ホーム >  ミャンマー > 【ミャンマー】インレー湖にミャンマーお洒落化の波。その名も「田んぼカフェ」はフランス人が経営参加

【ミャンマー】インレー湖にミャンマーお洒落化の波。その名も「田んぼカフェ」はフランス人が経営参加

LINEで送る
Pocket

怒涛の勢いで民主化が進むミャンマー。
ここ数年でヤンゴンには、欧米人が経営に加わったハイセンスなカフェやバーが次々とオープンした。
ここにきて、その波は地方へも波及しつつある。

ミャンマーの観光地として名高い都市は4つ。
最大都市ヤンゴン、第2の都市にして古都のマンダレー、遺跡の町バガン、避暑地インレー湖だ。
日本をはじめ、ほとんどの旅行会社が主催するパッケージツアーはこの4ヶ所の組み合わせとなる。

これまで各旅行会社を悩ませてきたのは、ヤンゴンを除く地方都市にはホテル以外に高級といえるレベルの飲食店がほとんどなかったことだ。
それが観光客の増加に従い、その様相が変わってきた。
なかでもここ半年ほどで突出して“お洒落化”が進んだのがインレー湖だ。

インレー湖へ行くならぜひ滞在したい水上コテージ
インレー湖へ行くならぜひ滞在したい水上コテージ

注目度№1は田んぼの真ん中に建つエコカフェ

インレー湖観光の拠点となるニャウンシュエには、ここ半年ほどで一気にお洒落なレストランやカフェ、バーが増えた。
こちらは人気のバーのアジアティコ。
ニャウンシュエの中心部にある。

ASIATICO 住所:1122 Nyaung Shwe Museum Rd., Nyaung Shwe Tsp., Shan State 電話:09-4520-96741 営業時間:11:00~23:00 URL:https://www.pub-asiatico.asia/
ASIATICO
住所:1122 Nyaung Shwe Museum Rd., Nyaung Shwe Tsp., Shan State
電話:09-4520-96741
営業時間:11:00~23:00
URL:https://www.pub-asiatico.asia/

さらにこの9月のオープン以来、注目を浴びているのが「ラ・リジエール(フランス語で「田んぼ」の意味)」だ。
ニャウンシュエ中心部から車で10分ほど。郊外の田んぼの中という一風変わった場所に建っており、周囲には文字通り田んぼしかない。

La Rizière 住所:Near Kanu village, Nyaung Shwe Tsp., Shan State 電話:09-7872-30306 営業時間:9:30~18:00(要予約でディナーリクエストにも対応可能) URL:https://www.facebook.com/Burmeseandasianrestaurant/?ref=br_rs
La Rizière
住所:Near Kanu village, Nyaung Shwe Tsp., Shan State
電話:09-7872-30306
営業時間:9:30~18:00(要予約でディナーリクエストにも対応可能)
URL:https://www.facebook.com/Burmeseandasianrestaurant/?ref=br_rs

オーナーは、タイやドバイで外国暮らしを経験して戻ってきたミョーミントゥーさん。
ヤンゴンっ子でインレー湖には親戚や友人もいなかったが、旅行で訪れて気に入り、ここに店を出したいと思うようになったとか。
そのタイミングで、ニャウンシュエでブティックホテルを成功させたフランス人と意気投合。
飲食店のアイディアを語り合ううち、あえてカントリーサイドに自然を楽しめるカフェを作ろうということになったそうだ。

オーナーのミョーミントゥーさん
オーナーのミョーミントゥーさん

「周辺をあちこちリサーチした末にめぐり合ったこの田んぼにひと目惚れ。コンセプトにもぴったりと決めました。ニャウンシュエから遠過ぎず、湖の周回道路沿いにあり、サイクリングを楽しむ人たちも入りやすいというのも気に入りました」とミョーミントゥーさん。

メニューには、欧米人にも食べやすいよう脂分を控えめにしたヘルシーなアジア料理が並ぶ。
竹で作ったやぐら状の2階建てダイニングに、オープンキッチンを囲むカウンター席を併せても40~50席ほどと小ぢんまりしており、周囲に広がるのはただただ田んぼ。
トイレも田んぼの中に設えてあり、竹製の跳ね橋で渡るユニークな造りになっている。

インレー湖の飲食店が進化する理由

インレー湖はミャンマー東部のシャン州南部に位置する南北約18km、東西約5kmの細長い湖だ。
ヤンゴンからは飛行機で約1時間強。
標高884mという立地ゆえ比較的冷涼な気候で、昔から避暑地として在住外国人やミャンマー人セレブたちの人気を集めてきた。
水上コテージを擁するリゾートホテルが多く、ボートでレセプションへ乗り付けてチェックインし、水上パゴダや少数民族が多数集う朝市といった観光ポイントもボートで巡るスタイルが一般的だ。

インレー湖観光のハイライト、朝市
インレー湖観光のハイライト、朝市

このインレー湖でこれほど急速なお洒落化が進んだ要因のひとつは、フランス人観光客の多さにある。
フランスでは2010年代前半からミャンマー旅行ブームが続いている。
2016年にミャンマーへ訪れた観光客の国別ランキングでもフランスは6位。
地理的に遠いヨーロッパだけで見ると、11位につけるドイツに比べて特に突出した数の観光客がやってきている。
豊かな自然を堪能するリゾート型滞在を好むフランス人にインレー湖は人気が高く、高級ホテルの中にはフランス人客が半数近くを占め、マネージャー職などにフランス人を雇っているところもあるほどだ。

観光客が多ければ、おのずとこの地でホテルや飲食店を始めようという人も出てくる。
それがここ半年ほどの急激な変化に繋がったのだろう。
上で紹介したアジアティコもラ・リジエールも、フランス人が経営ないしは共同経営者に名を連ねている。

次はバガン、そして他の都市へも

次なるお洒落化の波は、順当にいけばバガンだろう。
すでに昨年、ヤンゴンで人気を博す人気イタリアンレストランがバガンに支店を出した。
今後さらに、こうした動きは他の都市へも広がっていくに違いない。

 

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介