ホーム >  タイ > 【タイ】開放的な景色が楽しめるバンコクのルーフトップバー事情

【タイ】開放的な景色が楽しめるバンコクのルーフトップバー事情

LINEで送る
Pocket

バンコクで有名なルーフトップバーと言えば、ルブア アット ステートタワーの「シロッコ」ではないでしょうか。
映画「ハングオーバー2」のロケで使用され、ガイドブックの表紙になる程の人気です。
しかし、コーラを立ち飲みして約1,000円というのは中々なお値段ですね。
今回はバンコクのルーフトップバー事情についてお伝えします。

筆者のおすすめ!Cielo

003
場所が少々分かりにくいのですが、BTSプラカノン駅を降りたら大通りをオンヌット方向に5分ほど歩きます。
この看板が見えたら左へ。
Cieloが入っているW Districtの中へ入って行きます。

02

夜景も素敵ですが、店内装飾も派手!46階という高さから360度のパノラマを眺める事が出来るので、都心のビル街やチャオプラヤー川も見えます。

アクセス:BTSプラカノン駅から徒歩5分、W District内 SkyWalkコンドミニアム46階
営業時間:17時から午前1時まで
電話 081-916-4270
https://www.cieloskybar.com/

こちらはオープン当時から何度も行っているお店ですが、当初より値段が上がってしまった点が気になるところ。
初めて行った時はコーラが60バーツ(約200円)でしたが、今は120バーツ(約400円)と2倍になっています。

人気と値上げの理由は?

002

タイ国産のシンハービールが200バーツ(約680円)と良いお値段ですが、素敵な夜景が360度楽しめます。
以前は「ツェッペリン」という、知る人ぞ知る隠れ家的なバーで、ドリンクメニューも少なく、フードメニューはおつまみ程度でした。
そのせいかお客さんは少なく、音楽も控えめで静かにゆっくり話すのには最適なお店でした。
ゆったりと過ごせるのは、筆者としてはポイントが高かったです。
しかしオーナーが代わり、「Cielo」として再オープンしてから、あっという間に人気店となり連日満席。
音楽も大音量のロックに変わり、フードメニューも充実して、特にモクテル(ノンアルコールカクテル、バンコクでバーに行くと必ずと言っていいほどあります)とボリュームのあるお料理が豊富。
アルコールメニューも各種取り揃え、パーティー好きな人たちの人気を博したわけです。
静かに語り合う場所ではなくなってしまいましたが、 ここから見る夜景はお気に入りなので、お値段が変わっても相変わらず通っています。
しかし、オーナーが変わるだけでこんなにもお店が変わるものなのですね。

日本人には難しい?

78

こちらはトンローの某ルーフトップバー。
以前日本人オーナーが経営していましたが、経営者がタイ人に変わり大繁盛店となりました。
当時の日本人オーナーと話したところ、「昼間は駐在員の奥さまが来てくれるんだけど、夜はどうも・・・」ということでした。
それもそのはず、バンコクに住む日本人は7:3の割合で圧倒的に男性が多く、男性同士でルーフトップバーはあまり行かないのでは?と思います。
また、バンコク在住の日本人女性の6割が駐在員の奥様で、夜は出掛けられない人が多いのです。
現地採用で働いている女性でも深夜まで出歩く人は少なく、私もルーフトップバーで日本人を見かけることはほとんどありません。
いるとしたら観光客でしょうか。
ルーフトップバーに集まるのはタイ人カップルや欧米人グループが多く、日本人をターゲットにすると集客が難しくなるのは否めません。
筆者が最近このお店を訪れた時は予約で埋まっており、入店出来ませんでした。
確かに、夜景とライトアップされたプール・・・カップルに人気なのは間違いなしです。

ピンチをチャンスに

しかし、日本人にルーフトップバーの経営が無理だとは思いません。
実際パタヤには日本人経営のルーフトップバーがあり、欧米人に人気です。
つまり、日本人経営だからと言ってターゲットを日本人に絞らず、タイ人や欧米人向けのお店にすれば集客は可能なのです。
日本のおもてなしで他のバーと差別化すれば十分に勝機はあると思いますので、ぜひ日本人経営者にも勝ち星をつかんで欲しいものです。

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介