ホーム >  フィリピン > 【フィリピン】フィリピン料理の特徴とは?好まれる味と苦手な食事

【フィリピン】フィリピン料理の特徴とは?好まれる味と苦手な食事

  • 友だち追加

日本人にとってあまり馴染みのないフィリピン料理。
「東南アジアだから、独特な香辛料やハーブが多く使われているのかな?」とイメージする人もいるのではないでしょうか。

実際のフィリピン料理は独特な香辛料やハーブをメインに使っているわけではなく、日本人にも受け入れやすい料理が数多くあります。

そこで今回は、フィリピン料理の特徴について紹介します。
また、フィリピン人にはどういった味付けが好まれていて、どういった食べ物が苦手なのか具体的に解説していきます。

フィリピン料理と和食の違い

フィリピン料理
バナナの葉に盛り付けられたフィリピン料理

まずはフィリピン料理と和食、それぞれの特徴を比較していきましょう。

フィリピン料理の特徴

フィリピン料理は食材の「切り方・捌き方」「調理方法」「盛り付け方」など、全てにおいて豪快に料理するのが基本で、味は単調で濃いのが特徴です。

定番の調味料や食材は「塩、醤油、酢、ニンニク、タマネギ、ショウガ、唐辛子」で、各料理の見た目は違えど味付けは似ています。

和食または日本人が好む料理の特徴

和食の特徴でもあり日本人に好まれる料理は、食材の「切り方・捌き方」「調味料」「調理方法」「盛り付け方」などあらゆる組み合わせをすることで、味・見た目・食感を楽しむ工夫が多くされています。

そして、下処理やダシを丁寧にとることで、コクや深みを出した味わいも好まれています。

フィリピン料理と和食の特徴を比較

「フィリピン料理あるいはフィリピン人に好まれる料理」と「和食あるいは日本人に好まれる料理」を簡単に比較してみましょう。

■調味料など

【フィリピン】
塩、しょう油、酢、ニンニク、タマネギ、ショウガ、唐辛子

【日本】
砂糖、塩、酢、しょう油、みそ、酒、みりん

■下処理

【フィリピン】
魚であれば内臓を取って洗い、肉であれば血を洗うのみのため、臭みが残りやすい。皮・骨ごとぶつ切り

【日本】
臭みが出ないよう肉・魚・野菜も丁寧に下処理をする。食感の良さを意識し、食べやすいように切る

■調理方法

【フィリピン】
焼く、炒める、揚げる

【日本】
焼く、炒める、揚げる、あえる、蒸す

■見た目

【フィリピン】
大皿。野菜は少量で油を使った料理が多いため、全体的に茶色い料理

【日本】
小皿。野菜・肉・魚・豆類などバランスがとれた食材を使い、調理方法が豊富なため色鮮やか

■味

【フィリピン】
分かりやすいはっきりした濃い味

【日本】
素材自体の味やうま味を感じられる

フィリピン人に好まれる味

それではフィリピン料理の特徴でもあり、フィリピン人に好まれる味について具体的に解説していきます。

好まれる味①しょっぱい

豚肉を甘辛く煮たフィリピン料理「アドボ」
豚肉を甘辛く煮たフィリピン料理「アドボ」。塩味が強くご飯に合う

フィリピン人は、塩辛いおかずが大好きです。

日本人と同様にお米が主食なので、白米をいっぱい食べられるしょっぱいおかずは食事に欠かせません。
塩気は基本的に塩やしょう油で味付けられています。

好まれる味②酸っぱい

酸っぱい果実「タマリンド」
酸っぱい果実「タマリンド」

「酢」、酸っぱい果実の「タマリンド」、柑橘系の「カラマンシー」を使用するなど、スープやソース類は酸っぱいものが多いです。

料理によって甘酸っぱい、辛くて酸っぱいと使い分けられています。
常夏のフィリピンなので、暑さで食欲がないときに酸味のある食べ物はぴったりです。

好まれる味②辛い

小粒の「唐辛子」
小粒の唐辛子

ワサビやからしのようなツンとくるもの、刺激的なブラックペッパーではなく、ピリっと辛い唐辛子が好まれます。

家庭やレストランでは、おかずやスープに長さ10cm以上ある「緑色の生唐辛子」、お肉やお魚の付けダレに長さ2cm程度の「小さな赤色の生唐辛子」を使用するのが一般的です。

そして、辛いものは基本的に、「唐辛子+酢」のように酸味も強くした料理が多いです。

好まれる味③脂っこい

フィリピンで定番のおかずは「揚げ物」
フィリピンで定番のおかずは「揚げ物」

フィリピン料理といえば揚げ物や炒め物が多いです。
レストランのメニュー、一般家庭の食卓には茶色い食べ物がよく並びます。

そのため、フィリピン人が行く庶民的な食堂や屋台(ストリートフード)、ファストフード、レストランなどでは揚げ物が定番メニューです。

庶民的な食堂や屋台では火力の弱いコンロを使用しているため、低温で時間をかけながら調理します。
そのため、食材が油をたっぷり吸収します。

また、揚げた後に余分な油を落とさずバットに並べて提供することが多いので、日本人には油っこいと感じることが多いです。

 

「フィリピン人にとってどれだけお米が欠かせないのか」について詳しく知りたい方は、こちらの記事もぜひご覧ください!
【フィリピン】米メニューは必須!世界的なファストフード店もローカライズ化

好まれる味④甘い

一口食べただけで喉が渇くほど甘い「ケーキ」
一口食べただけで喉が渇くほど甘い「ケーキ」

飲み物やスイーツはとにかく甘いものだらけです。

日本人が好む甘さ控えめという概念は一切ないため、無糖の飲み物や甘くないスイーツを探すのに一苦労するほど。

 

「お米を使ったフィリピンの定番スイーツ」について詳しく知りたい方は、こちらの記事もぜひご覧ください!
【フィリピン】食事はもちろんスイーツも!世界屈指の米消費大国
↑公開後、要リンク貼る

フィリピン人に好まれる味には理由があった

フィリピン料理の特徴は、なぜ味が濃く、脂っこい料理なのでしょうか。
その理由は「長期保存のため」と「気候がらカロリーを必要とする」ことが挙げられます。

理由①長期保存のため

食材や飲みものを冷やすのに欠かせない冷蔵庫
暑い時期や食材の保存に欠かせない冷蔵庫

日本では1家に1台あるのが当たり前の冷蔵庫ですが、フィリピンでは所持していない家庭も珍しくありません。

そのため、塩分濃度を非常に高くする、炒める、煮る、揚げる、干す(長期間乾かす)ことで、食材の保存期間を長くする工夫をしています。

理由②気候がらカロリーを必要とする

きれいなビーチ沿い
十分なカロリー摂取が必要なほど一年中温暖な気候

フィリピンは一年中暑いため、生活しているだけで多くのカロリーを消費します。

暑さでバテないようにするために味付けは濃かったり、甘かったりします。
加えて食事の回数や摂取量が多いため、日本人と比べてふくよかな人が多いです。

フィリピン人が苦手な食事

続いて、フィリピン料理にはあまり存在しなく、フィリピン人が苦手な食材などを紹介します。

苦手な食事①野菜料理

緑黄色野菜たっぷりのサラダ
日本人にとっては食欲をそそる緑黄色野菜たっぷりのサラダも、フィリピン人にとっては苦手な味

フィリピン人にとって野菜は料理の彩り程度で、積極的に食べる物ではありません。

涼しい山岳地域で収穫された野菜は食材本来の甘みを感じられ、しっかり色付いていますが、フィリピンのほとんどのエリアでは猛暑のためおいしい野菜が育ちません。
また、親が野菜嫌いなことが多く、その子どもは野菜を食べる機会が少なくなります。

これらの理由から、日本人のように「油っこい食べ物が続いたから、さっぱりしたものを食べよう」「健康や美容のために野菜を食べよう」という考え方は一般的ではありません。

苦手な食事②熱過ぎる食べ物

熱々の料理
熱々の料理

日本の食べ物は、「温かいものは温かいうちに、冷たいものは冷たいうちに」というものが多い傾向にあります。
そのため、完成された料理は素早くテーブルに運ばれてきたり、冷めにくいように事前に食器を温めたりと工夫が詰まっています。

一方、フィリピンは気候が暑いせいか、熱々の料理はあまり存在しません。
フィリピン人は猫舌が多いのかもしれませんが、お皿に盛り付けられた温かいご飯でさえ、食べる前にスプーンとフォークで崩して冷ましながら食べるほどです。

苦手な食事③冷たい食べ物

しっかり冷やされた冷麺
暑くなると無性に食べたくなるしっかり冷やされた冷麺は、フィリピンでは「考えられない」料理

日本では、暑い夏に冷やし中華、冷製スープ、かき氷を食べたくなり、キンキンに冷えたジュースやお酒といった飲み物も恋しくなります。

一方、フィリピンは日本と比べて暑い期間が長いにもかかわらず、冷たい食べ物はアイスクリームやハロハロ(フィリピン版かき氷)、飲み物くらいしかありません。

そのため、わざわざ冷やした麺類やスープ、おかずなどを食べるなんて「考えられない」という感覚があるようです。

まとめ

今回はフィリピン料理の特徴、フィリピン人に好まれる味・苦手な食べ物について紹介しました。

フィリピン料理はスペインやアメリカ、中国などさまざまな食文化が入り混じっていますが、日本人にとって慣れ親しんだ料理もたくさあります。

大都市では、日本食店の集まるエリアが数多く存在するほど、フィリピン人にとって和食がなじみのある食べ物となってきました。

フィリピンに和食文化がもっと広まることで、日本ならではの食べ方がさらに受け入れられるようになるといいですね。

この記事を書いた人(著者情報)

越後 ジェニ

フィリピン在住4年のフリーWebライター。
セブ島留学を機に、フィリピンの魅力を発信していきたいと思いWebライターの世界へ。

前職では旅行業や飲食業に携わった経験を活かしながら、アジアを中心に日本国内外のグローバルな記事制作を得意としています。

フィリピンの大都会セブ島と、自然溢れる田舎町ボホール島の両方を経験しているからこそ分かる、リアルな現地情報をお届けします!

  • 友だち追加
海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介

G-FACTORYグループは、ASEAN進出を目指す飲食店オーナー、
外国籍人材の採用を検討している飲食店様を全面サポートいたします。