ホーム >  カンボジア > カンボジア人に人気の繁盛店を大解剖!「Shabu Shabu & Sushi buffet」

カンボジア人に人気の繁盛店を大解剖!「Shabu Shabu & Sushi buffet」

LINEで送る
Pocket

IMG_main_5310

カンボジアで飲食店の出店・集客を考えた時、人口規模を考慮すると、在住外国人だけでなくカンボジア人顧客を狙っていくことは必至の流れと言えます。

しかし、日本でウケるものがそのままカンボジアでウケるとは限りません。

店舗のハード・ソフト面で必要になってくるローカライズ。
そのポイントを検討する上で参考になるのが、カンボジア人に大人気のお店でしょう。

一体何がカンボジアの人々の心をつかんでいるのか?
これからシリーズで、繁盛店の人気の秘密に迫っていきたいと思います。

今回は、プノンペン市内に4店舗、
平日・土日関わらず大盛況の「Shabu Shabu & Sushi buffet」をご紹介します。

タイの成功モデルを丸ごと輸入。
回るしゃぶしゃぶと回らない寿司

“回る食べ物”といえば、寿司。

ではなく、

この店ではなんと、しゃぶしゃぶの具が回ります。

IMG_01_5302

肉のみでなく、野菜から魚介類、練り物、締めの麺まで何でもあり。

IMG_02_5300

IMG_03_5299

IMG_18_5294

いわゆる鍋料理の具がコンベアの上を次々に流れてくる光景は、回転寿司を見慣れた日本人の目にはとても斬新に映るでしょう。

一方で、同じようなシーンに見覚えがある方もいらっしゃるかもしれません。

 

そうです。
こちらのお店、タイで人気の「Shabushi」という回転しゃぶしゃぶ&寿司のチェーン店にそっくりなのです。

寿司は回らないのも同じです。

IMG_11_5285

地理的に隣接するタイとカンボジアは、食文化においても相通じるものがあり、タイの成功例をそのままカンボジアに持ち込み、ヒットしているブランドがいくつかあります。

タイでは“タイスキ”、カンボジアでは“スキスープ”と呼ばれる鍋料理が大人気。

「Shabu Shabu & Sushi buffet」で提供されているしゃぶしゃぶも、実態は“スキスープ”に薄切り肉を入れたものと言えましょう。

“Shabu Shabu”という外来の言葉で新しさを演出しつつも、元々カンボジアで馴染みのある料理をベースにすることで、現地の人々にすんなりと受容されたのだと思われます。

価格はミドルクラスファミリー狙い。
とにかくお腹いっぱい食べられるビュッフェスタイル

さて、実際に店内の様子を見てみましょう。

席は、一組一鍋のボックス型テーブル席のほか、

IMG_06_5313

一人一鍋のカウンター席も選べます。

IMG_05_5308

家族や友人で揃って食事する時間をとても大事にするカンボジアの人々。
カウンター席にも複数人で横並びに座っている光景が見られます。
一人鍋をしている人はあまり多くありません。

席に着いたら、4種類のスープの中から1つ選んでオーダーします。

IMG_07_5273

IMG_09_5280

スープが運ばれてきたら、IHヒーターをオン!鍋を煮立てます。

IMG_10_5307

あとは流れてくる具材の中から好きなものを好きなだけ鍋に投入して頂きましょう。

テーブルに運ばれるタレは甘辛いもの1種類のみですが、こちらの写真のように薬味が豊富に用意されています。
和風ダレはありませんが、好みの味にアレンジ可能です。

IMG_13_5286

しゃぶしゃぶのほか、お寿司やサイドメニューも食べ放題で、アルコール以外のドリンクバーもついています。

IMG_17_5282

IMG_12_5291

これらを全部含め、お値段は一人$9.8。

屋台では一人一食$1.0前後で食べられることを考えると、一般庶民にとっては決して安い価格設定とは言えないでしょう。

メニューから店造りまで。
取っ付きやすさが人気の秘密!?

「Shabu Shabu & Sushi buffet」の成功の秘訣を独自に分析してみると、以下のような点に集約できるかと思います。

1. 分かりやすい日本食レストラン

IMG_04_5289

日本に対して良いイメージを持つカンボジア人は多いですが、日本食がどんなものなのかを知る人はまだあまり多くありません。

しかし「日本食と言えば?」と聞くと、皆口を揃えて“Sushi”と答えるほど、寿司の認知度は高い様子。
店名に“Shabu Shabu”だけでなく“Sushi”という言葉が入っていることで、日本食レストランであることが一目瞭然です。

メインメニューの実態はスキスープでも、手の届く価格で“日本食”を食べられるところがポイントなのではないかと思われます。

この店を訪れた日本人からは「肉が分厚く、これはしゃぶしゃぶではない!」といった厳しい声も聞こえますが、本場の味を知らない人々にとって、正統派であるかどうかはあまり重要ではないのです。

2. 家族連れ大歓迎のファミレス風店内

IMG_14_5305

とにかく子供が多いカンボジア。
日本のように、子連れで入店すると周囲を気にして萎縮しなければいけない雰囲気の飲食店はあまりありません。

それでも、広々とした店内を持ち、4名前後で座れるボックス席がある店舗は、家族連れに重宝されます。

3. 店外まで伝わる楽しさ・賑やかさ

IMG_15_5271

モール内店舗・路面店ともに、食材がグルグルと回り、多くの人々で賑わっている店内の様子を外からよく見ることができます。

流行りに敏感なカンボジアの人達。
「たくさんお客さんが入っているから行ってみよう」という理由で入店する人々が存在する一方、「誰も試していない新しいものを自ら試してみよう」という開拓精神旺盛な人はあまり多くありません。

思わずその場に加わってみたくなるような、楽しい雰囲気が伝わる店舗の造り。
これも成功要因の一つと言えるでしょう。

繁盛店にみる、カンボジア人のハートをとらえるポイント。
これからカンボジア人をターゲットに飲食店出店を検討される方は、ぜひ参考にしてみてください。

————————————————————————

【店舗名】Shabu Shabu & Sushi buffet BKK店
【Facebook Page】https://www.facebook.com/Shabu-Shabu-Sushi-Buffet-Cambodia-1492541164329228/

※取材はSothearos店にて実施。
その他、AEON MALL店、City Mall店がある。

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介