ホーム > トップインタビュー > 「タイかぶれ食堂」TOP INTERVIEW

「タイかぶれ食堂」TOP INTERVIEW

LINEで送る
Pocket

71BE4446-8926-48CE-A5E1-932DE735BF22

 

 

飲食店の店舗・立地開発からタイ料理オーナーへ

ー 店名こそ「かぶれ」ですが、タイ屋台料理の定番であるパッタイ(焼きそば)・グリーンカレーなど、本格的なタイ料理を提供している「タイかぶれ食堂」。オーナーの新氏がタイに興味を持ったきっかけを教えてください。
26歳の時に、タイの往復航空券が当たるという某飲料メーカーのキャンペーンに当選したことがきっかけです。初めての海外経験だったのですが、街中や料理、交通事情などあらゆるものが新鮮で、自分の常識が全てではないということに衝撃を受けました。

ー 帰国後、タイ料理店をオープンされたのでしょうか?
いいえ、帰国後は4社で飲食店の店舗開発、立地開発を経験しました。営業として頑張っているときに、日本でのタイ料理のパイオニアとも言える株式会社スパイスロード(以下、スパイスロード)の前社長・涌井氏と出会い、同社に転職。再びタイに触れることになりました。

※株式会社スパイスロードの現社長・木下氏のインタビューはこちら→「ティーヌン」経営者インタビュー

70304342_680548852421708_6984011960287232000_n
タイの定番ご飯「ガパオ」

 

ー スパイスロードではどのような業務をされていたのですか?
立地開発もしていたのですが、店舗で調理や接客も行っていました。涌井前社長の方針で、当時のスパイスロードでは本社スタッフも現場経験をすることになっていたのです。そこで初めて飲食店の現場を経験し、タイ人のコックさんにタイ料理の作り方を教わりました。

LINEで送る
Pocket

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介

G-FACTORYグループは、ASEAN進出を目指す飲食店オーナー、
外国籍人材の採用を検討している飲食店様を全面サポートいたします。