ホーム >  マレーシア > 【マレーシア】ロックダウン中でも自宅で憩いのティータイムを。日本人経営のカフェ「J-Kissa」

【マレーシア】ロックダウン中でも自宅で憩いのティータイムを。日本人経営のカフェ「J-Kissa」

  • 友だち追加

2021年5月時点でマレーシアは新型コロナウイルスの蔓延防止策としてMCO(movement control order)と呼ばれる規制が全土で続いており、店内での飲食は禁止されています。

今回のMCOは5月12日から6月7日までの予定です。

州越えはもちろん、州内の区移動も許されておらずかなり厳しい制限措置です。
在宅勤務が推奨され、スーパーやレストランも20時で閉まってしまいます。

そんな中、日本人が経営している喫茶店「J-Kissa」が今人気急上昇です。
先日マレーシアで有名な日本人YouTuberさんによって紹介され、私も存在を知りました。
日本人や中華系のマレーシア人が多く利用しているそうです。




やはり日本人たるもの、時には日本のカフェならではのワンプレートや軽食を食べたくなります。
マレーシアにはたくさんのカフェがありますが、そのような日本風のカフェは残念ながら少ないです。

筆者のように日本の味が恋しくなった時の救世主となるカフェが、セランゴール州のスバンジャヤにあります。

セランゴール州はクアラルンプール州に隣接していて、クアラルンプールの中心部からは車で30分くらいでスバンジャヤに着きます。

日系ショッピングセンターのAEON Big Subang Jayaに入居し、最寄り駅のスバンジャヤ駅までは国鉄か高架鉄道で行くことができ、配車サービスのGrab Carを利用する方法もあります。

時間帯によってメニューが異なるようですが、あいにく現在ロックダウン中でお店に訪れることができないため、GrabFoodで注文した内容を紹介します。

GrabFoodには、下記の写真のように
・Pound Cake
6.8リンギット(約179円)
・Special Gateau Chocolat
34リンギット(約895円)
などコーヒーにぴったりのスイーツの他、
・Ginza Curry Rice
18リンギット(約474円)
・Hokkaido Cream Stew
18リンギット(約474円)
などしっかりしたご飯ものまであります。

もちろんコーヒーやお茶もラインアップ。
写真にはありませんが、トーストも注文可能です。

ちなみに、品切れは表示されないため、注文時にメニューが異なる場合もあります。

  • 友だち追加
海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介

G-FACTORYグループは、ASEAN進出を目指す飲食店オーナー、
外国籍人材の採用を検討している飲食店様を全面サポートいたします。