ホーム >  シンガポール > 【シンガポール】ASEAN最大の日本フードショーレポート

【シンガポール】ASEAN最大の日本フードショーレポート

LINEで送る
Pocket

2017年10月26日から28日まで、ASEAN最大の日本食のフードショー、
FOOD JAPAN 2017が開催された。

日本全国から300近い事業所が出店し、日本食の製品を紹介する一大イベント。

26日、27日は業界関係者のみだが、一般公開日の28日にその様子を探りに行った。

 

 業界関係者だけでなく幅広い客層

今年の会場はSuntec Singapore Convention & Exhibition Centreの4階。
昨年度は約1.1万人以上が訪れたというFOOD JAPANは今年も大盛況。
11時にはかなりの人。

IMG_7597_R

一般の場合は入場料4SGD(約320円)を払って中へ。
会場内にはブースが設置され、試食やその場での商品の販売が行われている。

IMG_7599_R

輸出入業者、卸小売業、ホテルやレストランなどの業界関係者がターゲットだが、一般参加も可能な日とあり、小さい子供と一緒のファミリーや駐在と思われる日本人家族、若いシンガポーリアンのカップルなど幅広い年齢の人が参加。
日本人よりもシンガポーリアンが圧倒的に多い印象だった。

この最終日は、一般消費者への直接的なマーケティングの場ともあり、各ブース自社の製品の売り込みに熱が入っていた。

今年のテーマは「機能性食品」、「シニア向け」

シンガポールでは近年糖尿病患者が増加中で、社会的にも問題になりつつある。
先進国の中でも糖尿病の患者数が多く、米国についで2位。
このままでは2020年までに67万人、2050年には100万人に達する見込み。

今回の会場では、グルテンフリー食品や肉製品を使わない大豆性食品、味噌や甘酒などの発酵食品が目を引いた。
各ブースも「Vegetarian」、「Healthy」などをポップに記載してヘルシーさをアピール。

今回は多数の展示の中から注目のものをピックアップ。

今後の展開が楽しみなハラールカレー

日本ではおなじみのハウスのカレールーだが、こちらはハラール対応。
インドネシアに昨年の8月に工場を新設してハラール認証を受けたそう。
現在はまだシンガポールでは販売していないが、まずは卸向けからスタートするという。

IMG_7646_R

卸用のため968グラムのルー。
これで約50人前ができる。
その他にも冷凍の1キロのパウチタイプもあり。
これは温めるだけで使用可能。

シンガポールのみならずアジアではハラール認証マークを見かけることが多い。
地元のホーカーや、フードコートでも大きく緑色のシールがはられていたり、トレイや食器の回収がハラールとノンハラールで返却場所が分けられているくらいなので、かなりの需要が見込めると言えよう。

料理をワンランクアップさせるフレーバーソルト

おそらく家庭に1つはあったであろう、赤いキャップの食卓塩を販売する日本製塩は今回が初出店。

IMG_7704_R

特に力を入れていたのが「伊太利塩」や、「梅塩」、「柚子塩」などバラエティー豊かなフレーバーソルト。

IMG_7711_R

日本でもまだ取り扱いは少ないので自社サイトでの販売を中心に展開しているが、その味に定評があり、「柚子塩」などはレストランのシェフにも愛用されているという。
今後はシンガポールのレストランや日本食を取り扱うスーパーなどへの販路拡大を狙うそう。

人気の「伊太利塩(イタリアン)」はバジル、ガーリック、オレガノ、パプリカ、クミンをブレンドし、さらに酵母エキスを加えている。
完全無添加でありながら、なににでもマッチする味わい深さはこのイースト酵母を使ったエキスがポイント、とおいしさの秘密を教えてくれた。

フィッシュナゲットが人気

今回ブースをまわる中でよく見たのが「フィッシュナゲット」。
普通のチキンナゲットのような見かけだが実際は魚を使っている。

IMG_7620_R

ツナなど使用している魚は様々だが、「肉不使用」なこととヘルシーさ、さらにレンジであたためるだけの手軽さを売りにしていた。

実際食べたところ、言われなければ魚だと気づかないくらいで食べ応えもあり満足感のある一品。

シンガポールでも卵かけごはんが食べられる

シンガポールで売られている卵は鮮度が気になるので加熱してからでないと食べられない、という人へ朗報。

IMG_7642_R

「トレたま」と名付けられたこの卵は生で食べられるのが売り。
生卵や温泉卵としても食べられるのは、日本から空輸されて3日後には店頭に並ぶそのスピードゆえ。

「Training Egg」とはトレーニングしている人向け、という意味ではなく、トレーニングするように走り回れる環境で育てられた卵、という意味。
広々としたケージの中で健康的に育てられていると担当者が説明。
現在はリャンコートの明治屋で販売されているそう。

 

IMG_7683_R

削り節のようにうすく削ったかまぼこ。
そのままごはんに乗せたり、サラダのトッピングなどに。

IMG_7669_R

巻き寿司ができる機械。
表巻きも裏巻きも瞬時にできあがる。

IMG_7653_R

一番売れていたのがこのチーズ。
スモークチーズやデザートチーズがシンガポーリアンに大人気。

日本食好きなら誰でも楽しめるイベント

入場料を払えば気軽に参加でき、ブースでの試食や新商品の購入までできるこのフードショーは、日本食に興味ある人なら非常に楽しむことのできるイベント。

野菜やフルーツなどの生鮮食料品、加工品、日本酒やジュース、キッチンツールや焼き物、食品サンプルまで幅広い商品が紹介されていた。

英語のできるアテンダントが試食や説明を行っているブースもあったが、担当者・アテンダントが日本語オンリーあるいは、せっかくの商品説明や表記が日本語のみ、というブースもまだまだ多くあったのは残念であった。

海外における日本の食への関心はとても高く、こういったフードショーは日本をアピールする大きなチャンス。
また、せっかくシンガポーリアンの消費者の声を直接聞くことのできる場なので、せめて商品名と簡単な説明は英語で書いてアピールしてほしいところ。

FOOD JAPAN 2017
Suntec Singapore Convention & Exhibition Centre 4F
03-6257-3892
sales@oishii-japan.co,jp
Website: http://www.oishii-world.com
Facebook: http://www.facebook.com/FoodJapanSg/

 

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介