ホーム >  シンガポール > 【シンガポール】シンガポールのサードウェーブコーヒーは単なるブームにあらず①

【シンガポール】シンガポールのサードウェーブコーヒーは単なるブームにあらず①

LINEで送る
Pocket

入れ替わりの激しいシンガポールの飲食業において、この10年人気を保ち続けている「サードウェーブコーヒー」。
日本では、広く浸透して来たのはやっとここ数年といった感じのジャンルですが、シンガポールで人気がいち早く高まった理由と現況をお伝えします。

サードウェーブコーヒーとは?

「サードウェーブコーヒー」という言葉は、日本では2014年、アメリカのコーヒーチェーン「ブルーボトルコーヒー」が上陸したのをきっかけに一般に広く認知されるようになった感がありますが、2000年代初頭には多くの国で使われ出していた、人々のコーヒーの嗜好の大きなトレンドを現したものです。

こIMG_8694 - Copy
オークランド発祥のブルーボトルコーヒー

「サードウェーブコーヒー」という言葉は、アメリカで生まれました。
「ファースト」と「セカンド」があっての「サード」な訳ですが、「ファースト・ウェーブ」は19世紀後半からアメリカでコーヒーを飲む習慣が人々に広まったことを指し、「セカンド・ウェーブ」は、スターバックスの台頭などに代表される、本格コーヒーの大衆化のことを言い、そして「サード・ウェーブ」は、セカンドウェーブがより成熟した結果、こだわり抜いた高品質な豆を熟考された製法で焙煎、そして数ある中から選んだコーヒーマシーンで淹れたコーヒーを出すカフェやそれを楽しむ人が増えたことを表すものです。
サードウェーブコーヒー的なムーブメントは世界各国で同時期に見られたため、今では広く使われています。

シンガポールに深く根付くコーヒー文化
シンガポールでは「coffeeshop talk」という言葉もあるくらい、仲間同士でコーヒーショップに集まることが多い
シンガポールでは「coffeeshop talk」という言葉もあるくらい、仲間同士でコーヒーショップに集まることが多い

シンガポールを含むマレー半島全域には昔から独自のコーヒー文化が根付いています。
シンガポールではホーカーセンター(固定式屋台)やフードコートにはコーヒーのストールが必ずあり、独立したコーヒーショップも数多く存在。
それらの場所で飲まれているのは、豆に砂糖とマーガリンを加えて焙煎した「コピ」と呼ばれるローカルコーヒーですが、1杯1.50ドル(約130円)前後と手軽なのもあり、朝方はお年寄りのグループ、ランチタイムには昼食を終えた会社員のグループなどがコーヒーを前に集まる姿が多く見られ、出勤時間には朝の一杯を求める人がコーヒーショップに列を作っています。
若い人からお年寄りまで、コーヒーが生活の一部という人が多いのです。

こIMG_0093 - Copy
お気に入りのコーヒーショップの一杯を手に出勤する人も少なくない

また、コーヒー大国といわれるオーストラリアから地理的にそう離れておらず、同じ英語を使用する国でもあるので、Toby’s Estateなどのようにオーストラリアから上陸したものや、40Hands、Commonman Coffee のようにオーストラリア人ダイレクターが指揮を執るロースター・カフェもあります。
また、現在ではイギリスやアメリカでも取り入れられている、「ロングブラック」や「フラットホワイト」などのオーストラリア式のコーヒーの飲み方が、シンガポールのカフェでは先駆けて普及していたことも示すように、近年はオーストラリアの豊かなコーヒー文化の影響も強く受けています。

こcommonman (2) - Copy
Commonman Coffeeは豪州人ダイレクターとローカル企業のコラボで成功しているロースター兼カフェ

そのような土壌のお陰もあり、2000年代の後半から、シンガポールではサードウェーブコーヒーのカフェの数がうなぎのぼりに増え、その需要に応えるようにローカルのロースターもたくさん誕生しています。

シンガポールにサードウェーブコーヒーのムーブメントが入って来てから10年超、質を追求したカフェやロースターの出店は都心から郊外にも広がりを見せ、勢いはまったく衰える気配がありません。

こIMG_1064 - Copy
Pacamara Boutique Coffee Roasters Singaporeは郊外の不便な場所にも関わらず、週末はいつも混み合う盛況ぶり。
こIMG_1058 - Copy
Pacamara Boutique Coffee Roasters Singaporeはその時仕入れられる最高のコーヒーが週替わりで出される。

次回は、シンガポールにはどんなサードウェーブコーヒーのロースターやカフェがあるのかをご紹介します。

 

【Toby’s Estate】

Webhttp://www.tobysestate.com.sg/

Facebook:https://www.facebook.com/TobysEstateCoffeeAsia

【40 Hands】

Webhttps://www.40handscoffee.com/

Facebook:https://www.facebook.com/fortyhands/

 

【Common Man Coffee Roasters】

Webhttps://commonmancoffeeroasters.com/

Facebook:https://www.facebook.com/commonmancoffeeroasters

 

【Pacamara Boutique Coffee Roasters Singapore】

Webhttp://pacamara.sg/

 

 

※文中のレートは2018年2月のものです。

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介