ホーム >  ミャンマー > 2017年、ヤンゴンのトレンド料理はマーラーシャンコー

2017年、ヤンゴンのトレンド料理はマーラーシャンコー

LINEで送る
Pocket

ヤンゴンで、いま最もホットな料理といえばマーラーシャンコーだ。
昨年からじわじわと流行り始め、この半年ほどで人気料理になった。

汁なしタイプのマーラーシャンコー
汁なしタイプのマーラーシャンコー

流行のきっかけになったのは、2016年2月にオープンした「ザ・スパイシーハウス」。
その後チェーン店化し、大型ショッピングセンター内の飲食店街を中心にヤンゴン市内で5店舗まで増えた。
同店を真似た店も目に付き始めた。

中国では10年ほど前に流行して定着

マーラーシャンコーの発祥は中国四川省。
漢字で麻辣香鍋と書く。
2000年代後半に北京を始めとする四川省以外で流行し始め、その後定着。
それがさらに台湾などの周辺諸国へ伝播し、タイでも数年前に流行している。
検索してみると、日本でも食べられるレストランがいくつかあるようだ。

こちらは汁ありタイプ
こちらは汁ありタイプ

マンダレーにはもっと前から存在

実は、10年以上も前からマーラーシャンコーを出していた店がマンダレーにある。
現在、ヤンゴンでも3店舗を展開する「カウンカウン」だ。
マンダレーはミャンマー第2の都市で、ヤンゴンよりも中国に近く、中華系ミャンマー人や中国人も多い。
オーナーは中華系ということだから、中国の流行をいち早く取り入れたのだろう。
ヤンゴンでの流行にのり、2017年5月にヤンゴンへも進出した。

Kaung Kaung(ミャンマープラザ店) 住所:3F, Myanmar Plaza, Kabar Aye Paya Rd, Bahan Tsp., Yangon 営業時間:10:00~21:00(金・土曜~22:00)
Kaung Kaung(ミャンマープラザ店)
住所:3F, Myanmar Plaza, Kabar Aye Paya Rd, Bahan Tsp., Yangon
営業時間:10:00~21:00(金・土曜~22:00)

シャン料理のマーラーヒンそっくり

さらに言えばミャンマーにはもともと、マーラーシャンコーにそっくりな料理があった。
シャン料理のマーラーヒンだ。

多民族国家ミャンマーにあってシャン族は人口の9%を占め、ビルマ族に次ぐ第2の規模を誇る。
中国の雲南省あたりに起源を持ち、雲南料理に近い食文化を持っている。
ビルマ料理に比べて脂分が少なくバラエティに富むシャン料理はミャンマー全土で人気が高く、ミャンマー北部に広がるシャン族居住エリアから遠いヤンゴンにも数多くのシャン料理レストランがある。

そのシャン料理の中でも比較的よく知られたメニューのひとつが、マーラーシャンコーにそっくりなマーラーヒンだ。

田舎の素朴な食堂で食べたマーラーヒン
田舎の素朴な食堂で食べたマーラーヒン

ヒンとはミャンマー語で汁物や惣菜全般を総称する単語なので、漢字にすると麻辣菜か麻辣汁といったところか。
雲南省と四川省は地理的に近いので、四川料理のマーラーシャンコーがシャン族に伝わった可能性もありそうだ。

マーラーヒンは野菜や肉、魚介類、キノコ類、豆腐などを唐辛子たっぷりでごった煮にした汁気のない料理で、ごはんにかけて食べる。
具材は店によって異なるが、ウズラの卵と豆や米を原料とする延びにくい固めの麺はどこの店で食べてもたいてい入っている。

ビュッフェスタイルの従量制

マンダレーのものやシャン料理のマーラーヒンと現在ヤンゴンで流行しているマーラーシャンコーの1番の違いは、ビュッフェ形式で客が具材を選べる点だ。
「ザ・スパイシーハウス」では店内に野菜や肉をカテゴリーごとに分けたビュッフェラインがあり、客がボールに好きなだけ具材を入れていく。

野菜と肉は別々のボールにとる
野菜と肉は別々のボールにとる

最後にレジで重さを測って料金を払い、マーラーヒンのように汁なしで調理するか、鍋料理のように汁ありで調理するかを告げ、数段階ある辛さを指定。
さらに白いごはんかチャーハンかを選ぶ。
セットメニューもあり、2人前で1000円程度からとなっている。

つまり、流行の肝はビュッフェスタイルを取り入れたエンターテイメント化にあるといえる。

重さで料金が決まる
重さで料金が決まる

開店のきっかけは中国留学

「ザ・スパイシーハイス」のオーナーであるアウンチョウサンさんに話をうかがった。
彼は中国系の血が入った弱冠24歳の若者で、中国に留学中、この料理に遭遇したという。

「ザ・スパイシーハウス」のオーナー、アウンチョウサンさん
「ザ・スパイシーハウス」のオーナー、アウンチョウサンさん

「マーラーヒンに似ていますが、自分で具材や辛さを選べるところがミャンマー人受けすると思いました。ミャンマーでは数年前から、具材をビュッフェ形式で選べる鍋料理店がはやっていましたから」

帰国すると父親の資金援助を受け、若者の街レーダンに新しくオープンした大型ショッピングセンターに第1号店をオープン。
若者をターゲットにした明るくモダンなインテリアも、店のヒットに貢献していそうだ。

The Spicy House(レーダンセンター店) 住所:B1F, Hledan Centre, Pyay Rd, Kamaryut Tsp., Yangon 営業時間:10:00~21:00
The Spicy House(レーダンセンター店)
住所:B1F, Hledan Centre, Pyay Rd, Kamaryut Tsp., Yangon
営業時間:10:00~21:00

進む食のエンターテイメント化

周辺諸国に比べ、外食文化が遅れているミャンマーでは“エンターテイメントとしての食”がまだ発展しているとはいえない状態だ。
その中にあって、ビュッフェ形式の鍋料理やバーべキューの店のヒットがこの数年でもっとも顕著な食の流行だった。
マーラーシャンコーもその一端といえる。

ただ食べるだけでなく、食を通してなんらかのプラスアルファを楽しめる店が、今後もあとに続くのかもしれない。

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介