ホーム >  シンガポール > 【シンガポール】シンガポールのNewトレンドスポットはオシャレカフェが集まる「Tiong Bahru」

【シンガポール】シンガポールのNewトレンドスポットはオシャレカフェが集まる「Tiong Bahru」

LINEで送る
Pocket

今シンガポールで注目を集めているエリア「Tiong Bahru(チョンバル)」

もともとチョンバルは、1930年代にイギリスの支配下で建てられたHDB(国が提供している公団住宅のこと)が立ち並ぶ住宅街だったのですが、

思わず写真を撮りたくなるような可愛いウォールアートが施された本屋さんや、

photo1

スタイリッシュなカフェ

などが続々とオープンし、レトロな街並みと個性的なショップが混在するオシャレスポットとして、注目を浴びています。

最近は、シンガポールの人気カフェが続々とチョンバルにお店をオープン。

今回はチョンバルのオシャレカフェと人気のポイントを紹介したいと思います。

シンガポールで一番美味しいクロワッサンが食べられる「チョンバルベーカリー」

シンガポールに複数店舗がありますが、ダークグリーンのひさしと、可愛い自転車が目印のチョンバル店は、常に満席の人気店。

店内のショーケースには、美味しそうなパンやサンドイッチがずらりと並んでいます。

お店の一番人気は、「シンガポールで一番美味しいクロワッサン」と評されたクロワッサン。

何層にも細かいレイヤーが重なって出来た絶品クロワッサンです。
外はサクッ、中はふんわりの少し大きめのクロワッサンは、これ1個で満腹になるほどのボリューム。

人気のポイントは、本場フランスの味をいち早く持ち込んだこと

「チョンバルベーカリー」は、日本でも有名なフランスのパン職人「ゴントラン・シェリエ」がプロデュースしたベーカリーショップです。

それまでシンガポールには、蒸しパンや総菜パンを提供するローカル感の強いベーカリーしかなかったのですが、チョンバルベーカリーでは本格的なフランスパンが食べられるとあって、大人気のベーカリーになりました。

HDBが立ち並ぶ古い住宅街であったチョンバルが、オシャレなショップが集まるトレンドタウンへと変貌するきっかけとなった先駆者が「チョンバルベーカリー」だったと言っても過言ではありません。

【店舗情報】

Tiong Bahru Bakey

01, 56 Eng Hoon St, 70, Singapore 160056

www.tiongbahrubakery.com/

フランスとバリからヒントを得た、ハイセンスなインテリアカフェ「Merci Marcel」

チョンバルベーカリーの隣にある、去年(2017年)オープンしたばかりのフレンチカフェ「Merci Marcel」。

早くもClub Streetに2号店をオープンするなど、今後の拡大が期待される人気カフェです。

このカフェはお料理は勿論、ハイセンスなインテリアが醸し出す洗練された雰囲気が最高です。

フランスの避暑地とバリの熱帯雨林からインスピレーションを得たという店内。
白を基調とした壁、美し​​いモザイクタイルのフローリングはフランス、籐(ラタン)を使用した家具はバリを彷彿させます。

メインホールには、カウンター席とハイチェアーの2種類の席が用意されています。

店員さんはホスピタリティー溢れる優しい方ばかりなので、1人で来た時はカウンター席に座って、店員さんとお話ししながらコーヒーやお酒を飲むのもおすすめです。

そして店内の奥には緑溢れる中庭が。

ガラス張りの天井から太陽の光が差し込み、開放感溢れる空間となっています。

人気のポイントは、昼と夜で別の顔を持つこと

昼間は「アボカドとクラブのタルティーヌ($18)」などの軽食を楽しめるカフェですが、

夜はカジュアルフレンチ料理が楽しめるバーに変わるのが、このカフェの特徴です。

昼間は仲良しの友達とのおしゃべりタイムに、そして夜は大切な恋人とのロマンチックなひと時に。
2通りの使い方ができるカフェです。

【店舗情報】

Merci Marcel

56 Eng Hoon Street #01-68, Singapore 160056

https://mercimarcel.com/

 

 

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介