ホーム >  ベトナム > ダナンの“主“と呼ばれる魚屋・日本食店「一寸法師2」オーナーインタビュー

ダナンの“主“と呼ばれる魚屋・日本食店「一寸法師2」オーナーインタビュー

LINEで送る
Pocket

ベトナム在住者であればその名前を知らない人はいない、ダナンの日本食レストラン「一寸法師2」のオーナー瀬戸さん。
現在はベトナム各地から日本へ飛び回りながらダナンの人気日本食店、「一寸法師2」を経営されています。
今回はそんな多忙な瀬戸さんに、インタビューをさせて頂きました。
15073501_938310686313387_4600648012034707681_n

記者:瀬戸さんの簡単な経歴を教えてください。
瀬戸氏:高校を卒業して、18歳の頃から日本の寿司店にて13年間修行をしました。
その後栃木でトラックドライバーを3年した後、デパート等での催事場でたこ焼きやクレープ店を運営していました。
2000年には焼肉店4店舗を経営していましたが、狂牛病の影響で負債を残して倒産しました。
2001年に米軍と自衛隊の国営コックとして硫黄島に駐在し、その後ロンドンへ寿司店の立ち上げの為に1年滞在。
2004年に初めてベトナム・ハノイへ行きました。
翌2005年、ベトナム・ハノイに寿司店の立ち上げの為移住し、2010年に魚の卸会社を設立、2015年にダナンにて会員制の寿司・日本食店「一寸法師」を開業し、その翌年の2016年に会員だけでなく皆様に楽しんで頂ける様、「一寸法師2」をはじめました。

記者:ベトナム進出のきっかけは何ですか?
瀬戸氏:某商社のウニと鮪の調査の為にハノイを訪れました。
ダナンへ移住したきっかけは回遊魚がダナンまで来るからです。
(ハノイ・ホーチミンには来ない)

記者:何故この立地を選びましたか?
瀬戸氏:勘です。
自分の勘で、海沿いがいいと思いました。
IMG_6457

記者:営業時間を教えてください
瀬戸氏:11:00-14:00、17:00-21:50です。
毎週火曜日、ベトナムの祝日、旧正月はお休みです。

記者:どの様なお客様がいらっしゃいますか?
瀬戸氏:ベトナム人40%、韓国人30%、欧米人20%、日本人10%です。
日本人のお客様はハノイ、ホーチミン、シンガポール、バンコク在住の方が多いです。

記者:客単価はいくらくらいですか?
瀬戸氏:150,000VND〜300,000VNDです。

記者:人気メニューBEST3を教えてください。
寿司盛り合わせ(1人前)、350,000VND
ベトナム人のお客様にもとても人気があります。
IMG_1460

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介

G-FACTORYグループは、ASEAN進出を目指す飲食店オーナー、
外国籍人材の採用を検討している飲食店様を全面サポートいたします。