ホーム > トップインタビュー > 「炎丸」経営者インタビュー

「炎丸」経営者インタビュー

LINEで送る
Pocket

アイキャッチ

 

”飲食業界への第一歩”

ー 旬の食材にこだわった和食居酒屋「炎丸」の海外事業を展開する高橋社長。日本で「炎丸」を経営する株式会社PrunZ(以下、プランズ)の深見社長と共同で、海外店舗の運営をされています。そんな高橋社長は長年飲食業界に携わっていらっしゃいますが、もともと飲食業界に興味があったのでしょうか?
まったくなかったですね。学生の頃のアルバイトを含め、飲食業歴34年(2019年時点)になりましたが、自分にはもっと相応しい仕事があると思っていましたし、初めは学校の先生になりたいという夢もありました。

ー そうなんですね!飲食店を経営する、という意識に変わっていったきっかけは何ですか?
株式会社夢笛(以下、夢笛)の創業者である前社長との出会いがきっかけです。
入社当初は、高校を中退して大阪の飲食店に就職したのですが、飲食以外のこともやってみたいと思うようになり、名古屋で期間工をしていました。しかし、次第に「飲食で職人になりたい」という気持ちが強くなっていったんです。その頃、先代に出会い拾っていただきました。
夢笛の創業時は料理長をやっていて、店長、マネージャーとステップアップし、16年前に2代目の社長に就任しました。

p_gallery27
いつでもおちゃめな髙橋社長

 

ー 大阪の下積み時代は、飲食店を3店舗掛け持ちなさっていたのだとか……。
そうですね。朝は南の木津市場で仕入れをして南の店舗で仕込み、昼は堂島の天丼屋、夜は北大阪の焼鳥屋で仕事をするという生活をしていました。
当時は休みなく働いていたのですが、さまざまな仕事を経験することでそこからマニュアルの徹底や時間管理など、「当たり前」の大切さを学ばせていただきました。

 

”居酒屋甲子園設立から初の海外出店”

ー 高橋社長の飲食人生において、居酒屋甲子園設立も大きな出来事であると思います。設立に至った経緯をお伺いしてもよろしいですか?
夢笛は全盛期、7店舗を展開していましたが、徐々に債務超過になり、2代目として会社を継ぐ時には3店舗にまで縮小していました。この頃、居酒屋甲子園を共に設立することになる居酒屋「てっぺん」設立者の大嶋啓介さんと出会ったのです。居酒屋甲子園の創業メンバーには、プランズの深見社長もいらっしゃいました。

ー 居酒屋甲子園がきっかけで海外展開のお話が進んだのだとか?
もともと当社は「私たちの作る料理を世界に」というビジョンを掲げており、海外出店は先代の夢でもあったため、創業当時から海外への進出という希望は私も持っていました。そんな中、居酒屋甲子園がきっかけで投資家の方にお声を掛けていただき、海外出店の話が加速していきました。

p_gallery47
海外出店構想が具体的になってきた頃……

 

ー そしてシンガポールの出店につながるのですね。初出店にシンガポールを選ばれた理由を教えてください。
先述の投資家の方からいただいた話がシンガポールだったのと、
①社員を派遣するために治安の問題がないこと
②当時、シンガポールと日本の物価が同等であったこと
③味覚が日本人に近いこと
以上の3点より決断しました。プランズがオペレーションを担当、夢笛が料理の組み立てを担当することになったのですが、出店した当初は食材調達の方法が分からず、海外でのノウハウもまったくなかったため、大変なことしかなかったですね。ある程度のノウハウができたら、新しく「北海道酒場」の業態を立ち上げました。

 

s05_photo05_l
まぐろやサケなどの新鮮な魚介を使用し、見た目も鮮やかな「炎丸ロール」

 

”加速していく海外出店”

ー 初の海外出店から8年程が経過し、シンガポールの情勢に変化はございますか?
家賃と客単価が他のASEAN地域と比較して高額であるという点は変わらないです。しかし、出店当時とは異なり、今は圧倒的に日本よりもシンガポールの方が、物価が高いですね。

ー 多数の海外出店のご経歴から、最も大変なことを教えてください。
ビザとファイナンス問題ですね。
特にシンガポールは、ビザの取得が大変難しくなっています。ファイナンス面に関しては、日本国内の銀行での貸付は難しいことが多いので、さまざまなリスクを加味しても圧倒的にリースの方が良いと思います。

ー 今後海外に出店する予定の方へ、アドバイスをいただいてもよろしいですか?
「海外に出店すると儲かる」というイメージで出店をしない方がいいです。また、当社は合弁会社で出店しましたが、そのようにリスクを分散する方法を検討することも必要不可欠です。

s05_photo03_l

”夢笛、今後の展開とは”

ー 今後の出店予定について教えてください!
5月にジャカルタ、中国にオープン予定があります。
今後は、ヨーロッパやハワイにも展開していきたいと考えています。
国内にも続々とオープン予定があるので楽しみにしていてください!

ー 夢笛のビジョン・夢を聞かせてください。
飲食業界のリーディングカンパニーになることです。
飲食店の店長はその先のビジョンが見えず、とりあえず独立という言葉を口にする人が多数います。そのため、当社では会社を分けたりグループ会社をつくったりして役職を持たせることで、経営に関する考え方などを学ぶ機会を設ける他、仕事に対しての責任感とやりがいを高めています。夢笛の店舗数にこだわりはないため、社歴が長い社員に対してのれん分けという形も視野に入れていこうと考えています。そうやって従業員と共に成長することで会社の規模を拡大させ、「飲食店といえば夢笛!」と言ってもらえるような会社にしていきたいです。

 

p_gallery42

LINEで送る
Pocket

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介

G-FACTORYグループは、ASEAN進出を目指す飲食店オーナー、
外国籍人材の採用を検討している飲食店様を全面サポートいたします。