ホーム >  ミャンマー > 【ミャンマー】ミャンマー飲食店最新動向:地方料理に目を向け始めたローカルレストラン

【ミャンマー】ミャンマー飲食店最新動向:地方料理に目を向け始めたローカルレストラン

LINEで送る
Pocket

ここ数ヶ月、ヤンゴンで新たにオープンした店で目に付くのが、ミャンマーの地方料理をメニューに並べる店だ。
そのほとんどがカフェのようなお洒落な雰囲気で、経営者も若い人が多い。
こうした流行の背景を、ミャンマーの外食文化におけるここ数年の動きとともに考えたい。

昼時にオフィス街で店開きする定食屋台
昼時にオフィス街で店開きする定食屋台

非日常食が外食レストランのメインメニュー

ミャンマー人はあまり外食を好まない。
単身者が食事をとったり、共働き家庭が惣菜を買ったりする大衆食堂や屋台は一定数あるが、会社や学校には弁当を持参し、朝食や夕食も家庭で食べるのが一般的だ。
3食とも外食ですませる家庭が少なくないベトナムなどに比べると、ぐっと外食機会が少ない。

ミャンマーでもっとも一般的な大衆食堂
ミャンマーでもっとも一般的な大衆食堂

2011年と、国際市場リサーチ会社の少し古い調査結果になるが、外食産業の規模はベトナムの1割以下、店舗数ではベトナムの5%ほどという結果が出ているという。

理由は様々考えられるが、食べ物はもてなすものであって対価として金銭を受け取るのは仏教的考えと相容れないから、という説がよく言われている。
しかし、それは托鉢などにも供する日常食についてであって、中華料理やタイ料理といった非日常食はその限りではないらしく、大衆食堂よりもレベルが上のミャンマー人が外食に利用するレストランでは、これら2つの料理を出す店が昔から多かった。

2010年代に入り日本料理店が流行

2010年代に入り、中華料理とタイ料理に加え日本料理や韓国料理を出す店が目に付くようになってきた。
そういった店では、メニューのページが料理カテゴリーごとに分かれていることが多い。

寿司の屋台なんてものもある。もちろん生魚は使っていない。
寿司の屋台なんてものもある。もちろん生魚は使っていない。

この頃から日本料理、韓国料理、タイ料理と1カテゴリーの料理のみを出すレストランが増えてくる。

日本や韓国、タイへ留学や就業で行っていた人たちが、民主化へと門戸を開き始めたミャンマーへ帰ってきて店を開くケースが多かったようだ。

少数民族レストランの増加

2015年頃から多くなってきたのが少数民族料理店だ。
中華料理に近いシャン族の料理を出すシャン料理店は昔から一定数あった。

高級少数民族レストランのはしりとなった2013年オープンの「シャンヨーヤー」 Shan Yoe Yar 住所:169 War Dan Rd., Lanmadaw Tsp., Yangon 電話:09-7658-88986 営業時間:6:00~22:00
高級少数民族レストランのはしりとなった2013年オープンの「シャンヨーヤー」
Shan Yoe Yar
住所:169 War Dan Rd., Lanmadaw Tsp., Yangon
電話:09-7658-88986
営業時間:6:00~22:00

が、ここにきてカチン族やラカイン族の料理を出す店が数を増やし、ワ族、モン族、チン族、カヤン族といったレアな少数民族の料理を出す店も現れ始めた。

そしてお洒落系カフェ&バーの流行へ

こうした動きと平行して、お洒落系レストラン、カフェ、バーといった店も次々とヤンゴンに増えていった。

こうしたお洒落系飲食店の多くは経営者(共同経営含む)か欧米人か、欧米やバンコク、中国に長く滞在して帰国したミャンマー人が多く、客層のターゲットも在住外国人や外国人旅行者、ミャンマー人セレブだった。

すでに閉店したお洒落系カフェバー。欧米人経営の場合、賃貸や法律上のトラブルで繁盛していても閉店する場合もある。
すでに閉店したお洒落系カフェバー。欧米人経営の場合、賃貸や法律上のトラブルで繁盛していても閉店する場合もある。

最新トレンドはインスタ映えする地方料理

そしてここ1年ほどで増えてきたのが、カジュアル&ハイセンスなミャンマー料理店。

ターゲットは、経済発展を遂げ厚みを増してきた比較的若い世代の中流層だ。
どの店も外国人をターゲットにした店ほどは内装にお金をかけず、それでいてローカル店とは一線を画すモダンさと清潔さを兼ね備えている。

こうした店のメニューで目に付くのが、地方の郷土料理をフューチャーしたもの。
日本の約1.8倍の面積があり、湿地が多いデルタ地帯から乾燥地帯、山岳地方までさまざまな気候地帯を国内に擁するミャンマーでは、少数民族料理以外にもバラエティに富む郷土料理がある。
大衆食堂とひと味違う珍しいメニューを出すことで、ミャンマーでも大流行しているインスタ映えを狙っているのだ。

 郷土料理のおすすめレストラン

いくつかの店を紹介する。

こちらの「マンダレーティールーム」はオープンが約1年前と、地方料理ブームのごく初期の店だ。

Mandalay Tea Room 住所:224/4 Yan Nyein 2nd Rd., Yankin Tsp., Yangon 電話:09-4237-94320 営業時間:7:00~16:00
Mandalay Tea Room
住所:224/4 Yan Nyein 2nd Rd., Yankin Tsp., Yangon
電話:09-4237-94320
営業時間:7:00~16:00

ミャンマー第2の都市、マンダレーの料理を出す店だが、話題になっているのはマンダレー近くのザガイン管区コータウンの麺料理、コータウンモンティ。

手前がコータウンモンティ、奥がラーショー風ソーセージ。ラーショーはシャン州の町。
手前がコータウンモンティ、奥がラーショー風ソーセージ。ラーショーはシャン州の町。

 

ダウンタウンの「パンロン21」は少数民族と地方料理の両方を出す。

Panglong 21 住所:2F, 182 Mahabandoola Park Rd., Kyauktada Tsp., Yangon 電話:09-4588-84410 / 4588-84420 / 45888-84430 営業時間:9:00~22:30
Panglong 21
住所:2F, 182 Mahabandoola Park Rd., Kyauktada Tsp., Yangon
電話:09-4588-84410 / 4588-84420 / 45888-84430
営業時間:9:00~22:30

 

インスタ映え度が高いと人気なのは、「タミントゥ4点盛り」。
タミントゥとはごはんを様々な調味料と和えた、いわばごはんサラダ。
ヤンゴン風、バガン風、ヤカイン地方風、インレー湖地方風と4種類のタミントゥを一度に味わえる。

4地域のタミントゥが味わえる「タミントゥ4点盛り」。

 

最後は極めつけの、その名もまさに「ローカルバマーズ・レストラン」。
「ビルマの地方料理レストラン」の意味だ。

Local Burmese Restaurant 住所:77E Shin Saw Pu Rd., Sanchaung Tsp., Yangon 電話:09-2512-94027 営業時間:7:00~17:30
Local Burmese Restaurant
住所:77E Shin Saw Pu Rd., Sanchaung Tsp., Yangon
電話:09-2512-94027
営業時間:7:00~17:30

こちらは「ピィ地方風ミックスサラダ&ごはん」。

ピィはヤンゴンから車で5時間ほど北上した、ミャンマー唯一の世界遺産を有する古都。
ピィはヤンゴンから車で5時間ほど北上した、ミャンマー唯一の世界遺産を有する古都。

これまで鎖国に近かったミャンマーへ一気に流れ込んだ外資系外食企業や、軍事政権下で他国へ逃れていたミャンマー人の帰還。
それに加えて急速な経済発展に伴う中流階級の台頭。

近隣国の料理から少数民族料理、地方の郷土料理とエンターテイメント性を多様に広げてきたミャンマーの外食産業の次の一手は、どのような展開になるのだろうか。

 

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介