ホーム >  ベトナム > 飲食店の進出形態に関して

飲食店の進出形態に関して

  • 友だち追加

 

ホーチミン 飲食

ベトナムに進出を検討する場合、事前に決定しなければいけない項目の一つとして、出資の形態(進出形態)が非常に重要なポイントとなる。

出資の形態は、大きく3つに分類することができ、その出資形態により、ローカル企業となるのか、外資企業となるのかが異なる。

所謂「ローカル企業」とは、出資者があくまでもベトナム人或いはベトナム企業の名義であり、ライセンス上に外国人或いは外国資本企業の名義が登場しないような形態を示す。
その為、実際の運営を日本人などの外国人が行っていたとしても、出資者の名義がベトナム人の場合、ローカル企業としての取り扱いを受ける。

反対に、外国人或いは外国資本企業が出資者としてライセンス上に名前が掲載される場合、1%でも外国資本が入ることで、多くの状況下において、外国資本企業としての法令が適用され、ローカル企業と比較し、ライセンス取得の段階から運営面に至るまで、厳しい規制が生じることになる。

  • 友だち追加
海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介

G-FACTORYグループは、ASEAN進出を目指す飲食店オーナー、
外国籍人材の採用を検討している飲食店様を全面サポートいたします。