
「応援してくださった皆様には感謝してもしきれません」と橋本さん。
最終日の25日は閉店時間が過ぎているというのに、いつまでも多くの客らで賑わった。

写真 2017-08-24 22 57 51

富士山の麓、山梨県で生まれ、バックパッカー暮らしから始まったタイでの生活も通算28年になった。
来年2月の54回目の誕生日は、バンコクから車で5時間、静かな海辺の街の新店舗で迎える予定でいる。
学校が大好きな娘は当面バンコクに残り、義妹宅から通うことも決まった。
店舗の選定はすでに義弟が交渉を進めてくれている。

「大好きなムエタイで、倒れても起き上がって、また戦えばいいことを学びました。そういう生き様を娘にも見せていきたい。娘と離れるのは寂しいですが、仕入れなどで度々バンコクに出てくることもあり、しばらくは我慢です」と橋本さん。
新たな挑戦が再び始まっている。

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介