ホーム > ASEAN✏STUDY

ASEAN情勢簡易レポート-ミャンマー

ASEAN(東南アジア諸国連合)10カ国の中で最も多くの少数民族で構成され、多民族国家であるミャンマー連邦共和国、通称ミャンマー。
ベンガル湾、アンダマン海に面するミャンマーには5カ国(インド、中国、ラオス、タイ、バングラデシュ)との国境が存在しており、
日本の約1.8倍の国土を有し、約5,141万人(2014年9月(ミャンマー入国管理・人口省発表))の人口と豊富な天然資源に恵まれています。
また世界文化遺産に登録されている「ピュー古代都市群」(2014年登録)や多くの寺院が立ち並び、豊かな自然があることから観光産業の成長にも期待されているのです。
今回はASEANの中でも著しい成長を遂げると予測されるミャンマーの魅力について迫ってみたいと思います。

ミャンマーの基本情報

国名:ミャンマー連邦共和国
略号(ISO):MMR/MM
人口:約51,410,000人(2014年9月時点)
面積:約680,000㎢(日本の約1.8倍)
首都:ネーピードー
公用語:ビルマ語(ミャンマー語)
宗教:仏教(約90%)・キリスト教・イスラム教等
特徴:多くの民族が暮らしており、その数130以上とも言われています。
ビルマ族(70%) その他少数民族(30%)
多くの民族が各地で独自の文化を形成しており、非常に多種多様な文化を見る事ができます。
またそうした国ならではの独特な雰囲気も持ち合わせていることもこの国の魅力のひとつです。
長い間、軍事政権による社会主義の基に国際社会から孤立していましたが、文民政権が成立し民政移管を実現することで国際社会への復帰を果たし、今日では外資の導入を積極的に行っています。
こうした経緯から「アジア最後のフロンティア」と称されているのです。

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介

G-FACTORYグループは、ASEAN進出を目指す飲食店オーナー、
外国籍人材の採用を検討している飲食店様を全面サポートいたします。