ホーム >  シンガポール > シンガポール発のテイクアウトティーブランドLiHO!

シンガポール発のテイクアウトティーブランドLiHO!

LINEで送る
Pocket

暑いシンガポールでなにか飲みたくなった時にお世話になるのが、カフェやテイクアウトのドリンク店。

その中でも最近よく見るテイクアウトドリンクショップの新顔、「LiHO!」について調べてみた。

IMG_4918_R

ライオンマークのこのお店、「LiHO!」を知ったのは、いつものようにマリーナベイサンズの中の台湾茶のお店、「Gong cha」に行こうと思った時。

先週はあったはずのGong chaがない。
そのかわりにあるのは同じドリンクの店、「LiHO!」
メニューを見ると同じようなタピオカ入りのティーも売っている。

場所も同じだし、売っているものも似ているし、ブランド刷新?
ライセンス切れ?と思いながら調べるとこんなことに。

Gong chaがLiHOに

実は、前述のGong chaはロドニー・タン氏によって2009年にシンガポールに紹介された台湾茶のブランド。

日本でも原宿表参道店をはじめ、タピオカミルクティーが人気のお店。
シンガポールには30店舗以上もあったが、今年の6月5日をもって、店舗が全て閉鎖され、LiHO!になったという。

Gong chaがあったところにLiHO!ができていたのはこれが理由。

LiHO!誕生の背景には意外なきっかけが

LiHO!の前身のGong chaの親会社は、台湾のRoyal Tea Taiwan。
Gong chaはその一つのブランド。

シンガポールにGong chaを広めるためにこのRoyal Tea Taiwanとのラインセンス契約を結んでいたタン氏だが、なんとタン氏が知らないうちに、Royal Tea TaiwanはGong cha Koreaに売られてしまっていた。

ライセンス契約の満了にあたって、契約更新を考えていたタン氏はこの事態を知らず、驚いたそう。

だが、これを契機に全くオリジナルのシンガポール発のティーブランドを作ろうと決意し、LiHO!を立ち上げた。

もちろん今までのようにライセンス契約を維持したままでもよかったが、考えていくうちに完全に独自のブランドを作り上げたい、と思うようになったそう。

調達など新たなルートを開拓

LiHO!をはじめるにあたって、茶葉やタピオカ、それ以外の原材料の調達先を一から探すなど、その裏にはなかなかの苦労があったとか。

一見買う側からすると分からないが、茶葉などのサプライヤーも全て刷新したそう。

さらに、店舗の改装費用にも8100万円以上かけたとも。
そして、既存の店舗を全て、Gong chaからLiHO!に変更して再オープンをした。

今後はシンガポールだけでなく、香港、韓国、中国、さらにはアメリカやカナダでの展開を目指していくそう。

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介

G-FACTORYグループは、ASEAN進出を目指す飲食店オーナー、
外国籍人材の採用を検討している飲食店様を全面サポートいたします。