ホーム >  タイ > 新店情報 アストロプロダクツ

新店情報 アストロプロダクツ

LINEで送る
Pocket

日本で自動車、バイク、自転車の整備工具や工具箱、ジャッキなど、日本最大級の工具専門チェーンアストロプロダクツを展開している株式会社ワールドツール(本社:埼玉県深谷市、代表取締役 中島勉)は、2016年3月30日、海外店舗1号店をタイ、バンコク北東の郊外にあるラマイントラ・ナワミン地区にオープンした。

アストロプロダクツ外観

1988年アメリカのブランド工具の代理店として創業した中島代表は、アメリカの展示会やホームセンターを廻るうちに、工具のユニークさやバラエティの豊かさ、実用性に感動し、1995年に埼玉県深谷市にアストロプロダクツの1号店を開業した。

アストロプロダクツ オープン日

1号店のオープンから20年が経ち、自社で企画、設計、管理の元、アメリカや中国、台湾などの提携工場で製造、アストロプロダクツブランドの製品は低価格で高品質との評価を受け、日本国内では自動車ディーラーや自動車パーツチェーンのピット工具の指定商品となっている。現在では全国で140店舗展開する日本最大の工具チェーンへと成長した。2015年の年商は70億円を超えている。

アストロプロダクツ店内

海外1号店をタイにした理由は、タイは東南アジアのデトロイトと言われるなど自動車産業が盛んな中で、新車販売に占める日本車比率が8割を超えるなど、アストロプロダクツの商品との親和性が高く、また、自動車を取り巻く文化や環境が、日本でアストロプロダクツを開業し成長した20年前に非常に似ていると判断したことである。

アストロプロダクツ店内

1号店の地に選んだラマイントラ・ナワミン地区は、バンコクの中でも自動車ディーラー、バイクディーラー、中古車センター、パーツショップ、タイヤショップから個人の整備工場まで密集しているエリアで、日系チェーン店でも車買取のガリバーや中古パーツのアップガレージが進出している。

アストロプロダクツ店内

アストロプロダクツは、ナワミン通りに面した既にガリバーが出店しているNAVAパーク内に、株式会社G7ホールディングス(代表取締役会長 木下守 東証一部 証券コード7508)の海外事業統括会社であるG7 INTERNATIONAL PTE.LTD.などがオープンするバイク用品専門店「バイクワールド」と共同出店を決めた。

バイクワールドとアストロプロダクツ

約80坪の店内には、日本からの他、中国などの提携工場から直接輸出するなどした約3000品目の工具などの商品を揃え、日本と同価格を実現した。

当面、日本から輸送をするコストや税を考えると、日本と同価格にすることは厳しいものがあったが、既に整備工場の一部ではタイ人バイヤーが日本のアストロプロダクツで買い付けてきた並行輸入商品が使われるなど、低価格で高品質という好イメージが浸透していることもあり、早期に多店舗展開することで日本からではなく生産国から輸出量を増やし、仕入れコストを下げることを目標に価格を据え置いた。

アストロプロダクツ店内

その結果、3月30日にオープンしたが、来店客の中にはスマートフォンを片手に日本のWEBサイトの価格を確かめながら、日本と変わらない価格に安心して購入する姿も見られるなど、連日多くのタイ人客で溢れている。またオープン初日には業界の注目度の高さから車やバイク関連の雑誌社を中心に約15社が集まった。

タイのマスコミのインタビューに答える中島社長

中島代表は2016年中にあと1~2店舗はバンコク都内にオープンさせたいとしている。

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介