ホーム > おうちDE簡単アジア飯 > 【プリマ・テイスト(Prima Taste) LAKSA Fried Rice Sauce ラクサフライドライスソース】深く懐かしい味わい、絶品ラクサチャーハン!

【プリマ・テイスト(Prima Taste) LAKSA Fried Rice Sauce ラクサフライドライスソース】深く懐かしい味わい、絶品ラクサチャーハン!

LINEで送る
Pocket

1481699479396

こんにちは!教えてASEAN事務局です!
教えてASEAN.NETでのお料理コーナー!
今回も簡単激うまクッキングです~
私の社長への過剰なお礼(・・おねだり?!)が過ぎまして、今回も素敵なお土産をGET♪♪

第2回目の今回は、
【 LAKSA Fried Rice Sauce ラクサフライドライスソース】~PRIMA TASTE  Authentic Asiaシリーズ~!!

シンガポール出張の社長のお土産です。
今回もローカルスーパーによいものがないか探しに行ってくれたそうです!
嬉しい~♪♪

そしてプリマ・テイストと言えば前回の
【 甜辣海鮮醬 Sweet&Spicy Seafood Sauce 】、エビチリ的?な炒めものが絶品すぎて、もはや私のプリマ・テイスト様への信頼は絶大!!
前回記事はコチラ→(【プリマ・テイスト(Prima Taste)甜辣海鮮醬】天才レシピ作家に感動!(http://e-asean.net/?p=2953))
今回も期待大です!

1481699431129

PRIMA TASTEは「プリマ・テイスト」と読み、シンガポールではとっても有名!
日本でもカルディなどで取扱いのある商品もあります~
Amazonなどでも購入できたりするので日本でのファンも多いみたいですよ☆

プリマ・テイストファンの方々は作ったお料理をインスタグラムなんかにもたくさん投稿されています~
家庭で気軽におしゃれかつ本格的なアジア飯が楽しめるとあって大人気のようです。

アジア飯通の間では有名なプリマ・テイスト、
前回もお伝えしたとおりラクサヌードルにおいては世界一美味しいインスタントラーメンにも選ばれているんです!
今回はそんなプリマ・テイストの同じラクサシリーズ!
ヌードルとライスの違いはありますが世界一美味しいと言われるラクサヌードルの会社が提供するラクサソース、楽しみすぎます!!

ちなみにラクサとは・・
(私もお恥ずかしながら正確に知りませんでした・・)
ガランガルターメリックなどの香辛料が効いた東南アジアの料理で、米粉でできた麺をココナッツミルク入りのスパイシーなスープで食べる麺料理。
中華系の子孫を意味するババ・ニョニャの代表的メニューなんですって!
マレーシアやシンガポールが本場☆
ペナンラクサやサワラクラクサなんていう風に地名がついたその地域独特のラクサメニューがあるんだとか。
基本は米粉でできた麺が入っているものだそうですが、このソース、味付けはなんにでも合う!
そんな理由で派生形としてこういったラクサチャーハンなんてものが誕生していったのではないでしょうか☆

私はこういった美味しい新発見、派生形メニューが大好き(*´ω`*)
(トムヤムラーメンやトムヤムチャーハンもたまりませんよね~)
近頃は日清カップヌードルにもラクサ味のものが登場!
日本へもどんどん浸透してきていることがうかがえますね。

さて、こちらの【 LAKSA Fried Rice Sauce ラクサフライドライスソース】、
第一印象は前回と同じくちっちゃい、軽い!!
パッケージの写真がおいしそう~☆☆

ちょうど手のひらサイズの小さなレトルトパウチです。
渡しやすくてシンガポール土産にぴったりですね!!

そして今回も袋の記載によると、防腐剤、人口着色料無添加!
△マークももちろん健在!!
「NO MSG ADDED」の文字が輝いております~

「NO MSG ADDED」=化学調味料不使用!!

今回もプリマ・テイスト様は

“We add no MSG.”

「私たちは MSG を加えていません。」
「化学調味料不使用!!」

と語りかけて下さいました(ノД`)・゜・。
なんて嬉しすぎる・・。
簡単、楽チン、しかも安心のシンガポール製!!

今回もありがたすぎるお言葉にクラクラします!
さすが健康志向の強い国、シンガポール。
PRIMA TASTE様ありがとうございます!
今回も食べる前からすでに今後もお世話になる気まんまんです。

さっそく調理してみました。
家庭でのラクサは初体験の私、
甘め?ココナッツ味強め?

とにかく作ってみました!
用意した材料はこちら~

1481699437399

ネギ、卵、カニカマ。

以上これだけ。

本当にこれでこの写真みたいな料理が完成するのか?!

玉ねぎと書いてありましたが、
「チャーハンにはたっぷりのネギでしょ~緑が映えるし☆」
fishcake(カマボコみたいな?)かエビとか入れても美味しいよ~との裏面のアドバイスには
「安いし、うまいし、色味バッチリだよね?」
とカニカマをセレクト(笑)
(カニカマはそのままでもOKなので火を通す時間の短縮も実現♪)
さぁ今回もこんな感じでラクサチャーハンいってみます!
手順は今回も簡単!
(手順は英語と中国語表記のみ・・。
私の適当な意訳とイメージ訳ですので正確さは保証致しかねます。ご了承下さいませ。)

1 大さじ2の植物油でニンニクとネギを炒める。

はい、植物油ですね、
今回も大好きなゴマ油でいきました~
ニンニクとタマネギと手順にはありますが、私はネギを!
ニンニクは時短調理の為チューブ使用でございます。
うん、やはりネギの緑が鮮やか~☆1481699452231

2 1に卵2個とご飯500gを加える。

1にときほぐした卵とご飯を加えましょう~
卵は半熟が好み♪
半熟状態の卵の上にご飯をオン!1481699455012

3 2に小さじ4の水を足し、プライム・テイストとよーく炒め合わせる。(fish cake入れてもイイヨ!と書かれております)

(4tsp waterと表記されていました。ちなみにtbsp=大さじ、tsp=小さじです。前回覚えました!)
カニカマもここで投入!
写りこむ愛するとろみちゃん・・失礼致します。1481699465181

さて、パッケージ裏面の手順はなんとこちらでおしまい!

プリマテイストのラクサソースを入れるとこんな感じ☆
茶色いソースでした!
よくまぜて~炒めて~
フライパンの中が琥珀色に輝いております☆
1481699470898

1481699479396さて、完成!

中華屋のチャーハン風に盛り付け☆
我が家の常備菜、ミニトマトとタマネギの酢漬け、フライドガーリック、肉味噌をのせ、パクチーも添えてみましたよ~
うーん、我ながらビジュアルもなかなか!

全行程10分かかっておりません!
ココナッツミルクのおかげでしょうか、甘みの後に広がる香りと旨味。
色が濃いので一見とても辛そう?濃厚そう?に見えますよね?

辛くありません!
甘みが深く、そして意外とすっきりしたお味。
出汁が効いているのですっきりしているけど物足りなさなど皆無!
おいし~い☆
酸味、旨味、甘味が絶妙なんです!
アジアンフードと聞くと、独特のクセあり?
(そのクセがたまらないのですが♪)
と身構えてしまいますよね?!

こちらそういった心配は一切ご無用☆
なんでしょう?
日本人の私達にすっごく食べやすい、懐かしさすら感じましたよ(笑)

サンスクリット語の「多くの」を意味する単語(lakh)が語源のラクサ。
名前の通り、マレー系料理と中華料理が融合した味付けかな?と。
日本人て中華料理にはかなり慣れ親しんでますよね、苦手な方ってほとんどいない。

「中華料理がいける日本人の味覚に近いマレー系料理?」
「日頃から食べてる中華料理に通じるものがあるマレー系料理?」

そんな印象を受けました!
アジアンフードが苦手な方、年配の方、お子様なんかにも気に入っていただけるのではないでしょうか。
(わが子なんて新種の炊き込みご飯か何かと思ったようで、ばくばく食べていました(笑))

そしてこのソース、具材は基本的になんでもOKな気がします☆
シンガポールに行くと大人買いされる方が多いようですが、それにも納得!
このソース、チャーハンだけでなく炒め物のソースなどなんにでも応用できちゃいますよ。
常備したいです(笑)

冷めても美味しい~
翌日、お弁当にも入れてみました。
2日目のカレーが美味しい、あの感覚?
風味に更に奥行きが感じられて美味しかったです~☆

今回使ったパウチタイプだけでなく、プリマ・テイスト様、
瓶詰めやチューブタイプも発売してくれないでしょうか!?
好きな量だけ使えるような・・。
ラクサ料理を作る以外に、料理の隠し味にもバッチリな気がするんですもの。
商品化のお願い、しつこく投書したいです(笑)

前回に引き続き、プリマ・テイストシリーズの実力、センスに完全ノックアウトの私。
絶対にリピします!
皆様も是非お試し下さい!!!!!

 

LINEで送る
Pocket

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介