ホーム > ASEAN情勢簡易レポート

ASEAN情勢簡易レポート-ブルネイ

ASEAN(東南アジア諸国連合)10ヵ国で最も馴染みの薄い国と言われがちなブルネイ・ダルサラーム国、通称ブルネイ。
「ブルネイってどんな国?」と聞かれて即答できる方はごく僅かでしょう。
国民の多くがイスラム教を信仰し、首都はバンダルスリブガワン。
石油や天然ガスの天然資源に恵まれており、実は今トランプ大統領の発言で何かと話題のTPP(環太平洋戦略的経済連携協定)にも参加しています。
今回はそんなブルネイの知られざる魅力に迫ってみたいと思います。

ブルネイについての基本情報

国名:ブルネイ・ダルサラーム国
(永遠に平和な国という意味がこめられている。)
略号(ISO):BRN/BN
人口:417,784人(2013年時点)
※2017年2月時点の東京都・世田谷区の人口が892,853人:世田谷区ホームページより
面積:5,765km2(三重県とほぼ同じ、愛媛県よりやや大きい!)
首都:バンダルスリブガワン
公用語:マレー語
(実際はブルネイ語と呼ばれるマレー語と9割語彙が一致している言語が使われる。また、英語も広い範囲で通用。)
宗教:イスラム教(78.8%:外務省発表)
特徴:毎月高い税金を払っている日本人からすれば驚くべきことに、ブルネイでは所得税はありません!
なおかつ、医療費・教育費も無料。
前述のとおり石油や天然ガスで国が潤っている為、これら全て国が負担しています。
(過去には日本の前首相・鳩山由紀夫氏が「ブルネイに移住したい」といった発言をしたことも。)

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介