ホーム >  カンボジア > カンボジア人に人気の繁盛店を大解剖!「Café Amazon」

カンボジア人に人気の繁盛店を大解剖!「Café Amazon」

LINEで送る
Pocket

IMG_01_5406

カンボジアでの飲食店出店やローカライズのヒントとするため、繁盛店の秘密を紐解くシリーズ。

今回は、短期間に破竹の勢いで多店舗展開を図り、カンボジア人若年層の圧倒的な支持を集めるようになった「Café Amazon」をご紹介します。

1年間で約30店舗増!都市部への集中出店で一気に認知を拡大

IMG_03_5423

タイの石油公社であるPTTが展開する「Café Amazon」。

タイ国内外に1,500店舗以上を有し、今年で15周年を迎える歴史あるブランドですが、カンボジアに上陸したのは2013年のことです。

当初、カンボジア国内ではPTTの子会社であるPTT Cambodiaが直営店を運営していました。
ところが、2016年に同社がマスターフランチャイズ権を取得。
以後、カンボジアにおける「Café Amazon」の展開を掌握し、フランチャイジーを募りながら店舗数を急速に増やしています。

以前の「Café Amazon」は、PTT系列のガソリンスタンドに併設する小型店がメインでしたが、2016年からはプノンペン市内中心部の主要道路に大型路面店が続々オープン。

2016年8月にはカンボジア全土に14店舗しかなかったのが、現在では43店舗。
そのうち、首都プノンペンに35店舗という圧倒的な店舗数を誇るまでに急増しています。
(「Café Amazon Cambodia」 Facebookページより)。

一気に店舗数を増やすことでブランドの認知度を上げ、カンボジア中でAmazon旋風を巻き起こすほどの勢い。
今もっとも注目を浴びているカフェと言えましょう。

「Amazon寄ってく?」が若者の合言葉に!?

IMG_05_5427

「Café Amazon」といえば、コーヒーの名産地であるブラジルの熱帯雨林をコンセプトにした、緑いっぱいの内装がトレードマーク。

足繁く「Café Amazon」に通っているという20代のカンボジア人男性にお気に入りの理由を聞くと、“お洒落で居心地がよいから”という答えが真っ先に返ってきました。

親しい友人達とふらっと出かけられるような商業施設やレジャー施設が多くないプノンペン。

市内中心部では、3〜4年程前から国内外のお洒落なカフェブランドの出店が相次ぎ、一躍カフェブームに沸いた影響もあり、今やカフェが貴重な溜まり場となっています。

プノンペンの若者達にとって、カフェはただコーヒーを飲む場所ではなく、友達と談笑したり、勉強したり、スマートフォンをいじったりして寛ぐ場所になってきているのです。

IMG_04_5421

中でも、カジュアルでスタイリッシュな「Café Amazon」の雰囲気は、大学生や20代の若者の心をがっちりとつかんでいる様子。

「Café Amazon」に行くこと自体がお洒落でカッコイイと感じる人達も少なくないようです。

カフェ激戦にも悠々と。「Café Amazon」の独自ポジションとは?

IMG_02_5409

ところで、「Café Amazon」が多店舗展開に力を入れ始めた2016年。

時を同じくして、世界の「STARBUCKS COFFEE」も攻勢をかけ始めていました。

2015年末にプノンペン国際空港内にオープンしたカンボジア1号店に続き、2016年にはプノンペン市内で立て続けに3店舗をオープンしています。

さらに同市では、地元資本の「BROWN Coffee and Bakery」が「STARBUCKS COFFEE」参入以前からチェーン展開し、既に強固なブランドを確立していたこともあり、「Café Amazon」の多店舗展開による競争激化に注目が集まっていました。

IMG_09_5426

実際、カフェが密集するボンケンコンエリアでは、「BROWN Coffee and Bakery」の至近距離に「STARBUCKS COFFEE」と「Café Amazon」がそれぞれ出店し、まさに熾烈な競争が予想されるような状況となっていました。

しかし現状では、顧客を奪い合うこともなく、3ブランド共にうまく共存中。
それぞれのメイン顧客層は、以下のようにばらけているように見えます。

「Café Amazon」: 大学生や20代を中心とした、とにかく流行りに乗りたいカンボジア人若年層

「BROWN Coffee and Bakery」: 20~40代位までの比較的幅広い層のカンボジア人学生やビジネスマン

「STARBUCKS COFFEE」: 一度は世界のブランドを試してみたいカンボジア人若年層、海外志向のミドルクラスカンボジア人、本格派コーヒーを楽しみたい外国人

 

「Café Amazon」が特に若い層を惹きつけている理由の一つに、リーズナブルなドリンクの価格があるのではないかと思われます。

カンボジア人が大好きなアイスカフェラテの値段を比較してみると、以下のように「Café Amazon」が最安値となっています。

「Café Amazon」: $2.15

「BROWN Coffee and Bakery」: $2.65

「STARBUCKS COFFEE」: $2.95

※いずれも最小サイズにて比較

さらに、「Café Amazon」のアイスカフェラテはワンサイズで、「STARBUCKS COFFEE」でいうVenti程度の特大サイズとなっており、お得感があります。

IMG_07_5445

若い人々が「自分達向け」と思えるようなスタイリッシュな空間と価格設定。

IMG_08_5425

競合カフェと上手く住み分けができている要因は、このような点にあるのではないでしょうか。

カンボジアのカフェ市場で確固たるポジションを築きつつある「Café Amazon」。

ここに集う人々の服装や行動を観察するだけでも、流行に敏感なカンボジア人の若者達のニーズが垣間見えてくるかもしれません。

————————————————————————
Café Amazon Cambodia

【Facebook Page】
https://www.facebook.com/CafeAmazonCambodia/

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介