ホーム > トップインタビュー > 「ゴールデンワークス」経営者インタビュー

「ゴールデンワークス」経営者インタビュー

LINEで送る
Pocket

{"total_effects_actions":0,"total_draw_time":0,"layers_used":0,"effects_tried":0,"total_draw_actions":0,"total_editor_actions":{"border":0,"frame":0,"mask":0,"lensflare":0,"clipart":0,"square_fit":0,"text":0,"shape_mask":0,"callout":0},"effects_applied":0,"uid":"C035688B-606D-4A61-8BCC-ED6BE367017E_1565077088795","width":1302,"photos_added":0,"total_effects_time":0,"tools_used":{"tilt_shift":0,"resize":0,"adjust":0,"curves":0,"motion":0,"perspective":0,"clone":0,"crop":0,"flip_rotate":0,"selection":0,"enhance":0,"free_crop":0,"shape_crop":0,"stretch":0},"remix_data":["add_photo_directory"],"origin":"gallery","height":921,"subsource":"done_button","total_editor_time":0,"brushes_used":0}

 

人と接すること×ものづくり=飲食

ー 和食の楽しさを食べるだけでなく、経験として届けたいという想いから創られた「肉割烹」。鉄板焼きを中心にライブ感のある料理をリーズナブルに楽しめます。山内社長が、飲食業界に興味を持ったきっかけを教えてください。
家業が内装施工会社で、年少期より設計デザイナーになりたいと思っていました。「ものづくり」に興味があったのです。しかし、同時に「人と接すること」も好きでした。「目の前で『ありがとう』と言っていただける」「目の前で料理を創り、楽しませることができる」の両方を兼ね備えた飲食業に次第に惹かれるようになっていったのがきっかけです。

9種類のソースでいただく和牛鉄板焼き
9種類のソースでいただく和牛鉄板焼き

ー 学校に通っているときから、飲食店の経営にも興味があったのでしょうか?
福岡県にある中村調理師専門学校在学中から、オーナーシェフになりたいという夢を持っていました。料理を極めれば、経営者になれるんだろうと(笑)。
卒業後は、恵比寿(東京都渋谷区)の老舗イタリアン「IL BOCCALONE」で修業するため上京、一人前になるために料理を24時間考える日々を過ごしてきました。
その後、ポジションが上がっていくにつれて「サービス・店舗づくり・空気感・仕組み・数字など、オーナーになるためには料理だけでは足りない」と考えるようになっていきます。飲食店の全てを学びたいという気持ちが強くなり、そこから経営に興味を持つようになりました。

 

ー 独立を意識するようになったということですか?
独立の意思は常にありました。しかし、前職で国内での店舗展開に携わってる中、将来の自分を想像したときに「独立して国内で飲食経営している自分」にあまり魅力を感じなくなるようになりました。そこで自然と海外に目が向くように。「新たな場所でチャレンジをしたい」想いを会社に伝えたところ、海外の役員になりました。

NKP photo_190509_0002
肉を調理する山内社長

店舗情報

店舗名 NIKU KAPPO Bangkok
業態 肉割烹
店舗住所 The Opus Building, 139 Soi Thonglor 10, Sukhumvit Rd., Klongton Nua, Wattana
電話番号 095 792 2360
営業時間 17:00~0:00
定休日 なし
URL https://www.facebook.com/NIKUKAPPOBKK/
MAP
備考 他海外店舗 タイ 1店舗
LINEで送る
Pocket

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介

G-FACTORYグループは、ASEAN進出を目指す飲食店オーナー、
外国籍人材の採用を検討している飲食店様を全面サポートいたします。