ホーム >  タイ > シラチャとイオンシラチャショッピングセンターについて

シラチャとイオンシラチャショッピングセンターについて

LINEで送る
Pocket

世界屈指の日本人街シラチャについて

シラチャは、日系自動車メーカーなどの進出によりタイ国有数の工業地帯として発展したチョンブリ ー・ラヨーン地区にある港町で、1990 年以降、周辺の工業団地の増加に伴い日本人居住者が増加、世界 での有数の日本人街として発展している都市である。バンコクからは東部へ約 110 Km に位置し、タイ 最大の貿易港であるレムチャバン港も隣接している。

1

写真左上:タイ全土からみるシラチャ 写真右上:バンコクからの位置関係 写真下:シラチャ郡全体図

主な産業は農業と工業、市内における主要産業は日本人居住関連による不動産、マンション、ホテル、 飲食店などによる経済効果により発展。2014 年の時点で約 260,000 人(シラチャやパタヤのあるチョン ブリ県は 139 万人)の住民登録数があり、住民の平均所得は 32,000 バーツあり、タイの平均所得 21,000 バーツ(2014 年タイ統計局調べ)を大きく上回っている。

在留届を提出している日本人は約 7000 人、在留届を提出していない短期滞在などの日本人を加えると約 10,000 人が在住していると言われている。単身世帯が多かったが 2009 年にタイではバンコクに次いで 2 校目となる日本人学校が開校したことから家族世帯が増加、2015 年は、小学・中学あわせて 400 人の生 徒が在籍している。
さらには、日本人学校はバンコク校が 3,500 人を超える世界一のマンモス校になった影響もあり、シラ チャ以東で親が働く小学生・中学生についてはシラチャ校への入学・転校が求められており、シラチャ 校は数年で 1,000 人まで生徒数を増やせる体制を整えている。

今年に関しては、バーツ高などによる経済の悪化に伴い、輸出、内需とも不振で周辺工業団地の人員整 理や、ファミリー向けの住宅が需要に対して供給数が追いついていないといったインフラの問題があり、 日本人居住者数は伸び悩んだが、しかし、AECの経済統合などを見込んで工場の新規進出計画は衰え ず、マンションも2~3年で 5,000 戸以上が完成するなどといった状況から、これから数年間で日本人 の数はさらに増加が見込まれている。

世界屈指の日本人街シラチャについて

2

AEON モールシラチャ完成イメージパース

4

AEON モールシラチャ全体立面図

3

シラチャ市街地と AEON モールシラチャ位置関係(市内の中心部に位置する。)

イオンシラチャショッピングセンターはタイで 1984 年に設立し、現在タイで 75 店舗以上のスーパー、 マックスバリューを展開する AEON (Thailand) CO.,LTD.(以下イオンタイランド)が、タイではじめてオ ープンするコミュニティモール。日本でイオンモール株式会社が展開する大型のイオンモールとは異なり、敷地面積約 11,000 m²の中規模なモールであるがシラチャ中心部の日本人が多く居住するエリアに建 設中で今年 10 月 14 日にオープンを予定している。

テナントにはマックスバリューを核にグループ企業でクレジットカード・ローンでタイ大手のイオンタ ナシンサップや遊戯施設のイオンファンタジーのほか、専門店にはツルハドラッグ、ダイソー、釣り具 のタックルベリー、バンコクで日本人観光客に人気のあるタイマッサージスパのアジアハーブアソシエ ーション、MUFG のアユタヤ銀行などが出店する。飲食店は、和食さと、リンガーハット、幸楽苑、すきやといった日系大手チェーン、バンコクを中心に 3 年で 10 店舗と急成長している居酒屋チェーンしゃ かりき 432′′は同チェーンで最大規模の店舗の出店を計画、その他、東京から初進出の焼肉 ZENIBA、 バンコクで大繁盛しているピッツェリア PEPPINA が出店するなど話題のお店が出揃った。

イオンタイランドは既に、シラチャ郊外に約 2 年前にオープンしたモール J-PARK に 2,000 m²のマック スバリューを出店。1 日 2000 人の集客を上げており、シラチャのポテンシャルを把握、市場調査の上、 シラチャ中心部のこの地を 30 年契約で借地しイオンシラチャショッピングセンターの出店を決定した。 マックスバリューは J-PARK よりも大きく 2,400 m²のスペースをとる。同じく J-PARK には和食さと と幸楽苑が出店しているが両店とも業績が好調で、イオンシラチャショッピングセンターのテナン トリーシングが始まると、真っ先に出店を表明したことからも同所への期待の高さが伺える。

シラチャ中心部のスクンビッド通りにはロビンソンデパートを核とする大型モールのパシフィック パークが存在しており、飲食店にはフジレストラン、大戸屋、COCO 壱番屋、吉野家、丸亀製麺な ど多くの日系チェーンも進出している。パシフィックパークとイオンシラチャショッピングセンタ ーは直線距離で 200m程度、徒歩でも 10 分程度の距離である。パシフィックパークはイオンシラチ ャショッピングセンターのオープンに合わせてロビンソンデパートのリニューアルを進めるなど迎撃態勢を整えている。

イオンシラチャショッピングセンターのオープンまで1カ月を切り、オープンにより、今後、シラチャの街が、人の流れがどのように変化するかが注目が集まっている。

会社概要

AEON(Thailand)CO.,LTD.
【住所】78 Chaengwattana Road, Kwaeng Anusawaree Khet Bangkhean Bangkok 10220, Thailand.
【 設立年月日】1984 年 12 月
【資本金】5 億 5820 万バーツ 代表取締役社長 生田 政光
【事業内容】スーパーマーケットの展開

5

建設工事中のイオンシラチャショッピングセンター(2015 年 8 月)

6

建設工事中のイオンショッピングセンター 2(2015 年 8 月)

 

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介