ホーム > ASEAN情勢簡易レポート(出店について) > 【カンボジア】高い経済成長率で成長し続ける国「カンボジア王国」

【カンボジア】高い経済成長率で成長し続ける国「カンボジア王国」

カンボジア

LINEで送る
Pocket

ASEAN(東南アジア諸国連合)10カ国の中で最後に建国(1993年)され、ASEANへの加盟も最後(1999年)の国となるカンボジア王国、通称カンボジア。
タイランド湾に面するカンボジアは、3カ国(タイ、ラオス、ベトナム)との国境が存在しています。
国土面積は、約181,000㎢と日本の半分程しかありませんが、豊かな農業資源、ほぼ手付かずの鉱物資源や宝石を有しています。
また世界文化遺産として有名な「アンコール・ワット」「プレアヴィヒア寺院」等があり、観光産業の成長に無くてはならない観光資源となっています。
今回はASEAN最後の加盟国となり、高い経済成長率を記録、近年も著しい成長を続けているカンボジアの魅力について迫ってみたいと思います。

カンボジアの基本情報

国名:カンボジア王国
略号(ISO):KHM/KH
人口:約14,700,000人(2013年,政府統計)
面積:約181,000㎢(日本の約50%程度)
首都:プノンペン
公用語:クメール語(カンボジア語)
宗教:仏教・イスラム教(一部少数民族のみ)
特徴:カンボジアは9~15世紀頃のアンコール時代に、現在世界文化遺産に登録されている「アンコール・ワット」の建設を行っていました。
しかし隣国からの侵略を受け、1887年にはフランスの植民地になってしまいます。
1953年にフランスからの独立を果たし、王政国家であるカンボジア王国が建国され、数年は安定した王政国家が続きましたが、1970年にクーデターが勃発し国内は内戦状態へ。
この内戦は1975年に「ポル・ポト政権」の誕生により終結。
1980年頃ベトナムの支援を受け誕生した「ヘン・サムリン政権」の後も国内の混乱は続きます。
その後、1993年にパリ和平協定に基づいてUNTAC(国連カンボジア暫定統治機構)が総選挙を実施。
シハヌーク国王が即位。
現在のカンボジア王国が誕生する事となったのです。

カンボジアと日本の関係

日本はカンボジアとの正式な外交関係を1953年に締結。
しかし、1975年以降の「ポル・ポト政権」時代には、両国の大使館は閉鎖され外交は閉ざされました。
「ポル・ポト政権」が崩壊後、両国の外交関係は回復し1992年には在カンボジア日本国大使館が、1994年には在日カンボジア大使館が運営を再開。
2013年には両国の関係は戦略的パートナーシップに格上げされています。
1992年以降、日本は政府開発援助(ODA)としてカンボジアに対し19.6億ドルの援助を行っています。
これは、カンボジアODA額全体の約18%にあたり、日本はカンボジアにとって最大の開発援助国となっています。
また、1993年には、自衛隊の海外派遣として「カンボジア派遣」が行われました。これは、国際平和協力法に基づいてPKO(国際連合平和維持活動)の一環として行われたものです。
2007年に両政府は、投資の自由化や促進に関する投資協定を締結しています。
主に、カンボジアにおける投資の自由化と日本国内の投資家への権利保護が目的とされました。
今日においても、地雷除去や教育分野で大きな援助活動を行っており、今後も更なる協力関係を築いていけると考えられます。

カンボジアの食文化

khm_01
カンボジア国内においての食文化として最もポピュラーな料理は【カンボジア料理】でしょう。
カンボジア料理の主な特徴としては、多くの料理に「プラホック」という塩味が効いた調味料が用いられる事です。
また、「プラホック」の代わりに「カピ」という甘い味噌だれに似た調味料を用いる事も頻繁に見受けられます。
カンボジアの食事では、様々な味覚を同時に楽しむために酸味、甘味、塩味、苦味が際立つ料理を組み合わせている事が多く、また辛味については各々の好みで唐辛子等を使用しながら楽しんでいるようです。
※「プラホック」⇒発酵した魚のペースト
※「カピ」⇒発酵したエビやアミのペースト

カンボジアの経済

カンボジアのGDPはIMF(国際通貨基金)によると、2014年時点で約165億ドルとなっています。
また、国民一人あたりのGDPは1,080ドルとなっており、これは世界GDP平均の約10%にも満たない水準です。
国民の半数以上が1日2ドル未満の生活を送っており、貧困層は約828万人と推定されています。
国際連合の基準によると、「後発開発途上国」に位置付けられています。
主要な産業は農業、漁業、林業の第一次産業となっており、主に農業が盛んです。
国土の約20%が農地として利用され、そのうち約8割が水田となっています。
総人口の約30%の人々が農業を営んでいることや、生産年齢人口が総人口の約50%であることからカンボジアの主産業と言えるでしょう。
しかし農業は、労働生産性が低いため、国内需要を満たすぐらいの生産性しか無いのが現状です。
しかしながら、経済成長率は1994年から5.0%以上の水準を維持し、2004からの2007年までは10%を超える経済成長を達成しています。
2009年にはリーマン・ショックの影響を受け0.1%まで低迷してしまいましたが、翌年には6.1%の成長率に回復するなど堅調な成長を続けています。

カンボジアの今後の展開

khm_02
カンボジアの堅調な経済成長の牽引役は、主に観光業と製造業になっています。
特に製造業においては輸出向け縫製業が中心となっており、安定した経済成長を続けている事により海外投資家の投資先としてカンボジア国内への関心は非常に高くなっています。
近年、中国やタイの人件費が上昇している事もあり、第二のアジア拠点として人件費の安いカンボジアへ進出する企業が増えています。
その一方、現地で原料や材料を調達することはなかなか厳しい状況となっており、原料や材料を輸入し、最終工程の加工のみを行い輸出するといったスタイルが一般的となっています。

大きな魅力としては労働力人口の多さと言えるでしょう。
国連の人口予測では、2080年前後まで国内人口は増え続けると予測されています。
今後、安定的な労働力の確保や人件費の安さなどを考えますとカンボジアはアジア進出の第一候補に上がってくるのではないでしょうか。
この機会にカンボジアへの進出をご検討されてみてはいかがでしょうか。

LINEで送る
Pocket

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介