ホーム > 看板娘! > 看板娘★BAMI OISHI~ナムさん

看板娘★BAMI OISHI~ナムさん

  • 友だち追加

こんにちは!教えてASEAN事務局です。

大人気!「看板娘」シリーズ!

ベトナム北部の料理で、パテなどの肉類や野菜がたっぷり入ったベトナム風サンドイッチ、バインミーの専門店「BAMI OISHI」。
オーナーはベトナム・ハノイ出身で、バインミーを販売しているご実家の味を再現しているそうです。
ベトナム人の職人がフランスパンやハム、特製たれで焼いた豚肉など、全て自家製で作っています。

今回は、そんな「BAMI OISHI」の看板娘、ナムさんをご紹介します。

BAMI OISHI 浜田山店

【Profile】

PHAN THI NAM (ファン ティ ナム)さん。

1999年生まれ。

ベトナムの北部、ハノイの東側に位置するハイズオン省出身。

2018年4月に留学生として日本へ来ました。

オーナーとは親戚で、ナムさんの来日をきっかけにBAMI OISHIで働き始めました。
今では日本においしいバインミーを広めるべく、日々頑張っていらっしゃいます。

まず、ナムさんのお仕事姿から!

 

75339458_2759110187481571_310238239547981824_n
女性に人気のチーズスティック「のばすチーズ」もおすすめですよ、と笑顔で語ってくれたナムさん

【Official】

~現在の業務内容を教えてください~
販売スタッフとしてオーダーを受けたり、バインミーを作ったり、商品提供、会計などの業務をしています。

~働いていて楽しいことを伺えますか?~
自分が作った物で、お客様の笑顔を見られるのは本当にうれしいです。お客様から「ありがとう」「また来ます」という言葉をいただいたときはモチベーションが上がります!

~大変なことは何ですか?~
当初は日本語の壁がありました。
例えば、「パクチー抜きでお願いします」とお客様がおっしゃられたときに、「抜き」という言葉の意味が分からず対応に困りました。この経験から、「日本語をもっと学びたい、もっと頑張りたい」という想いが強くなりました。

~困ったときの解決方法は?~
お客様がおっしゃたことを理解できないときは、どのように対応すべきか分からず、店長に頼ることもあります。分からない日本語をできるだけ減らすために、接客中に理解できなかった単語を休憩中やすきま時間に調べて、日本語力が上達するように努めています!

 

意味の分からない単語があれば、すぐに調べるという勉強熱心なナムさん。
お話を伺っているとその熱心さが伝わり、パワーを分けていただいたような気がします。

そんな彼女のプライベートについてもお伺いしました!

  • 友だち追加

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介

G-FACTORYグループは、ASEAN進出を目指す飲食店オーナー、
外国籍人材の採用を検討している飲食店様を全面サポートいたします。