ホーム >  タイ > 注目店舗 麺屋武一 バンコク K-VILLAGE店

注目店舗 麺屋武一 バンコク K-VILLAGE店

LINEで送る
Pocket

ラーメン大激戦区と言われるバンコクにまた新たなラーメン店が日本から参入した。 日本では鶏白湯ラーメンの火付け役になり、新橋や秋葉原で行列の絶えない麵屋武一である。

3月28日にバンコク中心部のモールK-VILLAGEに2階に112SQM(約33.8坪)のスペースに席数55席のスケールでタイ1号店をオープンした。

麺屋武一の人気メニュー鶏白湯醤油ラーメン
麺屋武一の人気メニュー鶏白湯醤油ラーメン

株式会社テイクユー(大澤武代表)は2012年に新橋で麺屋武一を創業、すぐに鶏白湯ラーメンブームの火付け役として話題となり、国内で4年間に40店(FC・支援先含む)と店舗数を拡げたが、創業前、情報機器メーカーの営業として海外を廻っていた大澤代表にとって早い段階から海外進出を考えていた。

麺屋武一 新橋本店
麺屋武一 新橋本店

2013年からアメリカ、ヨーロッパ、東南アジアなどを廻り、2014年からラーメン市場が成熟しているバンコクで直営店の物件を探しはじめた。以降、何度か物件を見にバンコクを訪れたがなかなか条件に合ったいい物件に巡り会うことが出来ず、約一年が経過した2015年9月になりK-VILLAGEの居抜き物件が舞いこんだ。

K-VILLAGEは2010年3月にバンコク中心部のスクンビット通りソイ26から入ったラマ4通りにほど近いエリアにオープンしたショッピングモール。周辺には高級コンドが立ち並ぶ富裕層が多く住むエリアである。日系チェーンでは大戸屋やCoCo壱番屋、リンガーハット、しゃぶしゃぶのかごのや、沖縄で人気の居酒屋目利きの銀次が出店している他、今ではタイで51店舗を展開するに至っているWine Connectionのタイ1号店が出店している。大澤代表は現地エージェントからの連絡を受け、すぐに渡タイし条件を詰めK-VILLAGEへの出店を決定した。

■K-Village Bangkokのウエブサイト
http://www.kvillagebangkok.com/

ほぼ同時期に、シンガポールのサンテックシティモールでのフランチャイズ出店の話が持ち上がり出店を決定。こちらはバンコクよりも早く2016年1月にオープンした。

ガッツリ鶏白湯ラーメン
ガッツリ鶏白湯ラーメン

オープン当初は閑散とした日が続いたが、ラーメンの美味しさと共に、「鶏コラーゲン」やマレー系の住民も多い中で「No Pork No Lard」といったキーワードも含めて、ブログやウエブメディアで話題となり、2週間後くらいから行列が出来きはじめ、1カ月目には30メートルの行列が出来るようになった。4カ月が経った今でも行列の絶えない話題の店となっている。

シンガポールサンテックシティ店では30メートルに及ぶ行列が。
シンガポールサンテックシティ店では30メートルに及ぶ行列が。

■サンテックシティシンガポールのウエブサイト
http://sunteccity.com.sg/

バンコクでは、物件契約からオープンまでの約半年間、大澤代表自ら毎月バンコク入りし準備を進めた。

ラーメン大激戦区バンコクにおいて、日本人のお客様だけではなく、タイ人のお客様にしっかり来ていただける店にしたいと考え、辛いものが大好きなタイ人の味覚にあわせて辛・鶏白湯ラーメンの辛味のレベルを5段階設けたり、ファミリー客が多いという事情にあわせてキッズプレートを用意、また、から揚げ、鶏天むすやつくね丼などといった従来の日本のメニューに加えて、高級寿司店でも提供されるアトランティックサーモンを丸ごと仕入れて、サーモン刺身、サーモンロール、サーモンサラダなどメニューの対策を立てた。

辛・鶏白湯ラーメンは辛味レベルを5段階にしている。
辛・鶏白湯ラーメンは辛味レベルを5段階にしている。

 

タイ人の大好きなサーモン。高級寿司店でも使われるサーモンを仕入るこだわりをみせる。
タイ人の大好きなサーモン。高級寿司店でも使われるサーモンを仕入るこだわりをみせる。
ファミリー客が多いというタイの事情に合わせて投入したキッズプレート
ファミリー客が多いというタイの事情に合わせて投入したキッズプレート

販促面ではタイ人向けに2カ月前からFacebookページを立ち上げ、美容の意識が高く、コラーゲン大好きなタイ人女性を意識したニュースリリースを展開し、現在では約14,000人近くのLikesを集めているが、58%が女性で、うち18歳~24歳の女性29%とラーメン店にしては女性比率が突出している。日本人向けにはWeekly Wiseなどのローカル日本語メディアへ広告展開をした。

■麺屋武一タイランドのFacebookページ
https://www.facebook.com/takeichithai/

タイでは遅れがちな内外装工事も順調に進み、当初の計画通り3月28日にオープンした。オープン日には多くのタイ人客が訪れ、麵屋武一の「コラーゲンたっぷりの美味しい鶏白湯ラーメン」とタイ人の間でたちまち話題となり、シンガポール同様に人気ブロガーやWEBメディアの取材が相次ぐほか、TV局3チャンネルの名物キャスターのリード氏の番組“アロイラッド・カプクンリード”の取材が入り、取材で麺屋武一の鶏白湯ラーメンを気に入ったリード氏が、すぐに東京の麺屋武一を訪問するなど話題の店となっており、オープンから1カ月半が経過した現在でも売上は伸び続けている。タイ人比率も65~70%と高く、特に週末はタイ人の女性の比率が高い。

麺屋武一大澤代表とリード氏
麺屋武一大澤代表とリード氏

■タイ3チャンネルの名物キャスター リード氏のInstagram
https://www.instagram.com/khunreed/

また、大手ショッピングモールなどからの出店オファーも相次いで受けており、大澤代表は年内にもう1店舗バンコクに出店したいと検討を進めている一方で、日本人以上に熱しやすく冷めやすいと言われるタイ人の来客がいつまでも続かずK-VILLAGE店の売上も徐々に落ちていくだろうと考え、2か月目から通勤帰りの日本人が立ち寄るエリアという地域の特性上、夜間帯の居酒屋メニューやアルコールを充実させるなど対策に余念がない。

麺屋武一の今後の展開に注目していきたい。

■店舗情報

麺屋武一 バンコクK-VILLAGE店
麺屋武一 バンコクK-VILLAGE店

【麵屋武一 バンコクK-VILLAGE店】
住所:93,95 Sukhumvit 26, Klongtan, Klongtoey Khwaeng Khlong Tan, Khet Khlong Toei, Bangkok 10110
TEL 02-259-9300

営業時間
11:00AM~23:00PM(ラストオーダー 22:00PM)
定休日:年中無休

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介