ホーム > 看板娘! > 【シンガポール】看板娘★鶏金~ゆいこさん

【シンガポール】看板娘★鶏金~ゆいこさん

LINEで送る
Pocket

教えてASEANの新企画、「看板娘」シリーズ!

 

ASEANの日系飲食店で活躍する「看板娘」にスポットライトを当て、プライベートから将来の夢まで根掘り葉掘りインタビューを敢行するこの企画。

さて今回は、シンガポールから!

美味しい水炊きが味わえる『鶏金』のゆいこさんにインタビューさせて頂きました★

 

【Profile】

福岡県出身で実家は由緒あるお寺だそうです。

最初はお客さんとして通っていたお店にいつの間にか就職し、4年前からシンガポールへ単身赴任!

そんな彼女のお仕事姿から・・・!

仕事姿

<まさに看板娘!これ以上の形容詞が思いつきません!!>

 

【Official】

 

~シンガポールに来たきっかけは何ですか?~

元々、今の社長が運営している博多のお店が好きで、お客としてよく訪れていました。その際に社長と仲良くなり、博多駅にお店を出した時に観光客の方への通訳やメニューの翻訳、お店のイベントの手伝いなどをしていました。そんな中シンガポールにお店を出すことになり、社長に誘って頂きました。
シンガポールで働いてみたいという思いは強かったのですが、当時結婚後間もなかったのでお断りしました。
しかし、その後も引き続き社長に誘って頂き、私もシンガポールで働きたいと思ったので1年後にシンガポールへ行くことになりました。

 

~語学面での不安はありましたか?~

1年間オーストラリアで、ワーキングホリデーで働いていた経験がありましたし、何度かシンガポールには旅行で訪れていて英語が通じることが分かっていたので、語学面での不安は特にありませんでした。

 

~今の業務内容を教えてください~

一言で言うと、全て行なっています!
スタッフの給与計算やシフト管理、外部業者との窓口、店頭での接客、新店舗の出店・立上げなど、シンガポールで店舗を運営する上で必要となる業務を現地責任者として行なっています。

 

~シンガポールで苦労したことは何ですか~

一番はスタッフの管理です。
シンガポールには年次有給休暇とは別に、有給の病気休暇があります。
シンガポール人は些細なことでもすぐに休んだり、辞めてしまったりするので、スタッフの確保やケア、シフト管理などに日々気を配るようにしています。
また、従業員もシンガポール人がメインですが、マレーシア、フィリピン、ミャンマー、インドネシアなど様々な国の人たちがいて文化の違いなどもあるため、スタッフのケアは一番心がけています。

 

~シンガポールで楽しかったことは何ですか?~

ほぼ全てが楽しいです!スタッフの管理など大変な面はありますが、女性としてはシンガポールは絶対に働きやすい国です。

スタッフや料理人には私よりも年上の男性がいて、私が彼らの上司という立場になるのですが、私が仕事をしっかりとしていれば敬意をもって対応してくれるので、働く女性を受け入れる文化が根付いていると感じました。
働きやすい環境で仕事ができているのでとても楽しいです。

 

~やりがいを感じる瞬間は何ですか?~

スタッフを含めた食事会で皆がワイワイ楽しそうにしている姿を見た時です。
先ほども言ったように、スタッフのケアが本当に大変なので、食事会の時などにスタッフの皆が楽しそうにしている姿を見ると、しっかりと人間関係が築けているなと感じて安心します。

 

~今後の夢や目標などありますか?~

今の店舗を引き続き繁盛させることです。
もう1つは、博多に出している抹茶カフェをシンガポールにも出したいと思います。
この抹茶カフェは、日本で社長と私がコンセプトからメニューまで全て考えて0から立ち上げたお店なので、とても思い入れがあるので是非発展させたいと思っています!

シンガポールの現地責任者として3店舗を切り盛りするなんて素晴らしいですね!

そんな彼女のプライベート姿も見てみたい!

ということで、私服姿に着替えて頂きました。

私服姿

<髪を下ろすと雰囲気が一変!笑顔が眩し過ぎます!!>

LINEで送る
Pocket

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介

G-FACTORYグループは、ASEAN進出を目指す飲食店オーナー、
外国籍人材の採用を検討している飲食店様を全面サポートいたします。