ホーム > ベトナムフェスティバル2019 > イムサイアム

イムサイアム

LINEで送る
Pocket

常盤台(東京都板橋区)にある「タイレストラン イム サイアム」。

ときわ台駅から徒歩約2分と、アクセス抜群のタイ料理店です。日本人の旦那様とタイ人の奥様で運営していて、おなじみのグリーンカレーやパッタイ(焼きそば)の他、お酒に合うおつまみなどの料理も提供しています。

旦那様にベトナムフェスティバルへの出店について、意気込みを伺ってきました!

IMG_0581_karu

ベトナムフェスティバルについて

ー 今回ベトナムフェスティバルに出店されるきっかけを教えてください!
もともとは、タイフェスティバルに出店したのがきっかけです。妻の友人がタイフェスティバルに出店した際に「面白かったよ」と教えてくれ、6年前に初出店しました。その後、タイフェスティバルの当店ブースを見たベトナムフェスティバルの主催者様からお声を掛けていただき、今年で3回目の出店となります。

ー 3年間ご出店を続けているのは、何か理由がありますか?
「良き交流の場」になっていると感じるからですね。
ベトナムフェスティバルでは、妻の家族がタイより訪れ親戚一同で楽しんでいます!
もちろん、親戚だけではありません。多くのお客様がフェスティバルに遊びに来てくれて、そのうちの何人かはお店にも来てくれます。

ー ベトナムフェスティバルで提供する予定のお料理は?
バインセオ(ベトナム風お好み焼き)、パッタイ、カオマンガイ(チキンライス)、バインクオン(蒸し春巻き)を販売予定です。

イムサイアム 看板
ベトナムフェスティバルで提供する予定のメニュー

タイレストラン イム サイアムについて

ー お店について伺えますか?
現在の店名は「タイレストラン イム サイアム」ですが、以前は「タイサコン」でした。「サコン」というのは、妻の出身地であるタイ北東部の「サコンナコン」より命名していたのですが、「みんなを笑顔に」という意味のイムサイアムに変更しました。「みんなが笑顔でいられる場所」をテーマに営業しています。

ー 味には、特にこだわっているそうですが……。

そうですね。タイの中でもサコンナコンの料理は辛いことで有名で、当店ではできるだけ現地の味を再現しております。タイ人のお客様には好評ですが、日本人のお客様には大変辛いようで、食べるのに苦労されることがあります。実は私も食べられない料理が多数あります(笑)。

ピリッと辛い豚トロとアボカドのサラダ
ピリッと辛い豚トロとアボカドのサラダ

ー 飲食店を始めたきっかけを教えてください。
6年前に結婚したのですが、当時、妻は飲食店に勤務していました。妻はタイ人の知人から「飲食店をオープンしてよ」と言われることがよくあったそうで、「いつか出店したい」という希望も持っていたようです。その夢を二人でかなえました。現在は妻と共同経営という形で、私は経営の傍らもともと従事していたタクシー運転手の仕事を続けています。

ー おすすめのメニューは?
カオマンガイとマッサマンカレー(ココナッツミルクのカレー)ですね。ランチではガパオ(ひき肉のバジル炒め)、生春巻きも人気があります。おつみまとビールがセットになったメニューも好評ですよ。

IMG_3597
ヤムウンセン(春雨サラダ)

ー ベトナムフェスティバルに向けて、一言、お願いいたします!
大勢でわいわい楽しめるのがベトナムフェスティバルの良いところです!家族や友人みんなで最高の休日を過ごしましょう!

店舗情報

店舗名 タイレストラン イム サイアム
業態 タイ料理
店舗住所 東京都板橋区常盤台1-5-7 山口ビル1F
電話番号 03-5918-6651
営業時間 ランチ11:00~14:00、ディナー17:00~0:00
定休日 火曜はランチのみ営業
URL https://tabelog.com/tokyo/A1322/A132203/13214583/
MAP

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介

G-FACTORYグループは、ASEAN進出を目指す飲食店オーナー、
外国籍人材の採用を検討している飲食店様を全面サポートいたします。