ホーム >  ベトナム > ダナンの中華料理店と言ったら「陳めし」台湾人オーナーインタビュー(Chin Meshi Dragon)

ダナンの中華料理店と言ったら「陳めし」台湾人オーナーインタビュー(Chin Meshi Dragon)

LINEで送る
Pocket

ダナンの人気観光スポット、ハン川に架かる「龍橋」の尾っぽ側から徒歩10分程、ダナン中心街にある中華と日本食の料理店「陳めし」(ちんめし)。
「料理の鉄人」で有名な陳健一氏、坂井宏行氏もダナン旅行の際に訪れた有名店の台湾人オーナー、陳さんにインタビューをさせて頂きました。

IMG_5550

記者:陳さんの簡単な経歴を教えてください。
陳氏:台湾で生まれて4歳で渡日。
服部栄養専門学校を経て目黒雅叙園のキッチンで3年働きました。
その後、台湾の徴兵の為に1年帰国し、
ベトナム・ホーチミンにて2年飲食店のマネージャーとして働きました。
飲食店3店舗の立ち上げの為、ダナンへ渡り、2016年に独立。
ホットドック専門店「Dog Star’s」(ドッグスターズ)を知人とオープンし、2017年中華と日本食のレストラン、「陳めし」(ちんめし)をオープンしました。

記者:ベトナム進出のきっかけは何ですか?
陳氏:台湾の親戚がビンズー省でマッサージ店を経営しており、その手伝いで渡越しました。

記者:何故、中華料理と日本食のお店にしたのですか?
陳氏:専門学校時代から、いつか中華と日本食で独立したいと考えていたからです。

21192002_2030008560564440_7819653797767226510_n

記者:何故この立地を選びましたか?
陳氏:観光のお客様にも気軽に立ち寄ってもらえるよう、人気観光スポットの龍橋近くの立地にしました。
なのでお店の正式名も「Chin Meshi Dragon」と付けました。

記者:営業時間を教えてください
陳氏:ランチは11:00〜14:00、ディナーは17:00〜22:00です。

記者:どの様なお客様がいらっしゃいますか?
陳氏:日本人在住者、観光客のお客様が殆んどです。

記者:客単価はいくらくらいですか?
陳氏:1人あたり400,000VND(約2000円)くらいです。

21192201_2030008553897774_1663564496081498382_n

記者:人気メニューBEST3を教えてください。
四川麻婆豆腐、130,000VND~
山椒などのスパイスがたっぷりで白ご飯が勧む一品です。
mabo-dofu

ハニー黒酢豚、125,000VND〜
女性のお客様に人気の黒酢を使った酢豚です。
kuro-subuta

回鍋肉、125,000VND〜
ビールのお供にもなるちょっぴり辛い回鍋肉です。
hoikourou

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介

G-FACTORYグループは、ASEAN進出を目指す飲食店オーナー、
外国籍人材の採用を検討している飲食店様を全面サポートいたします。