ホーム > おうちDE簡単アジア飯 > 【プリマ・テイスト(Prima Taste)甜辣海鮮醬】天才レシピ作家に感動!

【プリマ・テイスト(Prima Taste)甜辣海鮮醬】天才レシピ作家に感動!

LINEで送る
Pocket

thumb

こんにちは!教えてASEAN事務局です!
教えてASEAN.NETでは初投稿のお料理コーナー!
公式Facebookでは何度かご紹介させていただいていたのですが、私の社長への過剰なお礼(・・おねだり?!)が過ぎまして、もうお土産がお土産という量ではなくなってきております・・(;^ω^)

こんなに美味しいメニューが家庭で楽しめるなんて、皆様にご紹介したい!!

日本に暮らしているとなかなかお目にかかれない?

英語表記、中国語表記・・・手が出しづらい?

なんて皆様にこれはオススメ!
という商品やレシピをご紹介させていただくことになりました
(※ちなみにまったく宣伝記事ではありません!仕事をしながらの忙しい毎日にパパッと手軽に楽しめるものを率直な感想を交えてご紹介してきます(^^♪)

こちらで紹介していく商品は、お土産としていただくものが多いですが、ネットが発達した便利な現代、Amazonなど有名サイトで気軽に購入できたりもしてしまうんです☆
私はまずお土産として出会うので、その後安心して利用、購入することができますが、普通は外国製品ってなかなか勇気が出ないですよね・・
お買い物のヒントや、こんなものもあるんだ~といった暮らしのお手伝いができればなぁと思っています!

職業柄、ASEANをはじめ海外出張の多い社長、社員からのお土産を使っての料理、日本の家庭で楽しめる簡単ASEAN風レシピ、楽しいASEAN情報なんかをご紹介していきますよ。
私も語学が堪能なわけではなく・・手順など完全に外国仕様表記で、さぐりさぐりで作っていくものも多々・・(笑)

よろしくお願い致します<m(__)m>

初回の今回は、

【 甜辣海鮮醬 Sweet&Spicy Seafood Sauce 】~PRIMA TASTE  Authentic Asiaシリーズ~!!

シンガポール出張の社長のお土産です。
私の為にスーパーにいいものがないか探しに行ってくれたそうで!

ザ・お土産!

というものよりシンガポールローカルの方に日頃から人気があるものを試してみたいですからね~嬉しい!
期待大です!

1481695085504

 

PRIMA TASTEは「プリマ・テイスト」と読むそうで、シンガポールではとっても有名なようです。
日本でもカルディなどで扱っている商品もあるんだとか。
アジア飯通の間では有名で、プリマ・テイストのラクサヌードルにおいては世界一美味しいインスタントラーメンにも選ばれているんだそう!
今回のお土産セットの中には残念ながら入っていませんでしたが、(嫌味じゃないですよ!)
そちらも近いうちに絶対試してみたいと思います☆
その際はこちらでまたお伝えしますね。

さて、こちらの【 甜辣海鮮醬 Sweet&Spicy Seafood Sauce 】、
第一印象はちっちゃい、軽い、これでこんな写真みたいな料理ができるのかな?でした。
私のちょうど手のひらサイズ!
小さなレトルトパウチです。
渡しやすくてシンガポール土産にぴったりですねー。
袋の記載によると、防腐剤、人口着色料無添加!
あと、何やら△マーク!!

中には「NO MSG ADDED」の文字。

これ、なんていう意味でしょう??
このフレーズ、海外製品やレストランでしばしば見かけることがあります。

“We add no MSG.”

「私たちは MSG を加えていません。」

そうなんです、実は MSG は 「化学調味料」 の略。
ですから、“We add no MSG” “NO MSG ADDED ”ということは・・

「化学調味料不使用!!」

いやー、嬉しすぎますよね、簡単調理できる上にこの内容。
しかもシンガポール製。
簡単、楽チンで美味しいものがいい!
と言いつつやっぱりその点は気になるんですよね、これは嬉しすぎます。
さすが健康志向の強い国、シンガポール。
PRIMA TASTE様ありがとうございます!
食べる前からすでに今後もお世話になる気まんまんです。
(余談ですが、 MSG は何を略しているかと言いますと・・グルタミン酸ナトリウムを意味するmonosodium glutamate の省略形なんだとか。勉強になりました。)

さて、そんな社長が私の健康まで気遣って選んできてくれた(?)この子でさっそく調理してみました。

甜辣海鮮醬ってエビチリみたいなもの?

しかし甜辣ってことは少し甘い??

とにかく作ってみました!
用意した材料はこちら~

photo01

エビ、玉ねぎ、厚揚げ。

以上これだけ。

本当にこれでこの写真みたいな料理が完成するのか?!

エビチリじゃないの?

エビチリに豆腐って入れないよね?と頭の中でぐーるぐる。

エビは、殻を剥く時間、解凍時間を短縮する為、(仕事後の夕飯作りは時間との勝負!)
あらかじめこの状態で売られているサラダ・生食用のものを購入。
売り場には値段の変わらないインド産バナメイエビとタイ産バナメイエビがありましたが、一応ASEAN関連の仕事をしている者の端くれとして、タイ産をセレクト(笑)

手順は簡単!

(手順は英語と中国語表記のみ・・。
私の適当な意訳とイメージ訳ですので正確さは保証致しかねます。ご了承下さいませ。)

1 豆腐を金茶色になるまでよく揚げる。そして鍋からよけておく。

豆腐をgolden brownになるまでdeep fry・・?って書いてある・・
金茶色の揚げてある豆腐って厚揚げじゃだめ?

ていうか、シンガポールだから厚揚げが売ってないのかな?

と想像を膨らませ、面倒くさがり屋(時間短縮です)な私ははじめから厚揚げを購入。
日本人でよかった~。
この過程はあっさり省略!

2 (って実質1ですが・・)玉ねぎとエビをよく炒める。

1481695075819植物油って書かれてますが、私はゴマ油が大好きなので、そこはゴマ油で。

3 そこに大さじ2半の水を足し、1の豆腐とこのプライム・テイスト甜辣海鮮醬とよーく炒め合わせる。

1481695065439(2 2/1tbsp waterと表記されていました。ちなみにtbsp=大さじ、tsp=小さじだそうです。
これからよくお目にかかりそう!覚えました)

4 3にpotato starchと小さじ2の水を入れ、卵で層ができるように炒める。

1481695053971potato starch?中国語表記に馬鈴薯澱粉と・・おう、片栗粉かな?
とろみをつけろってことね?と得意の自己判断。

ちなみに私は片栗粉は15年来、この顆粒タイプのとろみちゃんを使っておりまして。
水でとく手間はいらないんです~☆
直接かけちゃえばOK!

正規手順を無視して、3に直接とろみちゃんをオン!

ちなみに卵を入れろ!とあったのですが、商品にエビ80gと書かれているところ、エビ好きの私は120g、玉ねぎと厚揚げも気にせず大量投入したので、すでにプライム・テイスト甜辣海鮮醬とちょうどよーくなじんでおりまして・・

卵入れる余地なし、

卵入れたら味薄そう、

卵入れずに十分旨そう、

との経緯で卵は省略させていただきました・・。

5 飾り付け

1481695050083最後に盛り付け後、より美味しくする為にネギやトマトでも飾ってくれとあるので、
あぁ、彩り担当?だったら・・と、
趣味に走り、パクチーとミニトマトを飾りました。
パクチーは今回静岡県産(故郷)のこちら~(故郷は食べて応援します。)

 

thumbさて、実食!

これはかなり美味しいです!
エビチリとは少し違う、甘みがあってコクがある。

ちなみに海鮮醬ってどんなもの?と調べたら広東風甘味噌なんていう風に紹介もされていて、日本でも購入できたりするようです。
(今度買ってみます!こういう新しい出会い、いいですよね~)
辛いというほどではないのでお子様でもいけると思います☆

はじめに豆腐ってなに?
(豆腐は大好きです!エビチリにってことですよ!悪しからず。)
とか悪態ついて本当にごめんなさい。

なんてことでしょう!この見事なマッチング。
このレシピに豆腐(厚揚げね)を選んだ天才は一体どなた?!
いや、もちろんエビは美味しいんです。
もともと主役キャラだし、エビなんでそこは当たり前に!
今回特筆すべきは、この厚揚げの美味しさ!

なめてましたよ、完全に・・。
豆腐さん、厚揚げさんごめんなさい。

厚揚げの衣と甘辛いタレが絶妙に絡んで美味しすぎます!
カリカリ好きなので、炒める時に衣に焼き目がつくようよーく焼き付けておいたのもよかったですね~。
外側カリッ、中は豆腐特有のふんわり感が絶妙で。
我が家でまさか厚揚げの取り合いが起きようとは!!
レシピ考案者様、天才です。
甘辛い美味しさに箸が止まらず、ご飯がすすみます!

豆腐のかわりにも魚のすり身ボールなどたんぱくな味のものだったらなんでも合うのではないかと。
しかし厚揚げの絶妙な絡みに感動した私としては厚揚げでの調理を強くオススメ致します!!
むしろメインを厚揚げにしてしまっても・・ぐらいに気に入りました(笑)

今回は【 甜辣海鮮醬 Sweet&Spicy Seafood Sauce 】、
考案者?製作サイド?とにかく天才レシピ作家のセンスに敬服するばかり!!
かなりリピートしたいので、日本で手に入れる術はないか探しつつ、次回のお土産リスト(おねだり)にがっつりリストアップしてきました。
現地仕様の本格的な味、これを自分で再現するにはいくつ調味料を用意すればいいものやら・・ちなみに今回の調理時間は全行程7分ほど!
私に強力な助っ人が現れました!
絶対リピします。
プリマ・テイスト(Prima Taste) ブランドのシリーズは、値段も一袋S$2ほどでお手頃価格の様子、是非皆様にもお試しいただきたい一品です!

LINEで送る
Pocket

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介