ホーム >  ミャンマー > バガン遺跡で大流行中のボディペインティング屋台はSNS好きがターゲット

バガン遺跡で大流行中のボディペインティング屋台はSNS好きがターゲット

LINEで送る
Pocket

この9月にバガンを訪れて驚いた。
3ヶ月前に訪問したときには1軒もなかったあるサービスが、雨後の竹の子のごとくそこらじゅうに出現していたからだ。
それはボディペインティング屋台。
絵の具で手の甲や腕にタトゥーのような模様を描く店だ。

典型的なボディペインティング屋台の一例
典型的なボディペインティング屋台の一例

次なる世界遺産と目されるバガン遺跡

ミャンマーは豊富な文化・歴史遺産に恵まれながら長く続いた軍事政権がユネスコに非協力的だったこともあり、世界遺産の認定が遅れてきた国だ。
ここ数年の民主化でやっと先進諸国からの支援などを受け、多くの史跡や自然公園が世界遺産認定へ向け動き出している。

その中にあって、ひときわ規模の大きさと高い価値を誇り、世界遺産に最も近いといわれているのがバガンの遺跡群だ。
11世紀から13世紀にかけて建てられたパゴダが、赤茶けた草原に点々と散らばる光景はまさに絶景で、世界中から多くの観光客を集めている。

巨大な遺跡が鎮座するのではなく、無数の仏塔の点在する光景がバガンの売りだ
巨大な遺跡が鎮座するのではなく、無数の仏塔の点在する光景がバガンの売りだ

借景の遺跡+操り人形+パテイン傘

バガンでは遺跡保護の観点から、現在、ホテルやレストランを新たに開くための許可を取得するのが非常に難しい。
しかし屋台を取り締まるのは難しいのか、観光客が集まる遺跡の周りには多くの土産物店が集まる。
そんな中、いきなり出現し、急増したのがボディペインティング屋台だ。
ほとんどが遺跡の見える道路沿いの木陰に立地する。

こちらも同じスタイルの屋台
こちらも同じスタイルの屋台

店のスタイルはどこも似たり寄ったり。
ミャンマーを代表する伝統芸能である操り人形劇の人形をたくさん木から吊るし、これまた代表的伝統工芸品であるパテイン傘をあしらい、その脇に簡素なテーブルと椅子を設置。
インスタやFacebookに熱中する観光客をセッティングで呼び込み、ボディペインティングをすすめようというのだ。
ペインティング後は、さらにその写真をSNSで発信でき、2度おいしいといえる。

ペインティングを施してもらっている女性
ペインティングを施してもらっている女性

設置に元手があまりかからず、技術もさして必要としないボディペインティング屋台。
誰でも手軽にオープンできることが、急速な流行に繋がったといえる。

タトゥー好きのミャンマー人

バガンではやっているボディペインティングは、インドで行われているヘンナタトゥーの模様やバガンの伝統的なタトゥー模様が多い。
女性は前者、男性は後者を好む人が多いという。
ただし、いったん描くと1週間ほどは消えないヘンナ染料ではなく、洗えば落ちる水性塗料を使う。
料金は模様の手間によるが、片手の甲一面に描いて2000チャット(約160円)前後からとなっている。

実はミャンマーには伝統的に、男性がタトゥーを入れる習慣がある。
勇気や男気を表すツールとしてのほか、魔除けの意図が大きい。
特に兵士たちの多くが両方の意味をこめてタトゥーを彫り込んでいた。
ネガティブなイメージはあまりなく、パゴダ境内内に立つ像にも、太ももにタトゥーを入れたものが多いほどだ。

バガンのマヌーハ寺院にある信者の像。太ももの模様がタトゥーだ
バガンのマヌーハ寺院にある信者の像。太ももの模様がタトゥーだ

一過性の流行で終わる可能性も

ボディペインティング屋台の流行について、現地の人たちはどう思っているのだろうか。
遺跡保護にかかわる人たちは一様に渋い反応だ。
「2、3軒のうちはよかったが、このまま増え続けたら景観を損ねる」というのだ。

「何らかの規制が必要」という意見も多く、2020年までの世界遺産登録を目指す政府としても何らかの規制に乗り出す可能性が高そうだ。
規制がかかって一過性の流行に終わるのか、それとも形を変えることで生き残るのか。
日本人観光客にも楽しめるアトラクションなだけに、成り行きが注目される。

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介