ホーム >  シンガポール > チョンバルマーケットがリニューアルオープン

チョンバルマーケットがリニューアルオープン

LINEで送る
Pocket

おしゃれなカフェがあるなど、シンガポールの代官山とも呼ばれるチョンバル地区。
カフェや本屋も有名だが、シンガポーリアンに一番愛されているのは、チョンバルマーケットという市場。

この市場が今年リニューアルしました。

IMG_4494_R

人気のフードセンターは今年2月に修復とリノベーションのために一度クローズしたのちに、5月末にオープンしている。

実際に新しくなったチョンバルマーケットに行ってみた。

シンガポーリアンも愛する人気のマーケット

チョンバルマーケットは、1951年にリム・リアック・ストリートにオープンしたシンガポールの中でも最も古いホーカーセンター。
当時は建物の屋内と屋外にあったという。

2004年に2年をかけ大規模改修、2006年には3階建ての現在の形に生まれかわり「チョンバルマーケットアンドフードセンター」となった。

環境庁の調査によると、シンガポーリアンが最も好きなホーカーセンターのうちの1つだそう。

IMG_4491_R

IMG_4496_R

1階が市場、いわゆるウェットマーケット。
2階はローカルフードの屋台が集まっている大型のマーケットでマーケットには店舗が259店、ホーカーは83店ある。

全体的に明るくきれいに

壁などもきれいに塗り直され、全体的に白く明るく清潔な印象に。
ホーカーのセクションには元々あった固定式のイスだけでなく、可動式のイスが置かれるようになって車いすの人やベビーカー利用者にもフレンドリーに。
専用の優先テーブルも。

IMG_4483_R

リニューアル後、大型で低速のファン7台、LEDスクリーン6台、LEDライトや可動式の日よけがホーカーには設置され、ライトにはエネルギー効率のよいLEDを使用。

屋根にはソーラーパネルが年内に設置完了予定で、これはシンガポール経済開発庁と住宅開発局によるソーラーノーバプロジェクトの一貫。
これによってセンター内の電力使用のオフセットが可能になるそう。

マーケットは早い時間がおすすめ?!

オープンは早朝の4時ごろから。
特に生鮮品を買えるウェットマーケットが人気。
新鮮な野菜や肉、魚や魚介類などが手に入る。
特に鮮魚を扱うところは午後過ぎには閉店してしまうところもあるので、魚がお目当てなら午前中に行くように。

IMG_4484_R

IMG_4475_R

精肉や鮮魚の屋台のラインアップとしては、ローカルのシンガポーリアン対象なので鶏と豚がメイン。
(リトルインディアでは、お国柄豚はほとんどなく、羊、ヤギなどが多い)

精肉の価格は通常の市場と同じくらいで、ローカルの普通のスーパー(フェアプライスなど)より安いイメージ。
たとえばサーモンのブロック(700グラム程度)で10SGD、豚バラ1キロで13ドルなど。

野菜に関しては全体的に小さめのかごにシンガポールにしては丁寧に盛られたり、ビニール袋に入れられてぶら下がっているのが印象的。
そういう意味ではマーケットの猥雑感はチャイナタウンやリトルインディアよりは少なく、比較的管理された印象。

IMG_4486_R

入ったすぐのところには花屋が数軒あり、デンドロビュームなどの蘭を安く買うことができる。

IMG_4472_R

 

IMG_4471_R

全体的に1階の通路には余裕があり、子供連れやベビーカーでも十分に通れる広さがある。
2階のフードコートも広く清潔な印象なので、マーケット初心者でも楽しめる。

市場を覗いた後は、まわりにたくさんあるおしゃれなカフェやベーカリーでコーヒーを1杯飲んで帰るのもおすすめ。

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介