ホーム > トップインタビュー > 【TOP INTERVIEW】Jfort Pte Ltd 松本 尚氏

【TOP INTERVIEW】Jfort Pte Ltd 松本 尚氏

  • 友だち追加

赤字店舗を必ず黒字に転換させる男

ー 日本産牛を1頭買いすることで希少部位を安く提供し、コストパフォーマンスに優れていると人気の焼肉店「焼肉王」。オーナーの松本氏が飲食業界に入ったきっかけとは?
高校卒業後、警備員や居酒屋、ホテルのキッチンなど、さまざまな業種を経て大手飲食企業に就職しました。居酒屋のキッチンスタッフとして入社し、数ヶ月で店長になりましたが、売上は前年比40%という瀬戸際の店舗でした……。すぐに低迷の理由を突き止めるために動き、黒字へ転換することに成功しました。その後も次々に系列の赤字店舗の売上を回復させ、全部で500店舗ほど復活させました。

ー どのように売上を伸ばされたのですか?
マーケティングの4P分析をもとに指標を割り出し、全てを「数値化」したのです。「Place(場所)」、「Product(商品)」、「Price(価格)」、「Promotion(販売促進)」のうち相互に関連する複数の要素を掛け合わせてマーケティング戦略を立案する方法です。この分析から、その店に合ったお客様のニーズをくみ取って指標化し、店舗運営に反映させました。例えば、立地条件として集客が厳しい店舗は、価格と商品で勝負するなど、4Pのうちの1つ以上を突出させていました。

ー 具体的に教えてください。
石川県の赤字店舗の立て直しをした際は、某女子大学の近隣店舗だったので、女生徒の目的来店を増やそうと2009年に「女子会プラン」を打ち出しました。類似した立地の店舗には同プランを導入し、当時流行していたAmeba Blogの人気女性ブロガー2000人に記事投稿を依頼したところ、たちまち話題になり売上は約5倍に。「女子会」という言葉は、翌年の新語・流行語大賞のトップ10にも選ばれました。

ー 「女子会」の生みの親は松本さんだったのですね!!
今ではすっかり定着した言葉かと思いますが、当時は女性が大勢で飲みに行く風潮があまりなかったため、社会的にも大きな反響を呼びました。その他の功績も含めて会社に評価され、約10年で営業を統括する営業推進室長まで昇格。しかし、経営者の世代交代などにより社内で立場を失い、他部署への異動を命じられたことを期に2012年に退社しました。

シンガポールでゼロからのスタート

ー 退職後はどうされたのですか?
大阪で、知人が経営しているラーメン店のアドバイザーをしていました。その後、知人からシンガポールで飲食店開業を考えている投資家の方がいると聞き、雇用されるのではなく、自分も新会社に出資することを条件として掲げ、渡星を決断しました。

ー もともと海外進出したいという想いはあったのですか?
いえ、ありませんでした。実は大手飲食企業を退職した後に、多数お声を掛けていただいたのですが、前職と同じ業務に従事することに疑問を持っていました。ゼロから新しいことに挑戦したいという気持ちがあったからです。そこで、アジアの中でも飲食店の成功率が低いとされている国で、自分が培ったマーケティング手法が通用するのかを試したいと思い、シンガポール移住を決断しました。

ー シンガポールに移住されてからはいかがでしたか?
2014年11月、シンガポール随一の繁華街・オーチャードにあるショッピングモール内に、うどんとカレーを提供する「うどん五縁(現:和食五縁)」を出店しました。飲食店を経営している知り合いが多く、さまざまな場面でアドバイスや助力をもらえたため、出店の際に苦労することはありませんでしたが、オープンしてしばらくは赤字でした。私は店舗のオペレーションを担当しており、売上を上げるための秘策として目玉メニューの変更をすることにしました。

ー どのようなメニューを考案されたのですか?
シンガポール人はSNSを頻繁に利用するので、「写真映え」する巨大なチキンカツがのったカレーをメニューに加えました。あえてメニュー表では小さいカツの写真を使用し、驚いたお客様がSNSに投稿するように仕掛けたのです。拡散、口コミ効果を狙っての秘策でした。これが見事大当たりし、連日行列ができるほどの人気店に。4坪でおよそ12万ドル(約960万円)を売り上げる店舗になりました。「和食五縁」はシンガポールに20店舗ほど展開する人気チェーンとなり、次は焼肉業態のオープンを計画しました。

  • 友だち追加

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介

G-FACTORYグループは、ASEAN進出を目指す飲食店オーナー、
外国籍人材の採用を検討している飲食店様を全面サポートいたします。