ホーム >  シンガポール > しゃぶしゃぶ食べ放題の大繁盛店「東屋」、 富裕層のインドネシア人にも人気急上昇!

しゃぶしゃぶ食べ放題の大繁盛店「東屋」、 富裕層のインドネシア人にも人気急上昇!

LINEで送る
Pocket

鹿児島牛を一頭買いし、仕入れコストを削減することで、日本産A5和牛のしゃぶしゃぶ食べ放題をプロモーション価格として半額の65 シンガポールドル(約5100 円)、豚肉のしゃぶしゃぶ食べ放題を1人24 シンガポールドル(約1900 円)から提供。鹿児島の黒毛和牛の最高級A5等級を一頭買いし、リーズナブルに提供するしゃぶしゃぶ食べ放題の店として知られる「東屋(Azumaya)」がシンガポールの繁華街ロバートソンキーに1号店を開業して、3年が過ぎました。

ロバートソンキーはシンガポール川沿いのナイトスポットの一角で、洗練された各国料理のレストランがひしめき合う激戦区。実はこの東屋の1号店は、このビルの飲食店街の中で売上高ナンバーワンを誇っているのだといいます。

IMG_2689

東屋は、ロバートソンキーの他に、繁華街オーチャード、金融街のフードコートにも出店し、店舗数を着実に広げています。和牛の仕入れ価格が高騰していますが「お客様の要望にはできる限り応えられる店であり続けたい」と全体の事業を統括しながら、1号店の店長を兼務する増井涼太さん。今日も現場の最前線に立つ名物店長に、原点である1号店の現状をお話いただきました。

増井涼太さん
増井涼太さん

ー開業からずっと右肩上がりですか。

いえいえ。1年目の売上は絶好調でしたが、2年目には激減してしまいました。2年目には店の前の川沿いの通路の工事が8カ月ぐらい続いて、人の流れが止まってしまったんです。具体的な数字を言うのは控えますけど、1年目の数値を100としたら、2年目は70になってしまったという感じで。「うちは良いモノを安く提供しているから、お客さんが来てくれるだろう」と、あぐらをかいていたことに気がつきました。3年目となった今では、お客様の満足度を高めて店の経営を安定させることに重点を置いています。

—具体的にはどんなことを実践していますか。

実際に店で定期的にしゃぶしゃぶを食べて、お客様の視点、目線で思考するようにしています。薬味の数を豊富に増やしてバイキング形式でお客様ご自身が好きなものを好きなだけ選んで取って頂けるようにしていますし、締めに日本の味のカレーを無料で自由に食べていただけるようにして、お客様の選択肢を広げ、楽しい食事体験をご提供するように心がけています。日本でもこのような手法で、不採算店を繁盛店にした経験があります。先日から野菜のおかわりをお客様が自由に取りに行って選べるように、野菜の鮮度を保てる冷蔵システム機を導入しました。このように野菜やアイスクリームなどデザートの種類を増やして欲しい、といった声にも応えていきたいですし、日本人以外のお客様にも、しゃぶしゃぶの美味しい食べ方を簡単に理解してもらえるような説明型のチラシなどを作成しなければならないと考えています。

—客層の比率は。日本人が多いのでしょうか。

半々ですね。平日は特に、シンガポール人のお客様が多いですよ。豚肉と牛肉のしゃぶしゃぶの注文比率は3対7ぐらいですかね。来客数は1日あたりで平日は100人。金〜日の週末は150人ほどで推移しています。1日で250人に上る日もありますよ。

—売上は好調でしょうか。

具体的な売上高は非公開にさせていただきますが、確実に1年目より上がっています。平均単価も1年目は40シンガポールドル(約3100円)だったのが、今は50シンガポールドル(約3900円)に上昇しています。日本人に比べてシンガポール人はお酒を頼まない人が多いんですが、ソフトドリンクをご注文いただけたり、価格が高いお肉のセットを頼んでいただけるようになったりしています。

それに、この半年でインドネシア人のお客様が急増したことも、ユニークな傾向と言えます。富裕層の子女などがシンガポールに留学していて、両親がシンガポールに遊びにきた時、ファミリーで会食しに来る際に当店を選んでくれているようなのです。シンガポールの大学に留学しているインドネシア人女子大生が、うちの店を気に入ってくれたのがきっかけで、シンガポールに住むインドネシア人のコミュニティーに口コミで広めてくれたようなのです。インドネシア人のみなさんは日本人のようにお酒を飲みながら食事をするという習慣があまりないようで、とにかくよく食べますから「日本産和牛食べ放題」の業態を喜んでいただいている様子です。一番高級な和牛を注文する傾向が強いので、客単価は平均単価の倍以上になっています。

ー外国人の雇用抑制策などで、シンガポールのサービス業界では人材不足が叫ばれています。

スタッフを雇用するのが本当に大変ですね。日本で人材育成をしていた時と同じように厳しく教育をすると、スタッフはすぐに辞めてしまいます。「やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやらねば、人は動かじ」。山本五十六さんの名言をいつも自分自身に言い聞かせています。ここのところ、ようやく従業員が定着してきたんですよ。

 

増井涼太さんプロフィール

工務店で修行し自分の会社を経営した後、大手中古車販売会社のトップセールスマンから飲食業界に転職。もつ鍋業態の「木村屋本店」などを日本で多店舗展開するKIDS(キッズ)に入社し、不採算店舗を地域トップの大繁盛店に躍進させた手腕が買われ、同社が出資したシンガポールの会社に出向。シンガポールの事業を立ち上げから任されている。増井さんの一番の趣味は外食することで、2000シンガポールドル(約15万円)以上を1カ月に費やす根っからの外食好き。日本食を好み「ラーメン屋さんなんかは、しょっちゅうランチしに行きますね。シンガポールには居酒屋、そば、うどん、焼肉など日本食レストランが豊富なので、いろいろな店に行っています」といい、週に一回の休日も「常に外食しています」。シンガポールに来てから今に至るまで日本に一度も帰省していないというほど、シンガポールで外食事業に熱中している。

IMG_2685

店舗情報

店名  「東屋 ロバートソンキー店」

住所  30 Robertson Quay #01-12/13 Singapore 238251

電話   +65−6737−6863

営業時間

日〜木 午後5時〜午前1時 (ラストオーダー 午前0時)

金、土 午後5時〜午前4時 (ラストオーダー 午前3時)

 

 

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介