ホーム >  ベトナム > 【ベトナム】ダナン・ホイアン土産に大人気!オーガニック石けん・コスメ「SAPO」オーナーインタビュー

【ベトナム】ダナン・ホイアン土産に大人気!オーガニック石けん・コスメ「SAPO」オーナーインタビュー

LINEで送る
Pocket

皆さんはベトナム土産と言えば何を想像しますか?
フォー?アオザイ?ココナッツオイル?
ダナンやホイアンの観光の繁忙期には入荷待ちにもなる「SAPO」のオーガニック石けんやコスメ。
実は日本人の奥様がホイアンで作っていらっしゃるんです!
今回はホイアンで翻訳家や育児をしながら「SAPO」の商品製造・販売をされている日本人女性オーナー、河田さんにインタビューをさせて頂きました。

IMG_8840-1

記者:河田さんの簡単な経歴を教えてください。
河田氏:大学卒業後、印刷会社で2年働いた後、ロンドンに1年間留学しました。
帰国後は広告などの制作会社でコピーライターをしていましたが、中学生の頃からの夢でもあった翻訳の仕事がしたいと思い、翻訳会社への転職を経て通信講座で翻訳を学び、フリーランス翻訳家になりました。
海外で働くことも視野に入れていたので、パソコン1つで仕事ができること、またこれまで携わってきた文章に関わる仕事でもあり、今では天職だと思っています。
ベトナムに住んで8年半ですが、初めはビジネスをするつもりはありませんでした。
商業目的よりも必要に迫られ、また多くの人との出会いと支援を受けて、石けん作りを始めることができました。
石けんを販売するにあたっては、材料となるオイルや精油の知識を得るためにアロマテラピーの資格を取り、1年ほどかけて試作を繰り返し、自分が一番いいと思える独自のレシピを考え出すためにリサーチも入念に行いました。

記者:ベトナム進出のきっかけは何ですか?
河田氏:ちょうど日本の就労形態や社会に疑問を感じていた頃、イギリスで出会ったパートナーがベトナムで働きたいと言い、私も東南アジアが好きでよく旅行していたので、住んでみようということになったのがきっかけです。

IMG_8871-1

記者:進出前に準備したことは何ですか?
河田氏:海外でも仕事ができるよう、上記の様なフリーランスになるためのキャリアを積みました。

記者:何故、オーガニック石鹸を作り始めたのですか?
河田氏:20代の頃から固形石けんを愛用していましたが、ベトナムに移住し運搬が大変だったこと。
また、ベトナムの洗剤類が肌に合わず、数年間手荒れに悩んでいたこと、2012年に生まれた息子が敏感肌だったことが理由です。

記者:どの様なお客様がいらっしゃいますか?
河田氏:日本人、欧米人の観光客が主なお客様ですが、ベトナム人や在住外国人のお客様も増えています。

記者:人気商品を教えてください。
河田氏:季節によって売れ筋は変わります。
夏は虫除けスプレー、冬はリップとココナッツオイルとシアバターを使ったボディーバターが売れています。
石けんはレモングラスとモリンガが人気です。

IMG_7735

記者:ベトナムで苦労したこと、大変なことは何ですか?(仕事・プライベート・子育てにおいて、など)
河田氏:仕事では、スタッフの確保、教育に苦労しています。
長続きする人材が少なく、慣れた頃に辞める子が多いからです。
ベトナム人は品質や衛生面に対する意識が低く、化学物質の環境への影響から石けん作りのノウハウまで、トータルで教育しているため、任せられるようになるまで最低6ヶ月はかかります。
プライベートでは、子どもの教育には常に悩まされます。
子育て環境としては、ベトナム人は小さい子どもに対して大らかなので、気持ちはゆったりと子育てができましたが、息子が生まれた5年前は、ホイアンで乳幼児に必要な物を手に入れるのは難しく、ママ友もいなかったので、ダナンまで買い出しに行ったり、ダナンの日本人ママと交流して情報交換していました。
ローカルの教育環境はまだまだ整っておらず、中部にはまだ日本語学校や補習校がないので、在住日本人は水準が比較的高いインターナショナルスクールに通っていますが、学費が高額で英語のみの教育になります。
在住日本人も増えてきているので、日本人の子どものいるママたちが中心となり、補習校設立に向けた動きも出てきています。

記者:次のビジョンは何ですか?
河田氏:来年の2月から工房を本格始動させ、定期的にワークショップを開催したいと思っています。
地元の人にもっと環境問題、化学製品の悪影響について知ってもらいたいというのが石けん作りを始めた時からの想いです。
リサイクル廃油石けんや天然スキンケア商品づくりを通して、天然の素材が作る肌の健康を多くの人に意識してもらいたいと思っています。

IMG_4752

記者:これからベトナム進出を検討されている方へのアドバイスはありますか?
河田氏:私はフリーランス、ビジネス設立という道を選びましたが、ベトナム進出への道は他にもたくさんあると思います。
今のベトナムは過去10年間に比べると落ち着いていますが、全体的にまだ活気があり、ビジネスチャンスはたくさんありますし、ホテルやレストランで英語を磨くのもいいと思います。
ただ海外でビジネスをするには、資金があっても簡単に進まない問題が多くあります。
その際、一番大切なのは人との繋がりだと思っています。
私はもともと文系人間なので、マネージメントやマーケティングの知識は全くありませんでした。
これまでやってこられたのは、現地のベトナム人、日本人、欧米人を含めたくさんの出会いがあり、彼らにサポートをしていただいたおかげです。
一方、気を付けてほしいことは、ベトナム人は同じベトナム人でも家族以外信用しないと言われるほど、ビジネスに関してはしたたかです。
外国人でビジネスをコピーされたり、ベトナム人パートナーにビジネスを乗っ取られたり騙されたりしたという話はよく聞きます。
ベトナム人とビジネスをする場合は、信用できる人かどうか、よく見極めてください。
また、ベトナムの都市部を見ると経済的に潤っているように見えますが、農村地域にはまだまだ貧富の差があります。
人件費などコスト面だけに注目せず、ベトナムならではの素材、ベトナム人の器用さなどを生かして、現地の人にとっても有益となるチャンスを作り、ベトナムのサステナブルな発展にも貢献していってほしいと思います。

DSCF4801

記者:ありがとうございます。

私も毎回日本へ一時帰国する際はお土産に悩むのですが、「SAPO」のリップや石けんはお手頃な価格で大きさも丁度よく、パッケージも可愛いので友人たちに喜ばれます。
ベトナム土産に困った際や、ベトナム在住後の普段使いに、是非「SAPO」の商品を使ってみてくださいね。

IMG_8836-1

■SAPO

工房住所: 134 Nguyen Duy Hieu, Cam Chau, Hoi An
TEL: 0122 953 9062
Facebook: https://www.facebook.com/handmadesoaphoian/

取り扱い店舗:

<ダナン>
・Hoa Ly
262 Trần Phú, Phước Ninh, Hải Châu, Đà Nẵng

・Baguette Café Hyatt Regency Da Nang
https://danang.regency.hyatt.com/en/hotel/home.html

・Pulchra Resort
http://www.pulchraresorts.com/index.php/ja/

<ホイアン>
・U Café Hoi An
120 Huyền Trân Công Chúa, Cẩm Châu, tp. Hội An, Quảng

・Bloom Hoi An
107 Trần Cao Vân, Phường Minh An, Hội An, Quảng Nam

*Hoi An Roastery, Cocobox (2018年度〜販売予定)

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介